無料ブログはココログ

« そうだ SUBARU、買おう。 WRX S4 STI Sports #でた! TC touringとの対決?が楽しみです。 | トップページ | TC380の豹変。 »

2020年5月31日 (日)

そうだ SUBARU、買おう。私がレヴォーグ TC touringを購入するわけ。

現行レヴォーグの受注は終了しましたが、まだ在庫があるようです。

レヴォーグTC touringは富士スバルに在庫車の2Lターボ レヴォーグがあれば富士スバル・アライモータースポーツのプロ中のプロが組み込み、さらに現車合わせまで行ってくれます。

レヴォーグTC touring購入は2Lターボモデルの在庫があるうちで、ここ一週間ほどが購入できる最後のチャンスだと思います。

 

2014年レヴォーグ2.0GT-Sを購入した私が、2020年になって再びレヴォーグ 2.0L V-SportsベースのTC touringを購入する理由は以下です。

・厳しい燃費規制により300馬力オーバーのワゴンの開発・販売自体が難しくなりそうで、しかもそれをプロフェッショナルがチューンしたワゴンなんてレヴォーグ TC touringを逃せばしばらく購入できそうにないこと。

・6年にわたり改良され続けた最終モデルはすべてにわたって完成の域にあること。

・基本WRX STIと共通部分が多いので、VAB WRX STIの豊富なサス等のチューニングノウハウ・部品が使えること。よって表面上のチューニングでなくラリーで鍛えられたノウハウが使えること。

・2014年から極めて完成度が高かったアイサイトver.3はツーリングアシストを加えこれまた完成の域にあること。

そしてなにより

アライモータースポーツの新井選手やプロ集団がこの間思っていた「CVT車の究極」を現実化した車であること。

「究極のEJ20」を実現したTC380オーナーであるからこそ、レヴォーグのTC touringに期待するところは大であるわけです。

メーカーさんの「大人の理由」を排したチューニングカーって本当に面白いのです。

 

2Lターボ レヴォーグの新車在庫があるうちにTC touring仕様で購入されても決して後悔はしないと思います。

50台限定のTC380もそうでしたが、S4 15台・レヴォーグ15台の30台、プロ中のプロが一台一台現車セッティングしたチューニングカーって凄まじいです。

プロ中のプロが十分時間と意欲を込めて現車セッティングで完成させるから15・15台しか作れないのです。

TC touring、その中でもレヴォーグTC touringに興味のある方は購入して絶対に損はありません。

 

« そうだ SUBARU、買おう。 WRX S4 STI Sports #でた! TC touringとの対決?が楽しみです。 | トップページ | TC380の豹変。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そうだ SUBARU、買おう。 WRX S4 STI Sports #でた! TC touringとの対決?が楽しみです。 | トップページ | TC380の豹変。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29