無料ブログはココログ

« 2021年、新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | Stay at Home. 新型レヴォーグの超絶安心感。 »

2021年1月 1日 (金)

0-100km/hは5.1秒。レヴォーグTC touringの実力。

驚きました。

気温8℃。レヴォーグTC touringは0-100km/hで5.1秒をたたき出しました。

走行距離は5000km弱。日ごろいい感じにパワーが出てきて、「ECUの学習も回す方向でマッチングした」感がありました。

245/40 R18のスタッドレス装着でこれだけの数字が出たのは、流石スバルのAWDで四輪にパワーが上手く分散してくれた結果だと思います。

0-100km/h 5.1秒はノーマルWRX STIで慣れた人がチャレンジしてようやくの数字。

数値上はこれより速い車はいくらでもありますが。スタッドレス装着で踏むだけで出る車はそんなにないと思います。

レヴォーグTC touringはスタッドレス装着が前提となる冬の関越道では国内外すべての車を入れてもかなり上位にランクされそうです。

ノーマルレヴォーグ2.0GT-Sが6.7秒と聞いたことがありますので5.1秒は・・・さすがアライモータースポーツチューンは素晴らしいです。

Tctrng51

左は一族最古参、2009年レガシィGTバージョンL。2.5Lターボ285馬力の5AT。

父の最後の車でしたが、非常に乗りやすい車で誰も手放そうとしません。

中は新型レヴォーグ STI Sport EX。とても素晴らしい車です。

右はこの記事のレヴォーグ TC touring。外観はホイール除いてフルノーマル。15台限定のスペシャルチューン。新型と一つ一つ比較していくと荒削りのところが目立ちますが、それが全く不満に感じない。しかも320馬力、44kgf・mの大パワー。

スバルの車って、どれをとっても本当に面白いです。

 

 

 

 

 

 

« 2021年、新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | Stay at Home. 新型レヴォーグの超絶安心感。 »

コメント

STELLA55さん
あけましておめでとうございます!
また320万超えもおめでとうございます!
TCtouringの0-100は駆動方式の違いあれシビックタイプRを上回るとは驚きです。
山形の実家へ雪の片付けに行きましたがさすがにBRZでは不安だったためCX-5で参りました。TCtouringのような激速ではありませんがディーゼルターボ190PS 450Nはトルクフルで乗りやすいです。先のアップデートで200PSになったようですが既納車にもソフトウエアのアップデートで対応してもらえたら嬉しいですね。
こちらも機会を見てSUBARUに更新出来るよう精進致します。STELLA55さんにとって2021年は更なる飛躍の年となります様ご祈念申し上げます。

HAZさん

開けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

TC touring、ログ見たら5秒切りも行けそうでびっくりです。駆動が途切れないCVTのメリットが出ている気がします。

CX-5、現行マツダの中で最もバランスがとれていると思います。ECUアップデートができたら最高ですね。

今年もお互いに頑張りましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年、新年あけましておめでとうございます。 | トップページ | Stay at Home. 新型レヴォーグの超絶安心感。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29