無料ブログはココログ

« It's like driving with a razor blade.  新型BRZ(US)発表! | トップページ | WRX STIの本当の凄さ。WRX STIのDNA。 »

2020年11月21日 (土)

Autumn in Ota-City.

3速からヒールアンドトウ。

すーと入っていく2速。

フロント荷重、ステア。

頭が素直に入っていく。リアが綺麗に追従する。

ステアリング戻しながら踏み込む。

 

何でもない街中での左折ですが、今日は完璧に決まりました。

たかが50キロ弱からの左折がこんなに気持ち良いとは。

「本当に快適なのはプロが運転するマニュアル仕様の高級車。」とか聞いたことがありますが、少しわかった気がしました。

Tc380atm

WRX STI TC380。

WRX STI Fタイプにフロントブレースを入れただけ。

ダンパー・スプリング、ノーマル。

SUBARUの基本セッティングの素晴らしさを最も感じられる一台だと思います。

 

今日はディーラーさんにも新型レヴォーグの試乗車が入り、駐車場は満杯。

レヴォーグ試乗は1時間待ち。

中国武漢を最初に都市封鎖に陥れた新型コロナウイルスの再拡大の最中ですが、皆さんマスク・消毒をされたうえで試乗を楽しまれているようでした。

フォレスタースポーツ、新型レヴォーグのCB18DIT搭載車。

FA24NA搭載の新型BRZ。

電動化に進む世の中の流れと少し違う、内燃機関も大切にするSUBARU独自の流れが見えてきました。

TC380のチューンドEJ20は古き良き頑丈なユニットでこれはもう歴史になりうるかもしれません。

SUBARUっていいなぁ。

 

 

« It's like driving with a razor blade.  新型BRZ(US)発表! | トップページ | WRX STIの本当の凄さ。WRX STIのDNA。 »

コメント

STELLA55さん
Ota-CityとTC380!
以前お話ししたとおり僕の第二の故郷。
STELLA55さんの右足(RAZOR BLADE)でスパスパ切れるクラッチワークで余計に性能を発揮するのですね!昨日、社用車の定期VとタイヤXでトヨタさんに行ったら、GR YARIS RZの試乗車があり試乗させてもらいました!さすがにちょっとの距離でいろいろなモード切り替えはかないませんでしたが、剛性感の塊、すぐ感じました。今の僕の現状ではBRZ が基準になってしまいますがクラッチ重めでパワーはヤバいくらい。かつてのST165、ST185のGT-FOURと全然違います。モリゾウさんがインプでダートガンガン攻めたからなのか、GRB的な…でもすごいクルマです。このクラスで価格も500マンオーバー…STELLA55さんにもぜひ一度お乗りいただきたいです!

HAZさん

第二の故郷、ご来訪お持ちしております!

GR Yaris!もう乗られたのですか!
トヨタさん、凄いです。世界中のジャーナリストが絶賛しているらしいですね。私もチャレンジしてみます。

初代インプレッサは大衆車としてのコストの壁に悩みながら、開発初期からWRCで勝つことを目標にした車体・サス構造を持っていたらしいですが、GR Yarisは各構成要素ほぼ新規開発で本当に凄いと思います。

おっしゃるように歴代WRX STIがトヨタさんに何らかのインスパイヤをもたらしたのは確かだと感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« It's like driving with a razor blade.  新型BRZ(US)発表! | トップページ | WRX STIの本当の凄さ。WRX STIのDNA。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29