無料ブログはココログ

« そうだ SUBARU、買おう。 | トップページ | 先生方への感謝。 »

2020年4月30日 (木)

STAY at HOME。手に入りにくいものを作ってみた。アルコール編。

実家のアルコール消毒液の在庫の底が見えてきたので、補充計画。

通販で最近売っている奴はどうも怪しいし。

馴染みのあるものは、転売ヤーさん大活躍でバカ高い。

ということで蒸留実験から。学生時代以来。

Alc1

まずは冷却管冷やすのに水が必要。車のチューニングでも冷却は要。

しかーし、シリコンパイプを購入してしまったので水道栓との接続がテープではどうにもならない(汗)

STAY at HOMEなので買い出しに行ったら本末転倒。悩んだ末空いた飲料ボトルをはめてみたらぴったり。満水になっても落下しません。

次は接続。カッターで切り抜いたら水漏れ止まらず。

閃いた!アルコールランプ用の三脚の足の径がぴったりそう。足を熱してボトルにあてるときれいに丸い穴が開きました。

パイプを穴に入れると・・・ここからの水漏れはなしで蛇口から多少漏れる程度。まあOK。

Alc2

全景です。枝付きフラスコ→冷却管→アルコール受け(計量カップ)。

こう見るとシンプルですが、ここまで来るのに冷却水のように「あーでもない、こーでもない」と大変楽しい?時間を費やしました。

Alc3

原液(順法になるように加工)を入れて蒸留開始。冷却管がしっかり仕事をしてくれています。

Alc4

枝付きフラスコの枝のチョイ上の温度。温度計短いの買ってしまって見にくいですが。

80℃若干下でエタノールの沸点78.8℃を超えています。雰囲気温度なんで精度は?ですが。

沸騰手前のお湯にフラスコをつけてあるので温度管理は容易、アルコールが蒸発しきるまではこの温度を保てます。

沸騰石は庭で多孔質の小さな石を探してきました(笑)

Alc5

エタノールが出てきました!うれしいなぁ。

Alc6

この日は170ccほどのエタノールが蒸留できました。

比重計や精密はかりがないのではっきりしませんが、匂いや燃やして判断すると90%以上はありそうです。

実家の物置の奥底から器具を引っ張り出したり、新規購入したりでの労力考えると全くペイしません。

しかしこれを段階踏んでいけば自家消費分くらいのアルコール消毒液は作れそうだというのは安心です。

精製水はこの実験設備で事前に蒸留水を作っておきました。

品質や効能に不安が少ない消毒液を作れたことはよかったですし、何より楽しかったです。

最後に良品をしっかり売ってくださる産業系国内資本通販で部品を購入しており、物流に負担をかけましたことお詫びいたします。

 

しかし、今の世状で品質不良のマスクや、偽物や効能のない消毒液などを平気で売る人々がいるという事実にはいろいろと考えさせられます。

 

 

 

« そうだ SUBARU、買おう。 | トップページ | 先生方への感謝。 »

コメント

さすが、技術系!!ところで素朴な質問なのですが、何を蒸留して消毒薬にするのですか。僕はアルコールならほぼ大丈夫と思っていたのですが。ヤバいものを蒸留してるんですか(笑)

シロタトシヒロさん

小中高の先生方に改めて感謝です。

ほんのちょっぴりヤバくしないと法律にひっかかるようなので(汗)

普通にエタノールがある程度のパーセンテージ入っていればなんでもOKですが、メタノールとかエタノールより沸点が低い危ないものが入っていると”ヤバい”と思います。

STELLA55さん、こんにちは。

エタノール自製とはすごいですね。

私にはとても無理ですが、怪しげな製品は買えませんのでいろいろ探して最近酒造メーカーさんが造り始めた高アルコール濃度の所謂ウォッカを発注しておりました。

手元に78%のエタノールがまだ少しありますが、キッチンペーパーに吹き付けてモノを拭くという使い方ではすぐに蒸発してしまって使いにくいです。

薄めることも可能なのでできればせっかくの貴重なエタノールですので精製水を使いたいところですが、精製水は自宅で医療機器を使う人たちが必要とすると報道で聞きました。

エタノール希釈用に使われてしまって困っているとの報道があり精製水の購入を断念したところに見つけたのがアルコール度65%のウォッカで消毒用としても使えると厚労省がOKを出した製品でした。

65%はおそらく消毒用としてはちょうどいいんじゃないかと思います。

10日ほど待って届いたのですが、新型コロナウィルスと戦わねばならないこの世の中で少しでも役に立てればというこの酒造メーカーの社長の手紙が入っていました。

私が発注した時点では350円ほどの酒税がかかって350mlで1,100円ほどだったんですが、65%から77%あたりのアルコール度の蒸留酒は消毒用として使えるとして特例で当面酒税が課せられなくなるそうで現在では安く買えるのではないかと思います。

モノの不足に付け込んで高値で売る転売屋に儲けさせるわけにはいきませんので、庶民なりに知恵を絞ってまめにネット上を探して切り抜けたいと思っております。

MABEさん

自作品、最近のインチキ品より効きそうですが、昔からの消毒薬の品質の高さが改めてわかりました。

私は蒸留水を作りましたが、もしかしたらスーパーで入れられる高密度フィルターを高圧で通すRO水でも短期間なら問題ないと思います。容器を買えば4L無料です。

中小酒造メーカーさんが頑張ってくれていて、これで大手が法律上の問題が大きいのでしょうが参入してくれれば、転売ヤーさんの事業縮小?が期待できますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そうだ SUBARU、買おう。 | トップページ | 先生方への感謝。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29