無料ブログはココログ

« A10攻撃機とアウトバック3.6R。 | トップページ | アセントは日本の路上で使えるのか? »

2019年7月30日 (火)

86Style Fuji2019 with BRZに参加してきました。

日曜日、#スバコミさんの抽選に当選したので、富士スピードウェイで開催された、「86Style Fuji2019 With BRZ」に行ってきました。#スバコミさん、ありがとう。

もちろんBRZ RA Racingで。

86stylebandy

#スバコミさんが手配してくれたP19は綺麗に色分けされたBRZの大群。

86style86

86パーキングは圧巻です。

86styleae86

もちろんオリジナルAE86も大集合。

イニDゾーンではFDなども。

86style 

トヨタとスバルの開発関係者のトーク。司会は河口まなぶさん。

エンジン関係の話題で盛り上がりました。

86stilekrk

ありゃ、こんな車まで。白と黒の切り貼りFR実験車がなければ、86/BRZは生まれてこなかったかも・・という話を聞いたことがあります。これは開発関係者みんなにFRの楽しさを伝えてくれた車とのこと。

86stylebreez

BRZ BREEZEの皆さんによるジャンケン大会。

これも盛り上がっていました。

86stylektshw

86解体ショー?この後はエンジン全バラまで。

86style107

スバルの社内トレーニング用BRZ。これは乗ってみたいです。どんなセッティングなんだろう?

86styleae86n2

往年の86 N2仕様のレース。ドリキンも走っているそう。

あまりの暑さに耐えかね(汗)渋滞前にFSWを後にします。

 

既に東名が17km渋滞とのことで、山越えを決断。

これは大正解で86/BRZレースレギュレーション車両たる私のBRZは山坂道でも最高のパフォーマンスであることが理解できました。

芦ノ湖スカイラインは霧でペースは抑えましたが、2速、3速使用でエンジンぶん回します。

霧と小雨で安全確保のためVSCはトラック(サーキット)モード。

トークショーではMoreエンジンパワー!という要望が大きいようでしたが、4500~6500rpm位のパワーバンド維持できれば十分速く走れます。

 

外気温摂氏24度。両側窓全開。エアコンOFF。

2速で引っ張り3速高回転まで。

コーナー。

フルブレーキング。

ピッチング一発で減速できるように。

路面のウォーニング舗装で断続的にグリップ低下。

構わずヒール&トゥで2速へ。

アウトからインに向けてステアリング一発決め。

「路面ウエット、イン巻きしたら笑われるよなぁ・・」と細心の注意でステアリング戻しながらアクセル踏み込む。

BSのポテンザRE71Rはこの状況でもさすがのグリップで応えてくれます。

205/55R16の細めで空気の多いタイヤだということもプラスのよう。

たぶん45や40扁平タイヤよりこの状況でははるかに走りやすい。

 

BRZ、SNSでいろいろとネガキャンされることも多いですが、これがスポーツカーでなくてなんなのかと思います。

86stylemkn

数々のコーナーを汗ばむくらい楽しんでターンパイク料金所。

外気温摂氏33度。ウィンドゥクローズ、エアコンON。

西湘バイパス、平塚道経由 圏央道。

道路整備が進んで山越えすれば東名に乗らなくても済むことを発見。

便利になったなぁ・・・。

本当に楽しかったFSW往復。足を固めたBRZ、最高です。

追記:

燃費なんて一切気にしないで走ってきた結果は11.0km/Lでした。

 

 

 

 

« A10攻撃機とアウトバック3.6R。 | トップページ | アセントは日本の路上で使えるのか? »

コメント

STELLA55さん、おはようございます。

首都圏では86/BRZを街中で見ることは当たり前になっていますね。

スバルの水平対向エンジンとFRレイアウト、そして往年の名機AE86も意識した86/BRZを開発したスバルとトヨタの開発陣の狙いは的中したと言って良いと思います。

派手なドレスアップ車を見ることは少なく、また街中で目立つような走りをする86/BRZもほとんど見かけません。

オーナーさんの多くが純粋にその走りに魅せられて日々適切な場所で腕を磨いておられるのだろうなと思いながら見ております。

やはり「多くの人が買える価格」でこういうクルマを出したスバルとトヨタは素晴らしいです。

どんなにいいクルマでも手が届かない価格では話題にはなってもそれ以上にはならないですから。

1,500万円はするLS500は役員車に選ばれて一気に増えました。

その価格に見合った価値があるから選ばれる訳であり、おそらくその粗利は相当なもの。

スバルも一台当たりの営業利益は業界トップクラス。

トヨタもスバルも現行車種でキチンと稼ぎながら、86/BRZのようなクルマを普及させて来ているのが素晴らしい。

トヨタはスープラも手の届く価格で出てきました。

内燃機関の規制がこれぐらいの今にこのクルマを出すにはBMWのエンジンしかないとエンジンの選択には躊躇はなかったと聞きます。

これでスバルとトヨタが協力してどんな電動の大型SUVを出してくるか、とても楽しみです。

箱根の山道、圏央道、新東名など私も仕事でよく通るあの辺りは経路の選択肢が増えてきてうれしい限りです。

クルマを運転することがドンドン楽しくなってくるような気がします。

MABEさん

前向きなお話、ありがとうございました。
車を使う環境、おっしゃる通りどんどん良くなっているのですよね。

86/BRZのオーナーさん、皆さん良い雰囲気で新86(BRZ)文化も生まれてきている気がします。

トヨタさんとスバルさんには本当に感謝したいです。86/BRZがなければ面白いチューニングショップの大量廃業があったのではと、思ってしまいます。

中古車価格も安定しているようで、商品企画が素晴らしかった、開発・生産している皆さんのパッションがあったのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« A10攻撃機とアウトバック3.6R。 | トップページ | アセントは日本の路上で使えるのか? »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29