無料ブログはココログ

« SUPER GT Round.5 決勝戦。 | トップページ | キモオタブルー? wrblueは世界一。 »

2019年8月 5日 (月)

FSW往復におけるWRX STI TC380。

TC380、私にはぴったり。

9000kmを超え、どんどんリズムがあってくる。

Sgtd2tc380

レクサスLCとかBMWのMとかAUDI RSとかうようよしている箱根。

 

箱根山坂道。登り、中高速コーナー連続。

レクサスLC、AUDI RS、TC380の順。

「どひゃ、前の二台は400馬力オーバーかいな、さすが箱根。」

LCのドライバー、結構飛ばします。慣れてる。

AUDIのスイッチが入ったのがわかります。

LCもアクティブなドライビングに。

LCとAUDIの戦い?面白そうなのでついていきます。

TC380は三速メイン、二速多用で常にタービン回すようにします。

前の二台、コーナー手前でブレーキランプが光りだします。

きっちり荷重移動をしての本気モード。

TC380は・・・私の腕でも完全についていける。

コーナー脱出加速も前の二台に負けないどころか、むしろ車間が詰まる。

最後尾の気楽さがあってこそですが、9000km過ぎてあたりもついて、車にも慣れてきてTC380をだんだんと思うように動かせるようになってきました。

というか、ノーマル?のTC380は極めて素直でバランスが最高です。公道ならこの仕様で十分以上。

 

帰りの高速道路では、新しいフェラーリがすごく嫌な運転で割り込んできました。

トラックにブロックされたフェラーリ。

TC380は三速キープ。

トラックが左ウインカー出したのでアクセル少し踏んでブーストかけておきます。

フェラーリ大加速開始。S207だとここで軽く離されます、がしかし。

TC380、離されません。安全車間を保ちながらも前車に完全についていけます。

「馬力、トルクがあるってこういうことか・・・」

TC380の実力の片りんを感じさせてもらったFSW往復でした。

富士スバルさん、アライモータスポーツさん、素晴らしい車をありがとう。

 

 

« SUPER GT Round.5 決勝戦。 | トップページ | キモオタブルー? wrblueは世界一。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SUPER GT Round.5 決勝戦。 | トップページ | キモオタブルー? wrblueは世界一。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29