無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月26日 (金)

死亡事故ゼロ。

SUBARUは2030年までに「本気で死亡交通事故ゼロ」を目指すそうです。

これは本当に素晴らしい。

 

人は交通事故でなくても亡くなっていきます。

どんなに本人や家族が、また友人たちが生きていてほしいと願ってもかなわぬこともあります。

大切な人が重い病で亡くなっていくこともあります。

 

交通事故や労災、日常生活の中の事故で亡くなることは本来は防げることです。

生きたくても生きられなかった素晴らしい、大切な方々に報いるためにも、本来死ななくてもよい方々のために何ができるか、SUBARUと同様に考えていきたいと思います。

 

 

2020年6月21日 (日)

LEVORG 2.0GT V-SPORT TC touring納車準備。ホイール。

LEVORG TC touringの納車が7月中になりそうだということで長年外でほったらかしになっていたGRBオプションのBBSホイールを洗って、ディーラーさんにもっていきました。

Levorgtctbbs1

長年の汚れをケルヒャーで落とします。落としきれないところはスチーム洗浄をお願いしてエアバルブの交換も依頼しました。

これにV-SPORTの純正タイヤを組み込んでもらって納車していただきます。

純正黒ホイールはホイールラックで保管。

2007年製のBBSですがさすがに鍛造ホイールで軽いです。

Levorgtctbbssmbr

サンバー旅人はスタンダードパッケージなのでマットを外せばほぼ普通のサンバーバン。

245/40 R18の大きなタイヤを平面で積載可能。

WRblueのボディ色に金のBBSでまるでWRX STI ファイナルエディションのようになりそうです。

TC touringオプションのアライモータースポーツ6PotフロントブレーキキットはV-SPORT標準ホイールでは装着不可だそうでブレーキのためでもあります。

LEVORG 2.0GT V-SPORT TC touring、WRblue+BBS金ホイール。

モデル末期も末期の車の購入が、なぜこんなに楽しみなのか。

新型レヴォーグは素晴らしい車だと思います。

しかし現行レヴォーグも熟成を極めた、私の思う最後の車らしい車だと感じています。

 

 

 

 

 

2020年6月20日 (土)

LEVORG 2.0GT V-SPORT TC Touring 旅人コンセプト。スバルオンラインショップで散財しそう・・。

LEVORG旅人計画のコンセプト。

1.グッズはなるべくSUBARUブランドで統一する!

ということで徐々に集め始めています。

今回購入したのはカフェプレートとカトラリーセット。

Levorgtctgds

燕市で作られたステンレスの日本製。

カフェプレートは文字通りカフェで使いやすそうで、ディナーとかには少し厳しそう。

カトラリーセットは、家で使っても使えそうなくらい使いやすいです。

前々からコレクションしているスバルアウトドアグッズが結構あるので”グッズのSUBARUブランド統一”は実現できそう。

でもなぁ、SUBARUのアウトドアグッズって、それなりに高品質・高価でレアなものも多いのでキャンプ場での盗難とか心配で実際にはもっていけないかも(汗)

 

スバルのオンラインショップ、いつの間にか充実してきていてまた散財の可能性・・・。

https://www.subaruonline.jp/

 

 

 

 

 

2020年6月17日 (水)

アベノマスク届きました。

一昨日アベノマスクが届きました。

Abnmsk

アベノマスクは飛沫飛散の防止が大切で飛散防止なら布マスクで十分と知らしめてくれました。

中国製ぼったくりマスクの価格を一気に下げ、手作りマスクを広める等、このマスク配布は大きな効果があったと思います。

大切に使わせていただきます。

2020年6月16日 (火)

LEVORG  2.0GT V-SPORTの魅力。

TC touring納車が楽しみなのは、実はベース車たるLEVORG 2.0GT V-SPORTの魅力が大きいことに今頃気が付きました。

Vsport1

要所要所がブラックアウトされた外装。

Vsport2  

ダンプマチックでない普通のビルシュタインダンパーとFA20 DITエンジン、VTD付CVTミッション。

Vsport3

これでしつこいようですが346万5000円(税込み)

性能を考えれば非常に納得のいく価格です。

ノーマルならナビ付けても400万円で収まりそう。

これで国産最速ワゴン。

新型レヴォーグは1.8Lだそうで、2LのLEVORG 2.0GT V-SPORTは貴重な存在ですしSUBARUも多少の在庫は持つようで色も選択できるようです。

”素”のLEVORG 2.0GT V-SPORTもご参照くださいませ。

https://www.subaru.jp/levorg/20gt_v-sport/

写真は上記WEBカタログより。

 

 

