無料ブログはココログ

« Red Suns.  LEVORG TC Touring で行く赤城山。 | トップページ | 猛獣使い。TC380・380馬力。 »

2020年9月20日 (日)

マニュアル車の緊張感。気合い入れないと運転できなかったことが判明。

最近LEVORG TC touringばかり乗っています。

赤城山へ行ってきて”LEVORG TC touring、大したものだな。」と思いながらも、”S207はどうだったのか?”と久々にチェンジ。

S207instdtc

ちょっと雑な駐車で申し訳ありません。

WRX STI系(=6MT)を乗り出すときは気が付かないうちに相当な”覚悟”をしていたことに気が付きました・・・。

特に”ライトサーキットパッケージ”の私のS207は、セラメタ3PADの強化クラッチにより少し気を抜くとエンスト。

”モノブロック6/4Pot”のブレーキは極めて強力。

エンジンの絶対出力は似ていると感じますが、S207のSTIチューンドEJ20は高回転までよどみなく回りその際の感覚はスムーズながらも獰猛。

アイサイトのような運転補助デバイスは何もなし。

駆動系制御はきちんとやってくれますが、それさえドライバーの意思にほぼ完全に従うセッティング。

最近マニュアル車ばかり乗っていたので自分でも気が付きませんでしたが、アイサイトツーリングアシスト+CVTのLEVORG TC touringが如何にドライバーを楽させてくれてるかはっきりしました。

 

しかし、S207もサンバー旅人も五感をフルに働かせて運転する楽しみは最上のもので、TC touringがマニュアル車の面白さを再認識させてくれました。

TC touring自体はマニュアル車の楽しみとまた全く別の私にもまだはっきりわからない面白さがあり、それを探求したくて集中的に乗っていることもまたわかりました。

STIチューンもアライモータースポーツ/富士スバルチューンも、スバルのチューニングカーは本当に奥が深くて面白いです!

 

« Red Suns.  LEVORG TC Touring で行く赤城山。 | トップページ | 猛獣使い。TC380・380馬力。 »

コメント

STELLA55さん
セラメタ強化クラッチ…
僕は久しくそんなクラッチ繋いだことがありませんから間違いなくエンストしますね。
今日は山形の実家へ行ったついでに長らくBPのMTに乗っていた友人がVAB(2018年式中古)に乗り換えたので試乗してきました(喜)前々から聞いておりましたが会う機会がなく。FK8に乗り換えた不届き者とは違い、大変いいヤツです(笑)そもそもBPのMT乗りが3人いました。ブルーのVAB、カッコイイし、マフラー以外ノーマルでしたが
乗りやすかったです。2018年とは言え、20000キロ程度で値段もそこそこしたようです。VAB全体的に価格上がっているような…
世界目線でみたらコンパクトなパフォーマンスセダン、STELLA55さんも取り上げておられるように実用的で後部シートも使え、トランクも容量十分。BRZの置き換えでMTにこだわるならこれしかないと思いました。
昔乗った、VR4やランエボと比べたらもう異次元な感じです。もっと言えば、GC8やGDAは何と小さかったのか…とは言えその時代その時はそれが良かったんだと思います。
STELLA55さんの素晴らしいテクニック、左右の足と動体視力を駆使していつまでもお乗りくださいませ!

HAZさん

セラメタ、少し慣れればHAZさんなら問題なしです。
私は最初の1セットつぶしてしまいましたが。

VABのWRX STI、最初は人気がなくて徐々に良さが認められてきた苦労人?車?なので奥が深い良い車だと思います。
DCCDロック手前くらいにしたときの雪道での走りやすさはさすがラリー車ベースでした。

運転の楽しさはBRZも相当なものなので、悩んでしまわれるかもしれませんね。

VR4・ランエボ!当時は本当のライバルで二社が切磋琢磨して筑波対決とか楽しかったです!

MTに長く乗れるよう体に気を付けます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Red Suns.  LEVORG TC Touring で行く赤城山。 | トップページ | 猛獣使い。TC380・380馬力。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29