無料ブログはココログ

« 310万アクセスありがとうございました。 | トップページ | LEVORG TC touring、走行距離1000km突破。今後の方針。 »

2020年7月31日 (金)

LEVORG TC touring in AKINA.

WRX STIよりボディ剛性は落ちます。

WRXSTIよりサスセッティングは柔らかめです。

そんなLEVORG TC touringがボディをしならせ、ロールを許しながらも、綺麗なコーナリングでAKINAを駆け抜けてくれる。

 

ドラポジ、180度ステアリングをシートバックから肩を浮かせないでできる姿勢。

思いっきりブレーキを踏みぬけるシート位置。

左足フットレスト。踏ん張って腰をシートに密着。

AT(CVT)車の山坂道での儀式。

 

ならし中。Sモード。セレクターはD。

直線でスピード乗せてコーナー手前で軽くブレーキ、加重移動してステアリングを押して切る。

スッと入り込む鼻先。

ステアリング戻しながら踏んでいく。

クルマが本当に軽い。ブーストがはっきりとかかってものすごい中間トルクでGC8のSTIのように軽やかに加速。

メーターの上昇、フルブレーキング、ターンイン、全開。

TC touringチューンエンジンとリニアトロニックの癖がまだわからない。

試行錯誤しながら榛名湖へ。

Tctrngaknr

レヴォーグは飛ばす車ではないような気がして最初に買った2.0GT-Sで飛ばしたことはほとんどありません。

しかしFタイプLEVORG 2.0GT V-SPORTをベース車とするTC touringは、ワインディングの登りを全く苦にしませんでした。

 

ダウンヒルスタート地点。

Tctrngaknfkg

これは前はなかったなぁ。渋川市のキャンペーンのようです。

Tctrngaknld

Tctrngaknstrt

Sモード。D発進、下りコーナー手前でマニュアルモード2速固定。

引っ張って、コーナー直前強めブレーキング。

TC touring専用6Potは、右足の裏に良い踏みごたえを残しながらリニアに急減速、フロントに荷重をかけ切ってステア。

大きめにロールしながら鼻がねェ・・・スーと入っていく。

ボディ後ろが適度に捻じれて245/40 R18のどちらといえばコンフォートよりのダンロップ スポーツ MAXXのリアタイヤをグリップさせてくれる。

ハイグリップタイヤ履いた、ゴキブリのように?コーナーリングするWRX STI系とは別物。

これ気持ちいい!

 

まだS#は解禁していないので流す程度ですが、それでも上り下り結構なペースでAKINAを走れる。

WRX S4のTC touringも素晴らしいのでないかと思いますが、LEVORG TC touringのこの走り味は非常に奥が深いと感じます。

 

LEVORG TC touring、ならしが終わって乗りこなせるようになったら・・・公道では日本でトップランクの実用速さの車かもしれません。

レクサスの高級車から煽られましたが、トラックが左車線に入ってくれてSモードでアクセル踏み込んだら一瞬で離せました。

高速道路遅めの巡行からの加速の鋭さには本当に驚かされました。

 

LEVORG TC tourng、サスのセッティングも熟成されスポーツワゴンとしてむしろ柔らかめですが山坂道でも高速道路でもいい塩梅で軽くいなしてくれて、WRX STI用の8.5Jホイール、245/40 R18タイヤも全く問題なく履きこなせる素晴らしいワゴンです。

ハイパワーターボワゴンが欲しい方なら新型かTC touringか悩む必要はないのかもしれません。

日々乗れば乗るほどこの車の素晴らしさを感じてきています。

土日は富士スバルさんへお出かけいかがでしょう。

 

« 310万アクセスありがとうございました。 | トップページ | LEVORG TC touring、走行距離1000km突破。今後の方針。 »

コメント

STELLA55さん
また新しい洋上迷彩塗装機を手に入れられチューニング熱が再燃されたようですね!いわゆるV系は良く出来たクルマと言うのがわかります。プラス、アライスペシャル、僕もかつての熱が再燃してまいりました。HKS好きでしたので脚やEX系替えてみたいです。その前にウイールですが…
しかし、市をあげてイニDを推しているとは…(笑)
レクサスやBMWって安定して速いのはわかりますが、かなりの確率でまくってきます(汗)昨年常磐道に現れた猿のように品位を落とすことはやめてもらいたいですね。

HAZさん

やはりセダンのほうはモータースポーツにも使われているということが大きく、そのおかげでレヴォーグもチューニングメニューが豊富です。

”かつての熱”・・・HAZさんのご経験からBRZを仕上げたら蔵王の”下り最速”の車ができてしまいそうです。

AKINAの”下り最速”が市の公式で使われるとは、私も本当に驚きました。
まあ、群馬は・・・そんなものかもしれません(汗)

大きなハイパワー車に乗ると強気になるのかもしれませんね。
国見峠ならBRZの敵ではないような気もします(笑)

STELLA55さん
そんなに自慢出来るほどのモノではありません(汗)かつての日本海軍の戦闘機、搭乗員のように軽量コンパクトな機体でパイロットの技量でグラマンやマスタングを撃墜する…的なそんなドライバーになりたいです!


HAZさん

HAZさん+BRZで直線以外、しかも地元なら(大馬力車)エースオブエースではないでしょうか。

直線番長の高級車って結構多くて、国見に入った瞬間に車線を割り出すのを結構見てきた記憶があります。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 310万アクセスありがとうございました。 | トップページ | LEVORG TC touring、走行距離1000km突破。今後の方針。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29