2020年6月15日 (月)

そうだ SUBARU、買おう。なぜかとてもワクワクするLEVORG TC touring納車待ち。

LEVORG TC touringのマフラーは四本出しです。

ECUチューニング+メタルキャタライザー+低排圧四本出しマフラー+CVTクーラー装着でノーマルLEVORG2.0GTやWRX S4 STI Sport#とすら別物になっています。

Tctrngmfrr

ベース車となるLEVORG 2.0GT EyeSight V-SPORTはほぼフルオプションで346万5000円(税抜き315万円)で大バーゲン。

アイサイトツーリングアシスト・アイサイトセイフティプラス、コールドウエザーパッケージ標準。

運転席/助手席 10/8Wayパワーシート付。

TC touringのキット価格は59万円、TCツーリングブレーキキットを装着しても込み込み500万円以内で収まります。

ベース車エンジン出力は221kw(300PS)/5600rpm,400N.m(40.8kgf/m)/2000-4800rpm。

いろいろな話を総合すると、10%程度の出力増大とスポーティーなドライブに対応したS#チューンが行われてるようで0-100km/hも5秒台かと思われます。

EJ20のWRX STIが5.2秒だと言われていますので、アクセル踏むだけで大変なアクセル・クラッチワークを必要とするWRX STIと良い勝負をしますし、STIドライバーがちょっと油断したらTC touringの4本テールを見ることになります。

通常の下取りではV-SPORTの価格テーブルですが、日本も現在はチューニングカーマーケットができつつあり、ディーラー保証で売られるTC touringのバリューは結構維持されると思います。

TC380をベースモデルベースで購入して驚いたのですがWRX/LEVORGはモデル末期になっても進化を続けていて、標準モデルが実はSやSTI Sportよりも走りたい人には好ましいセッティングになっているような気がします。

素晴らしい新型LEVORGが出るのはわかっていながら、LEVORG TC touringの納車を待つこのワクワク感はなんでだろうと不思議です。

 

2020年6月12日 (金)

そうだ SUBARU、買っちゃった。WRX S4 STI Sport#完売。

500台限定で5月26日から予約開始したWRX S4 STI Sport#、完売のようです。

SUBARU、買っちゃった人多数。

車体474万1000円、込々600万円近いSport#が2週間で完売とは、中国武漢を最初に都市封鎖に陥れた新型コロナウイルス環境下でも高性能な車を欲しい方はいらっしゃるのだと改めて感じました。

LEVORG TC touringはオーダー生産はできませんが在庫車が発注できますので、馬鹿っぱやいワゴンが欲しい方はラストチャンスです。

TC touringは”大人の事情”がいろいろあるようで広告も限定的でしたが、WRX S4 STI Sport#が完売となったことでいろいろ情報も出てきそうです。

”情報見てから発注”は手遅れになる可能性高いです。”そうだ TC touring、買おう。”

 

追記:

富士スバル・アライモータースポーツ ”TCシリーズ”の素晴らしさは、アライモータースポーツtuned GRB→WRX STI S207+WRX STI TC380オーナーたる私が保証いたします。

 

 

2020年6月 1日 (月)

本音で書く、WRX S4 STI Sport#とTC touringどちらを購入すべきか。

乗り換え時のバリューやインテリア・エクステリアに重点を置く方はWRX S4 STI Sport#。

走りに重点を置き最速のWRX S4・LEVORGが欲しい方はTC touring。

 

WRX S4 STI Sport#が発表されて、「TC touringのガチなライバルでた!」と思いましたが思い違いのようです。

Sport#とTC touring全く性格が違うと考えます。

 

WRX S4 STI Sport#はインテリア・エクステリアと走りの重点比率は8:2、TC touringは1:9と感じます。

メタキャタ+低排圧マフラー+ECUチューン+現車合わせのTC touringは走りにかける意欲は別格。

富士スバルで購入可能な方でスムーズかつ馬鹿速いWRX S4、LEVORGが欲しいならまだ間に合います。

TC touringを購入されれば絶対に後悔はないと思います。

 

WRX S4 STI Sport#やTC touringはすぐ手に入らなくなりそうで、早めの判断が必要です。

WRX S4 STI Sport#の発表を受けても、LEVORG V-SPORT TC touringを発注して正解だったと個人的には感じています。

スバル史上最速のAT(CVT)車に乗れる楽しみ、MT至上主義だった私がこんなに待ち遠しいとは・・・。

 

追記:すみません、どちらか悩めるのは新車購入・整備で富士スバルにアクセス可能な方だけで、全国的にはWRX S4 Sport#だけが購入可能です。

 

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31