無料ブログはココログ

« TC380馴らし計画。 | トップページ | TC380 バックシートインプレッションと驚愕燃費。 »

2019年2月17日 (日)

全然違う。TC380とS207。

エンジン出力や特性の差だけでここまで変わるものなのか・・・

Tc380s207

ガレージの二台。ほとんど同じ車のはず・・・。

左のS207と右のTC380。コンプリートカーとチューニングカー。

S207はSTIが全国販売の条件の中で、気合いを入れて作ったコンプリートカー。

TC380は富士スバルとアライモータースポーツが富士スバル入庫整備を条件に魂こめた車。

TC380には「EJ20の実力はこんなもんじゃない。」との思いがこもっています。

新井選手とアライモータースポーツの長いEJ20チューニングの歴史。

富士スバルと多くの地元ファンのEJ20への想い。

TC380は馴らしの途中なので実力の半分もわかっていませんが、3500rpm縛りでも全く違う車に感じます。

重厚感のあるS207に比較してともかく軽快。ちょっとGC8を思い出します。

この大きさのボディ、1500kg内外の車重に対して15%強の出力アップの影響をこれからレポートできればと思います。

Tc380ipnfsh

TC380、これからのWRXのあるべき方向性を見せてくれるかもしれません。

現走行距離は480km。

明日の夜からは4000rpm縛りに変わります。

+500がどんな世界を見せてくれるか楽しみです。

« TC380馴らし計画。 | トップページ | TC380 バックシートインプレッションと驚愕燃費。 »

コメント

STELLA55さん、おはようございます。

「EJ20の実力はこんなもんじゃない」という新井選手の想いと情熱。

そして「クルマが軽い」とおっしゃる意外なご感想。

レポートを本当に興味深く読ませていただいております。

ナンバーを取るための車両規制は非常に厳しいこの日本でこんなコンプリートカーたちが生まれるのは名機EJ20が存在しているからですね。

スバルってすごいですね。


MABEさん

距離を重ねるにつれ、この車の凄さが少しずつ分かってきました。
以前おっしゃってくださったとおり、本当の「羊の皮を被った狼」です。

またそれを平気で支えるベースのEJ20エンジン、ボディ・サスのタフさに改めて驚きました。

スバルってすごいです・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全然違う。TC380とS207。:

« TC380馴らし計画。 | トップページ | TC380 バックシートインプレッションと驚愕燃費。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29