無料ブログはココログ

« インプレッサG4をドレスアップしていこう。“STI+ディーラーさん連合“と勝負? | トップページ | 2020東京オートサロン STIブース。 »

2020年1月 8日 (水)

WRX STI S207NBR/TC380 and ImprezaG4.

WRX STI S207 NBR。

S2073sdnrwng  

S2073sdnsd

外見はほぼ素のWRX STIであるTC380と比較すると気合いが入っています。

 

ベースはVABなので姿かたちはそっくりですが、乗ってみると全くの別物。

S207は正統派STIコンプリートカーで、排気音も重厚かつ古き良き”スポーツカー”の音です。

乗り味はベース車より柔らかく高級車のよう。

TC380は素のWRX STIなのにかなり硬派。ノーマルサスで380馬力に負けていません。

排気音は典型的チューニングカーの音。

少し飛ばすくらいなら全く素直なエンジンですが、さらに踏み込むとノーマルの308馬力ピークの上にさらに+70馬力のドッカンピークが来るかなりのじゃじゃ馬。

S207の美点はブレーキ。

S2073sdnfbrk

S2073sdnrbrk  

フロント対向6ピストン、リア対向4ピストン。

S208やRA-R、TC380は絶対性能はともかくリアは対向2ピストン。

スポーツパッドのためもあり、S207の制動フィーリングは最高です。

S2073sdnst

また素晴らしいのはシート。日常使いやちょっと飛ばす程度なら最高です。

柔らかくかつサポートは素晴らしく、サイドエアバッグにシートヒーター付き。

S207NBR、早いもので4年めとなりましたが、いまだに新車同然、耐久性もばっちりです。

 

ガレージには3台のセダン。

S2073sdn

TC380、S207NBR、ImprezaG4。

まさかVABを二台保有することになるとは思っていませんでした。

STIチューニングの最高峰、Sのエンジン。アライモータースポーツ+富士スバルが全力を尽くしたTC380のエンジン。

二つの全く異なる方向性のEJ20を保有することができたこと、本当に幸せです。

スバルさん、STIさん、アライモータースポーツ+富士スバルの皆さん、ありがとう!

 

 

« インプレッサG4をドレスアップしていこう。“STI+ディーラーさん連合“と勝負? | トップページ | 2020東京オートサロン STIブース。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インプレッサG4をドレスアップしていこう。“STI+ディーラーさん連合“と勝負? | トップページ | 2020東京オートサロン STIブース。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29