無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

なぜ?全く違う。WRX STI標準車とTC380。

TC380の一か月点検の代車はWRX STIの標準車でした。

WRX STIの試乗車がある時点でさすがおひざ元、凄いことです。

貸してくださった営業の方、ありがとうございました。

Vabsd

私のTC380とエンジンとフロントブレース以外シャシーは同じはず。

しかし乗った感じが全く違う。しゃっきりしていない・・・。

試乗車で1000km未満ですが、クラッチがかなり傷んでいる感じ。

Vabfst

乗り味の違いの大きな理由の一つがシートかもしれません。オプションのレカロですが電動のラグジュアリー仕様。座面も平板で着座位置も高め。

次の写真はTC380専用アライモータースポーツ特別仕様レカロシート。ベースはSR-7.

Vabtc380fst

ホールドの差は一目瞭然。

試乗車のレカロシート、S4には最高でしょうがきちんとした着座位置を要求されるマニュアルミッションのWRX STIとはマッチングが悪いような気がしました。

Vabtc380sd

TC380、非常にしゃっきりしています。

同じシャシーでここまでなぜ差が出るのか不思議で仕方がありません。

量産ライン組みっぱなしと、ブレース追加、ベテランメカによるフロント組みなおし(エンジンをおろしているため)の差でしょうか。

本当に車は仕上げる人々の情熱やオーナーのこだわりでいかようにもなるものと、改めて理解できました。

追記:

いくらスバルがタフとはいえ、WRX STIクラスの試乗車は負荷が大変。

クラッチは過大な半クラッチにより数百キロで痛むこともあり、不特定多数が試乗すると劣化はあっという間。

マニュアルのWRX STIを試乗車として用意してある富士スバルはやはり凄い会社だと思います。

 

 

2019年3月30日 (土)

クラリオンクワッドナビ。

TC380のナビはちょっと奢ってクラリオンのクワッドナビをデジタルスピーカーで取り付けました。

最初はフロントスピーカーだけでしたが、これだとリアのアナログスピーカーは鳴らないことが判明、リアもデジタルスピーカーに交換しました。

これでフルデジタル6スピーカーという贅沢な仕様に。

まあ純正ナビですのでクラリオン本来のフルデジタルの性能は出ていないのを承知の上で。

それでもいい音なのです、これが。

Navicvrs  

”Picture in a frame"のような古い歌が、素晴らしい質感を伴って流れる。

泣けてきてしまうくらいの感動的な音楽。

フルデジタルなのに少しもデジタル臭くない。これは素晴らしい。

Navimsc   

これだけいろいろな制御をしているのに。

現状のセッティングではこれくらいが一番良い感じです。

またナビもHD画面の8インチなのでこれも美しい。

DVDの映画などTC380の中で見たほうが画像も音も新たな発見があるくらい。

Navimv  

HDMIケーブルもリアスピーカーと一緒に取り付けていただいたので、ダウンロードした映画も見られるようになりました。

TC380オプションのクラリオンクワッドナビですが、予想外に良かったです。

HKSスーパーターボマフラーがいい音かつ静かなせいもあって、高速道路巡行などでは軽く音楽をかけながら気持ちよく走れます。

TC380、ただパワーだけのチューニングカーでなく、完成度の極めて高いハイパワーGTスポーツでした。

Navi3cars

ガレージで見る映画もなかなかです(汗)

 

ココログ状況。

サムネイルの写真が3月16日以前の記事と比較するとかなり荒く表示されますが、クリックしていただけると1280ピクセルのオリジナル解像度になります。

写真等、細かいところはまだまだ不具合あるようですが徐々に回復中だと思います。

ココログだけではありませんが、アップデートでUIなどが劣化することが多いと感じます。

中途半端な余計な入力・修飾などいらないのになぁ・・・。

質実剛健だったニフティーサーブやinfoweb時代が懐かしいオヤジの戯言です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月29日 (金)

スバルディーラーのやる気。

夕方、富士スバル太田店にレガシィB4カタログをもらいに行きました。

Fso1

TC380の中から見たTC380。

いつもは一台しかない国道沿いに2台の展示車。

Fso2  

車種・色の選択もナイス。やはり道路沿いには明るい色。

Fso3_1

ショールームになにやら熱気が。レイアウト変更の真っただ中。

社員さん総出で手作りで。すでに四時間も変更を続けているそう。

皆さんが意見を出し合い、お客さんが快適に過ごせる空間を創造しています。

あれ、ずいぶん雰囲気変わってよい感じに。

Fso4  

店長さんも率先垂範。

Fso5

スバル360とラビット!

