無料ブログはココログ

« TC380で首都高。 | トップページ | TC380 2000km突破。S#・フルブースト解禁。 »

2019年3月10日 (日)

S207で行く、STI MOTORSPORT DAY!

今日はSTIのニュルカー・GT300のシェィクダウンとSTI MOTORSPORT DAYでした!

Stimsdfuji

富士山が美しいです。スバルがたくさん(笑)

Stimsdnbr2019

ニュルの2019年度参戦WRX STI。

サメ肌塗装です!

ホイールもマグネシウムからアルミへ材質変更。適切なたわみがグリップには重要だそう。

こういったレースノウハウが市販車にも徐々に移行するのだろうなぁ。

Stimsdsng

Stimsdnbrf

なかなかの面構え。

Stimsdnbrsdf

静かでよい音させているNBR2019。防水対策?はバッチリとか(汗)

Stimsdsdhp

FSWヘアピン。なにかシューンという感じで走ります。排気音も静かなよう。

あちこち動き回って写真撮ってたら、NBR2019集合写真に加われませんでした・・しまった・・・。

Stimsdzk

STI契約ドライバーが勢ぞろい!これは凄い。

Stimsdhrkw

STI平川社長、本当に頑張っておられます。

STIファンへのサービス精神は、涙が出るくらいご立派です。

駐車場はスバルで満杯、あちらこちらでオフ会。

Stimsdcrs

こんな感じの風景がさらに100セット?程。

STI・スバル人気すさまじいです。週末二日間富士スピードウェイを貸し切りできるとは。

今や世界中でも2LターボAWDでフレキシブルに走れる車はWRX STIだけ。

STIはスバルのブランドイメージ向上に大きく貢献していると思います。

///

400キロ弱の往復はSTIイベントに敬意を表しS207で。

Stimsds207

S207での遠乗りは久しぶりですが、TC380とS207の違いがよくわかりました。

尖ったTC380に、GTカー的なS207。

慣れというのは恐ろしいものでTC380に慣れると、S207ですらパワー不足に感じます(汗)

しばらく乗ると勘が戻ります。

S207、運転に集中すると・・・楽しい。

S207のエンジンはどこまでもモーターのように回りたがり、軽量フライホイールとセラメタクラッチの組み合わせは極めてダイレクト。

古いタイプのDCCDはTC380のものより結束が固くてラリーカーライク。

燃費なんて気にしないで本能のまま(汗)回して走る。

ハイペースな山間部高速。常に見える限りの前方確認をしながら詰まる前に5000rpmのブリッピングをしながらシフトダウン。

ブレーキは後続車への合図だけ。

そのまま高回転で引っ張って加速、原速へ。

トーボードを通して感じるターボの熱。

S207のバランスドエンジン、最高です。TC380のあふれるトルクのチューニングエンジンともまた別の意味で楽しい。

Stimsdnhgt

バランスドエンジンをフルに楽しみながらの往復はメーターで9km/L。

高速道路でも4速5速多用。これで9km/Lなら大満足です。

ん~、S207とTC380、それぞれに合う運転方法があるのだなぁ。

WRX三昧の週末。

« TC380で首都高。 | トップページ | TC380 2000km突破。S#・フルブースト解禁。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S207で行く、STI MOTORSPORT DAY!:

« TC380で首都高。 | トップページ | TC380 2000km突破。S#・フルブースト解禁。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29