無料ブログはココログ

« スバルがLEVORGのMTを出さなかったわけ。 | トップページ | スバルって楽しい。 »

2020年8月11日 (火)

新型レヴォーグとレヴォーグTC touringは全く別の車である。

新型レヴォーグの情報もだんだんと出てまいりました。

ディーラーさん情報を中津スバルさんのブログで補完させていただくと・・・新型レヴォーグとレヴォーグTC touringは全く別の車であるという結論に至りました。

Tctrng3ht

レヴォーグTC touringは良い意味で滅びゆく恐竜です。よくできたアイサイトver.3ツーリングアシスト等安全装備も大したものですが、基本ハイパワースポーツワゴンで従来の車らしい車です。こんな車はおそらく二度と購入できないような。

長年の走りのノウハウ蓄積により、チューニングの幅も考えられないくらい広い。

 

新型レヴォーグは、SUBARUの持てる技術を思いっきり投入したまさに次世代の車です。

「これで十分じゃん。」と思えた現行アイサイトよりも、さらに高性能な二種類のアイサイトを持ち、ボディやサスも最新の理論で高度な技術が投入されている。ガソリンエンジン車としてこれ以上の車はなかなかでないのではないかと思います。

新型レヴォーグは本当に素晴らしい車として出てくるでしょう。

写真中のレヴォーグ 2.0GT-Sは車検までに新型レヴォーグか新型WRX S4?に買い替える予定です。

 

しかし、私はこのタイミングでLEVORG TC tourngを購入したことに全く後悔がないどころか、「TC touring、購入できてよかったなぁ・・・」と心から思っています。これだけ元気で気持ちの良いエンジンを持つAT(CVT)車なんて、たとえカタログスペックでは上回る車が出てきてもなかなかあるものじゃないと思っています。

究極のAT(CVT)車であるTC touringは新型レヴォーグの情報が出れば出るほど購入希望が殺到するかもしれません。

LEVORG TC touring購入をお悩みの方は夏休み明けの短い時間が最後のチャンスかもしれません。

 

追記:

写真のLEVORG TC touring(WRblue)とLEVORG 2.0GT-S(紺)は同じLEVORGの2Lなのに驚くほど違います。

ベース車の進歩ももちろんでしょうが、GT-Sは本当に良きファミリーカー、TC touringは良きファミリーカーでありながら楽しくて楽しくてどこまでもメリハリある走りで行ってしまいたい気持ちになる稀有な車。

サンバー旅人は・・10年目となりますが・・・他の車が新型に変わっていってもず~と保有しているような気がしています。

RR、小排気量スーチャー、MTって本当に楽しいです。

 

 

« スバルがLEVORGのMTを出さなかったわけ。 | トップページ | スバルって楽しい。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スバルがLEVORGのMTを出さなかったわけ。 | トップページ | スバルって楽しい。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29