その後ろにはスバル代々の技術者たちの貴重な寄せ書き!

Fso6

この展示見たらフォレスター買いたくなってしまう方は多そうです。

スバル、リコールや様々なことで大変ですが、その中でディーラーさんの個人個人が自主的に販売を支えていこうという気概をもって”考動”しています。

車自体は紛れもなく高性能かつ使い勝手が素晴らしい、大変良い車。

それを伝えてきちんと売ろうという姿勢をこれだけディーラーさんが一生懸命やっていればスバルはまだまだ伸びると思いました。

頑張れ、スバル。

 

 

 

 

2019年3月28日 (木)

TC380の戦闘力。

S#、夜間高速道路。

ピークブースト、1.60で振り切れる。

エンジンの咆哮・・・などしない。

乾いた野太いが抑えられた排気音で淡々と速度をのせていく。

スタートレックのワープシーン。

Tc38016nght_1

S207だと完全に頭打ちの領域。TC380はまだまだ余裕。

どこまで伸びるのか・・・アクセル戻す。

Tc380s207g4nght_1

TC380、公道・私の腕では性能を確かめることなどできない。

 

S207で公道ならブースト1.53が上限。この辺りで制御が入るようです。

TC380は軽く1.60のブースト計上限を飛び越える。

AMG CLA45 2Lが1.8バール過給とかカタログに出ていますが、TC380はそれを軽く超えていそう。

S207だと大苦戦する欧州製2Lハイパワーターボ車に実質パワーで勝っている可能性も大。

特にトルクは国内トップクラスのAWDターボラリーマシンとあまり変わらないかも。

 

TC380はWRX STIのイメージを根本から変えてきます。

素のWRX STIが有り余るパワーを得ただけでこれほど豹変するのか・・・。

2019年3月26日 (火)

TC380とライバルたち。

高速道路、追い越し車線。


車間を詰めてくる欧州ハッチバック、白。


前方トラック。


ブリッピングして4速80km/h。


トラック左ターンシグナル。


アクセル煽ってS#3速80km/h。


車線オープン。


アクセル床まで。振り切れるブースト計。


リアビューミラーで点となるハッチバック、白。




TC380さすがのパワーで、S207だと引き離すのが難しい欧州ハッチバックを(パワーバンドに入れておけば)一瞬で引き離すことができます。普通のWRX STIやS4だと思って煽ってくるとちょっと驚くかもしれません。


というわけでライバル車の性能確認などしてみましょう。


VW ゴルフ R。        直四2L、310ps・40.8kgm、AWD、7速DSG。


BMW330i M Sport。 直四2L、258ps・40.8kgm、FR、8AT


AMG CLA45 4MATIC。直四2L、381ps・48.4kgm、AWD、7AT。


BMW M2 COMPETITION。直六3L、410ps・56.1kgm、FR、7速M-DCT。


WRX STI TC380.   H四2L、380ps・52.3kgm、AWD、6MT。


これは昔からですが、4気筒2Lシングルターボ勢とは良い勝負で3Lツインターボには勝てないという感じでしょうか。


FR勢はタイヤでどれだけパワー生かせるか決まるので、五分山だとか軽くでもウエットならMとやっても(多少は)勝算あるかも。


相手様はAT、DCTなのでアクセル踏むだけ。こちらは6MTでパワーバンドを外すとヘジテイトしてからドカーンと来るので腕(脚)次第。


などと言いながらS#に入っていると思われる2LレヴォーグやS4には結構苦戦をします。


CVT、加速に全く無駄がなくAWDとも相まってどの速度からでも、300ps・40kgmのエンジンパワーをフルに引き出します。


軽くECUチューンしたレヴォーグやS4は本当に手ごわい(汗)

このように車の性能の数字並べてバトルシミュレーション?するのも結構楽しいです(笑)


 


追記:相変わらず写真はうまく入らないし、改行もおかしいです・・・niftyさん(親会社は家電販売のノジマ)なんとかしてください・・・。


 

2019年3月24日 (日)

ココログが変わってしまい・・・。

このブログはNiftyのココログなのですが、最近ユーザーインターフェースの大幅変更があり、使い勝手がよくわからないため四苦八苦中(汗)
改善されたのか改悪されたのかさえよくわかりません。
というわけで記事更新が滞る可能性がありますがお許しください・・・。
TC380は元気に走っております!

