無料ブログはココログ

« MFゴーストの86。 | トップページ | ああ・・・。TC380フロントガラス破損・・・。 »

2020年1月15日 (水)

フォレスター、ユーロNCAPの2019ベスト・イン・クラス賞を受賞。

SUBARU フォレスターがユーロNCAPの2019年ベスト・イン・クラス賞を受賞

January 9, 2020

 

クルマ

このたび、SUBARU フォレスター(欧州仕様車)が、「ユーロNCAP」*1 2019年安全性能テストの評価を受けた全車のうち、各部門で最高得点を獲得したモデルに与えられる「ベスト・イン・クラス賞」をスモールオフロード/MPV部門において受賞しました。SUBARUとしては、スモールファミリーカー部門で2017年ベスト・イン・クラス賞を受賞したSUBARU XVとインプレッサに続く受賞となります。

安全性能のさらなる進化にも寄与するSUBARU GLOBAL PLATFORMを採用したフォレスターは、2019年にユーロ NCAPが評価を実施したスモールオフロード/MPV部門全車のうち、「乗員(幼児・児童)保護」分野において最高得点*2を獲得。また、SUBARU独自の運転支援システム「アイサイト」を標準装備し、「安全運転支援」分野でも高得点を獲得するなど、各分野で高い評価を得ました。

第5世代フォレスターは、2018年度JNCAP*3衝突安全性能評価で大賞*4、2019年度JNCAP予防安全性能評価で最高評価のASV+++(先進安全車トリプルプラス)を獲得するなど、欧州に先駆け導入した日本市場でも、その安全性に対して高い評価を受けています。

*1:欧州各国の交通関連当局などで構成された独立機関が1997年より実施している安全性能評価プログラム
*2:「乗員(幼児・児童)保護」分野の満点に対する得点率91%
*3:Japan New Car Assessment Program、国土交通省と自動車事故対策機構が実施する自動車の安全性能評価
*4:JNCAP衝突安全性能評価ファイブスター賞受賞車種で、評価時点までの歴代最高得点を更新した車種に与えられる賞

 

*:スバルグローバルHPより転載。

 

この受賞、結構すごいことだと思います。

小型SUVではフォレスターの下にメルセデスのSUVが並びます。

普通の人が普通に買える車が最優秀って、スバルの車作りのポリシー素晴らしいです。

« MFゴーストの86。 | トップページ | ああ・・・。TC380フロントガラス破損・・・。 »

コメント

STELLA55さん、こんにちは。

フォレスターがユーロNCAP受賞のお知らせうれしく拝読いたしました。

日本でもスバル車は安全と言うイメージがずいぶんと浸透したと思います。

好感の持てるCMの効果もあってか神奈川でも東京でもスバル車は増えている印象です。

先日、私の同級生が歩行者妨害で切符を切られたそうですが、曰く、確認して左折を始めたがAピラーの影で人が見えなかったと言っていました。

彼の車種はわかりませんが、B4のAピラー付近はこの点、非常によくできていましてこれまで乗っていたセダンより断然見やすいです。

現在仕事で毎日乗るアルファードはこれはもうAピラー云々の問題だけではなく高さもあって全然見えませんので、横断歩道のある交差点で左折するたびに右に左にと身体を動かして歩行者、特に子供や自転車が近づいていないか確認しております。

こういう部分の安全性へのスバルの考え方、とても大切だと思います。

ところで安全性と言うことでは、バトミントンの桃田選手がマレーシアで事故にあった際に乗っていたのがハイエースの中国のパクリであったそうです。

衝突時は時速60km/hで追突されたトラックも走ってはいたのですから実際には40km/h程度。

それでもキャビンが完全に潰れて運転手は亡くなり、シートベルトを締めていた桃田選手もかなりの怪我を負いました。

このクルマ、シートベルトも三点式とは名ばかりの不思議な形状でまず腰が固定されないようでした。

本物のトヨタ ハイエースはキャブオーバーにも関わらず60㎞/hぐらいのフルラップでは乗員が致命傷を負うことはないと欧州のテストで証明されています。

私も長く中国におりまして、ハイエースのパクリにはずいぶん乗りましたが、後席にはシートベルトがなかったり、付いていても壊れていたり(多くはバックルが壊れていてカチッとはまりません)で後席でシートベルトをしたことはありませんでした。

無法状態の中国南部で毎日のようにあんなクルマの後ろに乗っていて今こうやって生きているのはもしかしたら運転手さんのおかげかもとふと思いました。

MABEさん

スバル車の視界、他車に乗ると改めて素晴らしいと理解できます。
スバルの安全性、視界を維持しながらますます上がっていくようですので楽しみです。

中国の公的機関は必ず本家トヨタで、外資ホテルで手配してくれた車はGMとあちらの偉い方々?は解ってンなぁ・・・と思った記憶があります(汗)

MABEさんが中国でお仕事されている間、ご無事で本当に良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MFゴーストの86。 | トップページ | ああ・・・。TC380フロントガラス破損・・・。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29