無料ブログはココログ

« LEVORG TC touringの本当の良さ。 | トップページ | スバルの後期モデルの素晴らしさ。 »

2020年8月29日 (土)

LEVORG TC touring、販売終了。

LEVORG TC touringは現行(旧?)レヴォーグのFA20DITモデル新車からカスタマイズされます。

SUBARUも2Lモデルをかなり在庫として作りこんでくれていたはずですが、ついに日本全国でレヴォーグ2Lの新車在庫は”ゼロ”となり、LEVORG TC touringも販売終了となりました。

WRX S4 STI SportをベースとしたS4 TC touringは新車をまだ生産していますので発注可能です。

Tctrngdopnf

現行レヴォーグ、特に最終モデルのFタイプは熟成を重ねた本当に良い車で、ベースとなったV-SPORTのできの良さ・コストパフォーマンスの良さにはAタイプオーナーでもある私がとても驚きました。

そのできの良いFタイプにアライモータースポーツ・富士スバルのプロ中のプロが手を入れたTC touringは、TC380や写真背景にあるWRX STI S207に埃をかぶらせるくらい、毎日乗って毎日新たな発見がある奥の深い車となりました。

Tctrngtlgt

新型レヴォーグSTI Sportもすでに注文しましたが、納車は年末。それまでにLEVORG TC touringを使いこなして新旧対決?を企画しようと思います。

スバルって新旧モデルの比較でなく、各々が個性的で全く別のクルマです。

2014年発売のレヴォーグやVAB WRXのベースは2012年発売のインプレッサ。それが8年たって308馬力だ328~9馬力だ380馬力に対応してしまう。

しかもSGPプラットフォームが主流となった今でさえ、SIシャシーを基とする一世代古いシャシーはそれなりの熟成された魅力がある。

S207もTC380もレヴォーグTC touringも基本同じシャシーなのに各々が全く違って面白い。

スバルの車って、古いのは古いなりに、新しいのは新しいなりに魅力がある本当に奥が深い素晴らしい車達です。

 

 

« LEVORG TC touringの本当の良さ。 | トップページ | スバルの後期モデルの素晴らしさ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LEVORG TC touringの本当の良さ。 | トップページ | スバルの後期モデルの素晴らしさ。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29