2019年3月17日 (日)

TC380の素性。

TC380のプラグは純正です。
インジェクターもノーマル。
燃料ポンプもノーマル。
非常時レギュラーガソリン対応。
チューニングカーの経験ある方なら結構驚くと思います。
ビッグタービン、380馬力。52kgm。
これだけの出力を高熱価プラグを使用しないで達成している。


6MT、ノーマル。
クラッチ、ノーマル。
ブレーキ、ノーマル。
ホワイトボディ補強、無し。フロントブレースのみ追加。
サス、ノーマル。
タイヤ・ホイール、ノーマル。
Tc380gd
長年培ったスバルのDCCD付きAWDシステムとボディ・サスはこれだけのパワー・トルクをノーマルシャーシで受け止めてしまう。
メーカーチューンでよく行われるボディのスポット増しや溶接追加もなし。


要するに素のWRX STIで公道走行程度なら対応できてしまうということです。
油脂類の管理などはもちろんきちんと行う必要はありますが、それでもこれだけのチューニングカーが普通のWRX STIといくらも変わらない費用で維持できる。
TC380を購入して、乗って、改めてわかったスバルの素晴らしさ。
これは水平対向エンジンスバル車の全モデルに言えることだと思います。


追記:
TC380のEJ20エンジンはアライモータースポーツの長期にわたる試行錯誤を経て完成しています。
エンジン回り(冷却含む)だけはアライモータースポーツと相談することが必須で、勝手なチューンはやめたほうがよろしいと思います。

2019年3月16日 (土)

Grandma Approved.

スバルアメリカのCM、”Dog tested, Dog Approved."ではありませんが、TC380、高齢の母から乗り心地OKが出たので"Grandma Approved."です(笑)
Tc380grndmf
週末、私はTC380に乗ってどこかに出かけたい、母は植木屋さんや買い物に行きたい。
ということで、両立を計ってTC380で買い物に行くことに。
高速道路含めた往復100km弱。
振動が嫌いな母に「こんな車乗ってられないよ!」と言われるのではと戦々恐々(汗)
ええ、気を付けて運転しましたとも。
ノーマルクラッチのTC380はクラッチワークも軽くスムーズでアライチューンの380馬力エンジンもSモードではトルクの極めて高い気難しさの無いエンジンでむしろ運転は容易。
ブリッピングやヒールアンドトゥを慎重にやれば、新型インプレッサG4に負けないくらい前後揺れなく走ります。

乗り心地はさすがに少しハードですが、リアシートの母にも許容範囲だったようで、前後席との会話も極めて容易。

HKSスーパーターボマフラーもならしが終わってきてますます音がよくなってきていて、しかも低音籠りとか一切なし。音量自体も巡行ではG4より静かなくらい。

ノーマル18インチホイールとダンロップSPスポーツマックスの組み合わせは、真円度も高く感じられ、ある程度重いホイールが乗り味には有利なことが改めて理解できました。
///
母がリアシートで寝だしたので帰りはちょっと?ペースアップ。
アライモータースポーツ特製カーボンフロントリップとSTIカーボントランクリップスポイラーのマッチングは良いようでフロントが浮くような気配はほとんどなし。
エアロ関係はシンプルな外観の良さも考えるとこれで十分かも。

全行程Sモード、DCCD+での走行でしたが、ある程度速度が乗っていれば軽くアクセルをあおるだけでシューンと加速開始。空飛ぶ絨毯みたい。
トルクのある車がいかに高速道路で楽か改めて理解できました。
///
Tc380grnm_3
実用的なトランクやRECAROシートの後ろに植木を詰め込み、満足いく買い物ができたよう。
最初はウレタンが固く感じられ体が浮いたようだったRECAROシートも馴染んできました。
もう少し乗るともっと良い感じになりそうです。
やはりスポーツタイプのMT車にはよくできたセミバケやフルバケシートは正確な操作のために必須です。
///
TC380、日常用途にも完全に対応。
高速道路直線の”ここ一発”はドライなら現行で対応できそうなので(それだけ素のWRX STIの実力が高い。)もしかしたらTC380、これ以上いじらないかもしれません。
///
アライモータースポーツチューンのEJ20、日常使用でも本当に素晴らしいエンジンでした。

2019年3月12日 (火)

TC380 2000km突破。S#・フルブースト解禁。

TC380、2000km突破、馴らし運転終了です。

Tc3802000

1000kmで交換したオイルはまだまだOKそうなので、今回交換は見送り、ODO3000kmで交換とします。

Tc380oil

その後は3000kmごとに交換予定。

1バールに抑えていたブーストも過大な負荷を与えない運転条件ですがフルアクセル解禁。

Tc38016

ん~さすがに凄い・・・。

ドライビングインプレッションは後程。

2019年3月10日 (日)

S207で行く、STI MOTORSPORT DAY!

