無料ブログはココログ

« もうすぐ完売。スポーツカーとの良きバディ、LEVORG TC touring。 | トップページ | 各時代、各々が本当に楽しいスバルの車。 »

2020年8月20日 (木)

そうだ SUBARU、買おう その2。 新型レヴォーグSTI Sport EX先行予約(汗)しました。

2014年購入58000km走行の家族用LEVORG 2.0GT-Sを新型LEVORGに乗り換えるべく本日先行予約。

今日発注すると年内ギリギリ納車可能かもということでした。

新型レヴォーグ、かなり良さそうな車ですが新規導入のシステムが多すぎて把握しきれておりません。

マスターバックでなく電動アシストブレーキとか、二軸電動パワーステアリングとか、電制ダンパーとか。

まるで欧州高級車のよう。

まだ納車まで時間があるのでじっくり学んでいきましょう。

レヴォーグとレガシィB4を一年で二台購入したことがありましたが、まさか5年後にまた二台購入となるとは。しかも新旧レヴォーグ・・(汗)

 

グレードはSTI Sport EX、色は・・・ご想像にお任せします。

自分の勉強が進んだら、だんだん新型レヴォーグについて書いていこうと思います。

 

ある程度スペック・装備等を読みぬいてみて、改めて新型レヴォーグ STI Sport EXとレヴォーグ TC touringは全くかぶらないと確信できました。

2台を保有して交互に乗っても、その各々で別の楽しみがあると思います。

やはり、スバルって楽しいです。

 

追記:

GT, GT-H,STI SportのEX(アイサイトX搭載)モデルには、メーターのところは12.3インチの液晶になります。

スバルが凄いのはメーターモード、アイサイトモード、マップモードの三種類だけだそうで大変見やすそう。

以前アメリカで運転したキャディラックの液晶メーターはバリアブルに勝手に切り替わりえらく疲れた記憶があります。

地図データベースはメーター用とセンターディスプレイ(アイサイトX)用の二種類が必要だそうで、更新方法(オンライン、オフライン)等はまだ未定だそうです。

コネクトサービスは新車購入後5年間は無償、通信料やデータ使用料を(多分)当面は気にしなくてよいのは素晴らしい。

 

 

 

 

« もうすぐ完売。スポーツカーとの良きバディ、LEVORG TC touring。 | トップページ | 各時代、各々が本当に楽しいスバルの車。 »

コメント

STELLA55さん、こんにちは。

新型レヴォーグ、購入されるんですね。

ポツポツ出始めている試乗記を読みますとまさに欧州高級車、しかもハイテク満載でも剛性が大きく上がっているなどの基本的な部分の改良も多く似たような国産車がまったく見当たらない新しいクルマだと思います。

この177馬力ターボと新しいリニアトロニックの走りは相当上質と思われ注目ですね。

きっと「これで177馬力しかないの?」ではないかと想像します。

これがセダンだと少なくとも日本では購買層が限られるかと思いますが、ユーティリティに優れたワゴンですからこのところぐんぐん上昇しているスバルの好イメージもあり「ほしいのはSUVじゃないんだよなあ」という層への大ヒットの予感がしております。

輸入車を相当食うんじゃないかと思います。

MABEさん

MABEさんのこのコメント、たくさん教えられました。
おっしゃるようにワゴンの復権があるかもしれませんね。全天候長距離はセダンやワゴン、クーペが快適です。

スバルにとっては基本を踏襲しながらも次世代に繋げるための大切な車かもしれません。

納車は年末くらいでしょうが、それまでに勉強していろいろと伝えられればと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もうすぐ完売。スポーツカーとの良きバディ、LEVORG TC touring。 | トップページ | 各時代、各々が本当に楽しいスバルの車。 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30