無料ブログはココログ

« ターボの季節。 | トップページ | 荷物運び車としてのLEVORG TC touring。 »

2020年11月 4日 (水)

主治医。

WRX STI TC380に乗る。

楽しい。適切なギヤに入っていればアクセルそのままが車の挙動。

”空飛ぶじゅうたん”ってこんな感じじゃなかろうか。

LEVORG TC touringやS207も楽しいけど、また違った楽しさ。

「パワーは正義」と車関係ではよく言われるけどその通り。

Tc380brz

BRZ RA RacingとWRXSTI TC380.

主治医?のアライモータースポーツさんにて。

BRZ RA Racingは細かいところのファインチューニングをお願い中。

TC380はエンジン/ミッションオイルクーラーどうするか相談中。

TC380の開発元が主治医さんなんてこれ以上望めない環境。

BRZ RA Racingは86/BRZレースレギュレーションに完全に従って作り上げたので弄れないけど、ステアリングセンターやアライメントの微調整をお願い。

WRX STI TC380はそれこそ山ほどあるチューニングメニューの中から、「オイル冷却」を中心に考えていこうと思います。エンジンオイル・ミッションオイル・デフオイルをどう冷やしていくか。

オイル冷却の次はラジエター関係やインタークーラー関係の強化。

その次はZE40はそのままでタイヤ交換、タイヤに合わせたバネ・ダンパーでオーリンズDFVのVAB専用モデルでよいかな。

そのあと大物でブレーキシステム強化。ENDLESS MONO6Sports&Racing4のセットが欲しい。

まあ、どこまでやるか決まっていませんが、こんなことを信頼性を確保したまま考えられるVABって本当に素晴らしい車です。

 

 

 

« ターボの季節。 | トップページ | 荷物運び車としてのLEVORG TC touring。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ターボの季節。 | トップページ | 荷物運び車としてのLEVORG TC touring。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29