今日はSTIのニュルカー・GT300のシェィクダウンとSTI MOTORSPORT DAYでした!

Stimsdfuji

富士山が美しいです。スバルがたくさん(笑)

Stimsdnbr2019

ニュルの2019年度参戦WRX STI。

サメ肌塗装です!

ホイールもマグネシウムからアルミへ材質変更。適切なたわみがグリップには重要だそう。

こういったレースノウハウが市販車にも徐々に移行するのだろうなぁ。

Stimsdsng

Stimsdnbrf

なかなかの面構え。

Stimsdnbrsdf

静かでよい音させているNBR2019。防水対策?はバッチリとか(汗)

Stimsdsdhp

FSWヘアピン。なにかシューンという感じで走ります。排気音も静かなよう。

あちこち動き回って写真撮ってたら、NBR2019集合写真に加われませんでした・・しまった・・・。

Stimsdzk

STI契約ドライバーが勢ぞろい!これは凄い。

Stimsdhrkw

STI平川社長、本当に頑張っておられます。

STIファンへのサービス精神は、涙が出るくらいご立派です。

駐車場はスバルで満杯、あちらこちらでオフ会。

Stimsdcrs

こんな感じの風景がさらに100セット?程。

STI・スバル人気すさまじいです。週末二日間富士スピードウェイを貸し切りできるとは。

今や世界中でも2LターボAWDでフレキシブルに走れる車はWRX STIだけ。

STIはスバルのブランドイメージ向上に大きく貢献していると思います。

///

400キロ弱の往復はSTIイベントに敬意を表しS207で。

Stimsds207

S207での遠乗りは久しぶりですが、TC380とS207の違いがよくわかりました。

尖ったTC380に、GTカー的なS207。

慣れというのは恐ろしいものでTC380に慣れると、S207ですらパワー不足に感じます(汗)

しばらく乗ると勘が戻ります。

S207、運転に集中すると・・・楽しい。

S207のエンジンはどこまでもモーターのように回りたがり、軽量フライホイールとセラメタクラッチの組み合わせは極めてダイレクト。

古いタイプのDCCDはTC380のものより結束が固くてラリーカーライク。

燃費なんて気にしないで本能のまま(汗)回して走る。

ハイペースな山間部高速。常に見える限りの前方確認をしながら詰まる前に5000rpmのブリッピングをしながらシフトダウン。

ブレーキは後続車への合図だけ。

そのまま高回転で引っ張って加速、原速へ。

トーボードを通して感じるターボの熱。

S207のバランスドエンジン、最高です。TC380のあふれるトルクのチューニングエンジンともまた別の意味で楽しい。

Stimsdnhgt

バランスドエンジンをフルに楽しみながらの往復はメーターで9km/L。

高速道路でも4速5速多用。これで9km/Lなら大満足です。

ん~、S207とTC380、それぞれに合う運転方法があるのだなぁ。

WRX三昧の週末。

2019年3月 9日 (土)

TC380で首都高。

6000rpm解禁でHKSスーパーターボマフラーもいい感じに焼けてきています。

Tc380ttmtpp

初首都高。

Tc380ttm

首都高飛ばす時代は過ぎ去りました。

赤城山も秋名(榛名)山も今や主人公は自転車乗り。

Tc380ttmbst

それでも首都高は楽しいです。

常に軽く負荷かけてタービン回して。

一気にシフトダウンして低いギヤから踏み込むアクセル

ピッチング一発、ロール一発で決まったコーナー。

速度とRで最適解を求めながらのステアリング・クラッチ・アクセル・シフトワーク。

TC380はメリハリある運転すると、本当に”水を得た魚”になります。

S207はフラットなトルク特性とどこまでも回るかのようなエンジン。

TC380は急激に立ち上がるトルクと、トルク・馬力のピークをいかに維持するかが要求されるエンジン。

同じEJ20、どちらも非常に面白い。

VAB型WRX STIももはや”ちょっと古い”スバルになってしまいましたが、車としての面白さ、まだまだ色褪せません。

2019年3月 4日 (月)

