無料ブログはココログ

« 新型レヴォーグ STI Sport EX 冬の脚。 | トップページ | ここはスバル弄りに世界一の環境。BRZ RA Racing。 »

2020年12月20日 (日)

新型レヴォーグ STI Sport EXで雪の赤城山。

朝、赤城山方面を見ると・・・ガスってる・・・雪降ってるなぁと心のスイッチオン(汗)

ブリザックVRX2は新品で皮むきも終わっていません。積雪路面はともかくアイスバーンだとグリップは実力の半分程度かも・・・と少し悩んで結果は「GO!」。まあ慣熟走行ということでゆっくり走れば大丈夫だろ・・・と。

Nlvrgakg1

ナビには出ない地元民ご用達?の経路であっという間に赤城山。

最近には珍しく、旧料金所を過ぎてすぐに道路冠雪。

グリップの心もとない新品すぎるスタッドレスでも新型レヴォーグはぐいぐい高度を上げていってしまう。セッティングは”Sport”モード。

速度計を見ると自分の思っている速度より10~20km/h速く走ってる。雪道でも安定しきっていて速度感覚と実速度の乖離が出る。

緩い上り日陰左コーナー。濡れてると思ったらブラックアイス。というわけでオーバースピード。

アクセルパーシャルで維持してステアリングちょっと戻してグリップが戻るのをじっと待つ。

VSCがチョンと軽く作動してくれて綺麗に想定ラインに戻してくれる。新型レヴォーグ頭いいわぁ・・・と驚く。

登りはD縛りで主にブレーキで速度を落とす感覚を練習。

車にもタイヤのグリップがないのにも慣れてきてペースが上がる。

冠雪の下は氷。黒い路面はブラックアイス。

コーナー。アクセル戻してABS効くまでブレーキ踏み込んでコーナー手前でリリース。

速度落ちたらステアリング切って鼻先をインに。ステアリング戻しながらゆっくりアクセルON。

これVRX2が本来のグリップ取り戻したらWRX STI並みの速度で上っていけるかも・・・とか思う。

DCCD付き前後応答性の良いLSD付きのWRX STIは実は氷雪路では素晴らしく乗りやすい。

Nlvrgakg2

あっという間にイニDのダウンヒルスタート地点。逆向きですけど。

まだ1000km点検終わっていない新車of新車なのにもう一冬一緒に過ごしたような。なんだこれ?

エンジン出力とか出力特性には一切不満を感じませんでした。極めて自然で本当に2.8LクラスのNAのよう。

エンジン・ミッション・サス・ブレーキ、物凄く精密な制御が実走行試験の経験を踏まえてプログラミングされている感じ。

Nlvrgakg3

旧赤城山登山鉄道山頂駅。

この後、パウダースノーの冠雪路(下が氷の路面多し)を新型レヴォーグで走りまくる(ゆっくり目で)。

Nlvrgakg4

小沼周辺ではマイナス10℃。ここは携帯電波も届かないので何かあったらちょっとヤバい。

ちょうど松任谷由美の”ワゴンに乗ってでかけよう”が流れていました。

下りはマニュアルモードで3,2,1速を使いながら。

「アクセル吹かしてkeep on truckin'、自由な心はhappy・・」と調子こいて下りを(ちょっぴり)飛ばすと・・・「ここから下は氷かぁ・・・」雪かと思ったら下は氷。ブラックアイスに新雪が積もったよう。ブラックアイスだとわかっていれば1速で慎重に降りる下り。

「やべー、1速落ちない・・・」

新品すぎるVRX2は心もとないグリップ。迫るコーナー。全神経集中してABS任せにブレーキ強く踏みながらどこでブレーキ戻してステアリング切るか考えまくる。ABS全力作動中。ところどころグリップあり。

「全集中。水(氷?)の呼吸。」とかつまらないことをふと思う(汗)

少しでもRを大きくとれる位置に新型レヴォーグを誘導。

「グリップした?」と感じた瞬間に少しブレーキ抜く。グリップ回復!

ギリギリまで踏んで、アクセルに足を乗せる。ステアリングを軽く軽く慎重に切りアクセル徐々にON。

抜けたぁ、これはヤバかった。ここで車体側面ぶつけたらおそらく世界で最初の板金修理レヴォーグになるところ。

Nlvrgakg5

赤城山本来のパウダースノー。北海道のよう。

スバル研究実験センター美深試験場でスバル車の走行試験とセッティングに酷寒の中取り組んでくださった皆様に心より感謝。

今後は新品スタッドレスの時は皮むいてから走りに行きます・・。

Nlvrgakg6

上り下りで二度ほど(汗)ヒヤリハット(汗)はありましたがパウダースノー(ブラックアイス付)の赤城山を久しぶりに存分に走れました。

新型レヴォーグ、きちんとウインタータイヤを装着すればタイヤの性能まで車がきっちり生かしてくれる素晴らしい雪道制御を持った車でした。

今回はスポーツモードがほとんどでしたが各モードでの雪道走行も試してみたいです。

Nlvrgakg7

新型レヴォーグ、これは凄い車だ・・・。

 

 

 

 

 

« 新型レヴォーグ STI Sport EX 冬の脚。 | トップページ | ここはスバル弄りに世界一の環境。BRZ RA Racing。 »

コメント

STELLA55さん

WRBlueの新型レヴォーグ と赤城の雪景色がなんとも言えない美しいコンストラクトです!ユーミンのワゴンに乗って…🎵
マンタさんと一緒だったのかな…2.8リットル並み、僕は一度しか試乗しておりませんがおっしゃる意味わかります。つくづくスペックの先入観で入ってはいけないと感じさせられました。BSブリザックVRX2。土曜日に仕事で山形蔵王方面へ行きましたがFFのカローラアクシオHVでもゲレンデ近くのアップダウン余裕でした!雪国育ち、昔からブリザック愛用しています。アイスガードやウインターマックスよりブリザックでした。でもトーヨーさんのオブザーブもけっこう良いです。
パーシャルスロットルを巧みに操るSTELLA55さんは小関先生のようですね!

HAZさん

HAZさんの運転する雪道のアクシオに私では新型レヴォーグでもついていける自信はありません。
お仕事で東北エリアを駆け抜けるHAZさんは凄いです。

雪国ではブリザック、オブザーブも良いとは大変参考になりました。
凍結路面で欧州製は弱いです。


STELLA55さん
僕は全然大した腕ではありません(泣)
雪道とくにスキー場付近ではSUBARUを見ると頼もしくあるいは羨ましく思います。
富士重工(SUBARU)が宮城県、山形県の気候、風土を大切にし幾度もテスト走行を繰り返してクルマを造ってくれた…だから今がある、そう思っています。ルーフキャリアに板を積んで走っているGF8がいて懐かしく興奮しました(笑)
正月はBRZ で山形蔵王走ってみます^ ^

HAZさん

BRZで雪の山坂道!HAZさんなら楽めると思います!

レオーネ4WDに乗っていた若い時、スキーに行くときは同乗者は全員女性、海に行くときは全員男ども・・・でありました。
「この車雪道でもフラフラしないからよく眠れるの。」だそうです(泣)

雪道でのSUBARUには本当に感謝でした。東北電力・宮城スバルさんのおかげで今があると思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型レヴォーグ STI Sport EX 冬の脚。 | トップページ | ここはスバル弄りに世界一の環境。BRZ RA Racing。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29