無料ブログはココログ

« スーパーカー。 | トップページ | 最新型レガシィB4納車です。今度は黒。 »

2020年1月26日 (日)

86/BRZの良さ。

86/BRZのデザイン、プレーンで本当に良いと思います。

専用設計の低いスカットル。

Z34やAUDI TTがセダンと変わらぬ高い位置にあるのとは好対照。

Brzraren

写真のBRZ RA Racingはレギュレーションに従った16インチアルミホイールですが、86/BRZのように現在では小さめのホイールでもしっくりくるデザインはなかなかありません。

実際、サーキットや峠で飛ばすときは極端に大きいホイールはデメリットばかり。タイヤの空気量、結構大切。

 

2Lクラスの普通のFRスポーツ。

自分の4本分のタイヤが収納できる=サンデーレースでサーキット用のタイヤを積んで一台(一人でも)参加できる。

必要なら4人が乗って短時間ならドライブできる。

カタログ燃費と同等か上回る良好な実燃費。

豊富なオプションと社外パーツ。強固なボディはチューニングにも耐えます。

 

ドライブしたらともかく気持ち良い。

86/BRZを市販してくれたトヨタとスバルに感謝。

 

追記:

86/BRZは2011年販売開始。その後追加されたIIHS(米国道路安全保険協会)のスモールオーバーラップ試験(車体幅の25%を40マイルでバリアに衝突させる)でGOOD認定でした。

スモールオーバーラップ試験が発表される前に開発を終えている車で、GOODをとれた車はほとんどありません。

86/BRZのボディの凄さ、衝突安全性能の凄さがここでも証明されました。

 

 

 

« スーパーカー。 | トップページ | 最新型レガシィB4納車です。今度は黒。 »

コメント

STELLA55さん
エンケイがキマってます。土曜日に蔵王方面に走りに行ってきました。スキー場の駐車場すら圧雪になっていない暖冬で余裕で登れました。僕のBRZ スタッドレスは16インチにしています。元々大径ホイールが好きではないので夏用も16インチにしてみたいですね。昔は15.16インチでも十分高価で大径でした。それが今では19.20インチが標準で装備される時代…ちなみにCX-5も19インチですがスタッドレスはコストも考え17インチにしています。乗り心地も全然変わるものですね。
ディスクローターの大きいスーパースポーツは別として昔の14、15インチくらいでワタナべ、スピードスター、ロンシャンなどのホイール懐かしいです。ラリー系ではエンケイ、スパルコ、OZのホワイト…DTMも好きでした。

HAZさん

蔵王で雪がないのですか!仙台市も初雪が1月になってからだったようで今年は異常ですね。

さすがHAZさん、冬は細めで扁平率の高いスタッドレスが走りやすいです。

私もホイールサイズはブレーキシステムがクリアできれば良いと思っています。
CX-5も19インチですか!
初代レガシィGTは15インチだった気がします。

往年のホイール、憧れました・・・。

写真の車は205/55 R16ですがBRZにはバランス最高だと思います。

STELLA55さん
VABベースのスーパースポーツは別ですが、86/BRZのようなライトウエイトスポーツは17インチくらいまでがいいような気がします。16インチはバネ下も軽く取り回しもラクですね。86GRは前後ワイド違いの17インチ…FRらしいセッティングで好ましいです。僕の若い頃FR車は前後デザインの違うホイールを履くのが流行っていました。リアは深いリムのメッシュ系です。今となっては下品極まりない仕様ですね(汗)話題がそれてしまいますが、特にニッサンのFRは良かった。あの頃ニッサンはニッサンらしいクルマを造っていたと思います。ゴーン氏は華麗にバックれてしまいましたがある意味ルノーはニッサンとのアライアンスのおかげで他の欧州メーカーより耐久性のある日本車的なクルマになっているかも知れません。たまたま試乗する機会がありましたがメガーヌrs などコストも抑えられ良く出来ています。シビックタイプRやゴルフ TCRと切磋琢磨です。我らがSUBARUは打倒A45S AMGでしょうか。SUBARUはけっしてマスプロダクトなメーカーではありません。ステークホルダーも含めて歴史のある技術屋集団であり乗る事に誇りを持つユーザーに支えられていると思います。BOXERやめなかった決断、そして産まれたBOXER+FRに乗れた事に感謝しています。