祝!TC380、6000rpm解禁。世界が変わる・・・。

これがTC380の実力か・・・

1500km突破で当初ならし計画通り6000rpm解禁。Sモード。

路面ウェット。1速5000rpm越でパワー炸裂。DCCD AUTOだとフロントが暴れます。

新型のDCCDはちょっとマイルドになっているように感じます。

DCCD AUTO+。今度は安定してパワーを受け止めてくれます。ウェットだとこれが標準かも。

ガーと回して加速、ブレーキちょんできっかけ作ってヒール&トウでバンッと回して二速でターンイン・・・TC380、やはりラリーカーライクに走ると本当に楽しい。

アライモータースポーツ開催のラリー講習を思い出しながら。

Tc380bst4

マズイ、1バール超えてしまった・・・これくらい過給かけると現行ラリーカーに近い感じになっていそう。

まだS#は未使用なのでよくわかりませんが、TC380はBMW MシリーズやAMGの雰囲気でなくやはりラリーカーの血をしっかり受け継いでいました。

Tc380nghtsk

パワーやエンジン特性でここまで車は変わるのか・・・TC380、この車を出した、富士スバルとアライモータースポーツはもしかしたら凄いことをしたのかもしれません。

TC380、これでもいまだS#と全開は封印中・・・。

2019年3月 3日 (日)

TC380 雨天ドライブインプレッション。

雨天の高速道路を軽く流してきました。

気温8℃、雨の条件は過給機付きTC380にとって好条件。

Tc380rnr

TC380での雨中高速走行は初めてなので、様子を見ながら。

DCCDはAUTOモードで。

100km巡行。

このモデルはDCCDから機械的拘束がなくなりました。

そのせいかオートモードでは多少4輪の結束が緩い感じです。

Tc380rnsprr

PAから本線へ。ちょっと踏んでみます。

3速4000rpm過ぎたくらいからNA4Lエンジンに変身。

S207のフラットなトルク特性からは大きく異なります。

やはり雨の中では丁寧な走りを心掛けたほうがよさそうです。

それでもWRX STI標準車のAWDシステムは少しの挙動の乱れもなくあっという間に本線速度+にもっていってくれ、楽に合流ができます。

Tc380rn

100kmほど走って大体感じはわかったので、馴らしの仕上げが終わったら雨天の走り方の研究?をしましょう。

Sモード基本に、DCCDのセッティングを変えて試してみます。

今日はAUTOモードで通しましたが、AUTO+かマニュアルモードで拘束強めが走りやすいかも。

2019年3月 2日 (土)

BRZ RA RacingとTC380

BRZ RA Racing。1年点検完了。

Tc380andbrz

FR、6MT、86レース仕様。フルバケ。直噴NA207馬力。

小さな前面投影面積。低い重心。

なにもかもダイレクト。

BRZ RA Racing、TC380、S207、全く違うMTの3台。

あまり他のスポーツカーは乗ったことありませんのでわかりませんが、ほとんどのスポーツ車を楽しさで上回っているかも。

少なくとも私には。

スバル製のMT車、国内ではBRZとWRX STIだけになってしまいましたが、少しのチューニングで標準車とここまで違う個性が作れるとは、やはりスバル車は奥が深いです。

追記:

BRZ RA Racingの207馬力は、さすがに富士スピードウェイでは不足感がありますが、それ以外ではハイパワー車と「よーい、ドン!」でもしない限りは全く不満ありません。

パワーバンドをうまく使って活発に走らせるのが非常に楽しい車です。

TC380はいまだ全開はできておりませんが、ほぼ5000rpm(さすがに現段階で6000~8000使う勇気はありません(汗))、1バール(古い・・・)縛りでも溢れるトルク感は素晴らしいです。

ただ、このパワー、BRZと違ってフルに使うことは公道ではできないか・・・と思います。

「外見ドノーマルのWRX STIだけど、牙があるぜ!」くらいの感じでしょうか。

サーキット走らせるとなると、パワーに見合った、タイヤ、ブレーキ、冷却系と一通り弄る必要があり、公認レーシングカーのBRZ RA Racingも保有している今は意味がありません。

TC380、これからどう育てて、どう乗りこなしていくか、試行錯誤をしばらく楽しみます。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29