無料ブログはココログ

« 新型レヴォーグ STI Sport EX、赤外線写真など。 | トップページ | 備忘:今日。 »

2021年1月20日 (水)

水素燃料電池車の未来。

MABEさんやHAZさんがお詳しい分野で素人が書く記事ですみません。

Fcv

フランスパリでFCVのタクシーを1000台走らすそうです。

また2024年までには10000台とか。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-01-19/toyota-backed-paris-venture-targets-10-000-hydrogen-cars-by-2024

TAXIならTAXI会社の水素ステーションを持てばよいし、それもフル稼働になるでしょうから市内に増やしていけばよいしでなかなか良い取り組みだと思います。

水素燃料なら満タン?は5分くらいでしょうか。

新型MIRAIは東京では大きすぎるので難しいでしょうが、JAPAN TAXIがLPGハイブリッドで出てきたということはLPGタンクを水素タンクに変えれば・・・とかいろいろ考えてしまいます。

EVのTAXIはかなり不評だったようですがFCV TAXIは良さそうな気がします。

テスラモデルSのハイヤーがあるようなので、新型MIRAIのFCVハイヤーなら可能性は高いのでしょうか。

 

今のままだとプラチナを燃料電池が大量に使うなど問題あるようですが、技術の進展で供給や出力の問題がなくなれば、TAXIやトラックなど走るルートやエリアが決まっていて、充電時間があまりとれない自動車は水素化が進む可能性が高いと感じました。

 

まあEVでも水素燃料でも元のエネルギーが重要なので、核融合発電に期待です。

若いころ、日本原子力研究所のJT-60トカマク型核融合実験装置を見学する機会があり感動しました。

JT-60も凄かったですが、それに電気を供給するための変電所の規模に驚いた記憶があります。

黎明期のFMS工場立ち上げで原子力プラント制御のプロの方々とご一緒したこともありましたが、その優秀さに驚きました。

頑張れ日本の重工業!

 

 

 

« 新型レヴォーグ STI Sport EX、赤外線写真など。 | トップページ | 備忘:今日。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型レヴォーグ STI Sport EX、赤外線写真など。 | トップページ | 備忘:今日。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29