無料ブログはココログ

« WRX STI S207NBR/TC380 and ImprezaG4. | トップページ | GR YARIS First Edition. »

2020年1月12日 (日)

2020東京オートサロン STIブース。

土曜午後、東京オートサロンに行ってまいりました。

2020tkyslnlevorgsd

STIブースの目玉はやはりこれ。新型レヴォーグSTIスポーツ。

現行型でも販売台数の半分を占めるほどSTIスポーツは人気ですが、新型は・・・凄いなこれは。

2020tkyslnlevorgf

斜め前から見るとセダンにも見えるレヴォーグのデザインは引き継がれています。

2020tkyslnlevorgr

圧巻はリア。これはカッコいいなぁ・・・

高効率新型1.8Lエンジン、新型アイサイト、深化したSGP。

シャシー制御まで加えたSIドライブ。

これ、売れない理由がないくらい。

ハイブリッド等は当面無さそうですが、この車、ガソリンエンジン車の決定版とも思えてしまいます。

 

STIブース、ファン層の厚さが違います。

2020tkyslndrvrs  

新井親子、鎌田選手。

新井大輝(息子さん)はヨーロッパでの数々の経験も踏まえ、日本の若手ラリードライバーとしてトップだと思います。

スバル車に乗って国際ラリーにチャレンジしていってほしいです。

スバルの現行の車種でも国際ラリーのレギュレーションが変わるようで、参加可能性が出てくるとか。

今年はWRCの日本開催もあるようですので、国際ラリーでのスバル復活見たい!

2020tkyslnbrz

スバルの良さはこれ。CMのようなシーンが日米で普通に見られること。

スバルの強さはこのあたりにあると思います。

私も家族の歴史とスバルの車は切り離せません。

2020tkysln207

幕張への足はWRX STI S207NBR。

TC380が来てから走行距離がちょっと減っていましたが、S207の素晴らしさを改めて実感。

量産車と同じ耐久性・保証サービス。

回せば日常使える圧倒的パフォーマンス。

これ一台で家族4人の用事がほとんどこなせる実用性。

ヤリスGRFourとか新時代のAWDスポーツが出てきてもWRX STIの価値は損なわれないと、今回心より感じました。

STIの車は過去も、これからも、私にとって最高なのかも。

 

 

 

 

 

« WRX STI S207NBR/TC380 and ImprezaG4. | トップページ | GR YARIS First Edition. »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WRX STI S207NBR/TC380 and ImprezaG4. | トップページ | GR YARIS First Edition. »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29