HAZさん

私にとってもまさかBOXER+FRを乗れるとは思っていませんでした。なんだかんだ言ってSUBARUは楽しい車を作り続けてくれる気がしています。

あのころの日産、そしてあのころの国産車チューン、面白かったですよね。
あの重いL型をボアアップ+ターボで武装した日産勢。迫力ないのに速いブルSSS。
トヨタDOHC、GT-T軍団。
国道一号線箱根ー三島間で馬鹿っ速かったランタは絶対2000cc積んでたと思います(汗)


乗ったことはありませんがメガーヌRS、面白そうですね。ルーテシアRSは面白かったです。

コメント拝見してコメント返しながら、「車っていいよなぁ・・・」と改めて感じさせていただきました。
HAZさんに感謝です。

STELLA55さん
こちらこそ何気ない一コマから北米市場まで垣間見れるこのブログに出会えて感謝しております。L型!ミッドナイトブルーの悪魔のS30Z!コクイチ、イッコク、学生時代山梨に住んでおり隣県をよく走りました。僕は少しあとのSRやRBの時代が青春時代です。今日コンビニで休憩しておりましたらGX71マーク2が隣りに来ました。発売当時はハイソカーブームで流行りよく目にしたものですが今見ると非常にコンパクトで驚きました。キャビンは今時の軽より小さい(汗)太田の叔父のうちに祖父母と遊びに行ってレオーネパンに乗っていろは坂を登ったときに気分が悪くなったことを思ひ出しました(汗)乗車人数は時効ですが言えません…昔のクルマはコンパクトですね。子供の頃初代R2に家族4人乗っていたとは想像も出来ません…BRZ の方がキャビンスペースあるような…

HAZさん

こちらこそいつも楽しいコメントいただきありがとうございます。

最初の車が大中古の排ガス規制も緩いL20搭載車で53年規制のスカイラインGTより速くてびっくりしました。

FJ20ターボの鉄仮面に憧れ、同僚のGX71マーク2ツインターボに軽くあしらわれ。

マーク2、今見るとそんなに小さく感じますか!

レオーネバンに初代R2、懐かしいです。
スバルビジターセンターの展示車を見ると小さくて本当に驚きます。

こう書いてみると、排ガス規制で走るのもやっとの時代から第二の黄金期につながる過程の楽しい時代を経験したものだと思います。

ファミレスでの車談義、熱く長かったです。

STELLA55さん
お話ありがとうございます。ますます懐古してしまいました。(汗)後ろめたさを感じながらイジって走っていた時代です。
R30、R31スカイラインカッコ良かったですね。どうしても西部警察仕様が、流行りましたが、鉄仮面大好きです。4気筒のFJ20名機でしたね。ターボ付で200馬力無かったような…GX71も2リットルで6気筒…ワインレッドの内装にデジパネ。ある意味今では考えられない贅沢な時代でした。レオーネGT/Ⅱにもデジパネあったような記憶があります。間違いでしたらすみません。86/BRZはNAで、200〜207馬力…時代は着実に変わりましたね。

HAZさん

後ろめたさ・・わかります(笑あ9
あの頃、面白かったです。
当時のドッカンターボのごとく技術が盛り上がり、R32GT-Rで一つの頂点を極めたような。

レオーネのデジパネご存じとは・・・さすがHAZさん。
3代目の初期のGTは凝りに凝ったオレンジ液晶。
ビッグマイナーで緑の液晶?蛍光管?に代わり、GT/Ⅱはそれを踏襲。
オーナーでした(汗)

NA200馬力なんて夢で、ポルシェ924ターボあたりで160馬力とか言ってました。
NAチューン(過給器無)のBRZが筑波で1分1秒台出してます。BRZ、凄い。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパーカー。 | トップページ | 最新型レガシィB4納車です。今度は黒。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29