無料ブログはココログ

« 風邪と暖房。 | トップページ | 新型レヴォーグ STI Sport EX、赤外線写真など。 »

2021年1月13日 (水)

備忘:ガソリン車とEV車の持つ総エネルギー量概算。新型レヴォーグは583kWh。

計算間違ってたらごめんなさい。

 

ガソリンの持つ熱量:

ガソリン1L=33.36MJ=7970kcal。

1MJ=0.2778kWh。

 

新型レヴォーグのガソリンタンク60L。

新型レヴォーグ STI Sport EX満タン時の総熱量:60L X 33.36MJ=2001.6MJ 

                2001.6MJ X 0.2778kWh=556.04kWh。

訂正:新型レヴォーグのガソリンタンク容量は63Lでした・・。

よって63L X 33.36MJ=2101.68MJ

2101.68MJ X 0.2778kWh=583.84kWhなります。

 

AUDI E-tron Sportback満充電容量:95kWh。

新型レヴォーグ満タン時熱量はなんとE-tronの5倍。

556.04kWh X 0.4(エンジン熱効率) X  0.8(駆動損失20%)=178kWh。

損失係数をかけてもE-tronの約二倍。

単純計算ですが、純ガソリン車や大き目のエンジン積んだハイブリッド車のほうがEVよりいろいろな面で優れているのでは。

 

新型レヴォーグは高速ならエアコンつけて夏でも冬でも大差なく14.6km/L(私の100~110km/h走行実測値)X 60L = 876km走りそう。しかもアイサイトXによる自動運転に近い安楽な運転で。

AUDI E-tronの航続距離は約400kmで真夏や冬はそこまでいかないでしょうから、新型レヴォーグの満タンはAUDI E-tronの2~3倍の実用エネルギー量を持っていると考えてよいのではあるまいか。

 

価格は新型レヴォーグSTI EXこみこみ納車まで470万円ほど。AUDI E-tronは車体1327万円。

なんだかなぁ、化石燃料からの発電が多い国・地域で、今EV車を買うのは補助金とか環境意識のアピールとか都市部でガソリンスタンドが少なくてそんなに距離は走らないとかの理由がなければ現実的には意味がないと思います。

自動車ヒョーロンカの皆様の「EV凄い!」の動画があふれていますけど・・・あれ本気で言っているのですかね?

EV車0-100km2.8秒!とか騒いでますが、0-400mは?0-1000mは?とかなかなか出てこなかったり。

「低重心!」「重厚な乗り心地!」そりゃ床下に数百キロのバッテリー敷き詰めてればそうなります。

 

1.8L~2.5Lのストロングハイブリッドでバッテリー進化に応じて容量増やして燃料タンクは小さくしないで、という車がしばらくは最強ではないかと思う今日この頃。ガソリンさえあれば1500wくらいは発電してくれるし2~3日使っても数百キロは走れるだろうし。

ということは

・ガソリンエンジンの熱効率の追求

・モーター効率・回生効率

・走行抵抗の低減

といった基礎技術の積み上げが重要で、結局自動車メーカーの有利さは変わらないのではないかと思います。

 

 

 

« 風邪と暖房。 | トップページ | 新型レヴォーグ STI Sport EX、赤外線写真など。 »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

お風邪はいかがですか?
くれぐれもお大事になさってください。

熱量のデータ、興味深く拝見させていただきました。

EVについてはWell to Wheelだけでなく製造時のCO2排出量がガソリンエンジン車の2倍という試算がマツダ、VWから出ているそうです。

環境性能って総合的に見るのが必要でかつ難しいですが、現状では内燃機関を使うクルマが何が何でもEVより劣ると言うことはないですね。

ところで私の同級生が旧型リーフに乗っていまして先日お母さんが施設で夜中に転んで駆けつけたそうです。

幸い大事なかったそうですが、かなり遠方だったので電力が持つかどうかわからず、暖房もつけずに走って自宅まであと少しのところで電池残量・走行可能距離の表示が消えたと言っていました。

仕様を聞きましたら最大280kmタイプで100%充電の走行可能予想値は新車時220kmくらい、それが5年車検終えた今は180km〜200kmぐらいに落ちてるということでした。

雪道にリーフで行くなんてのは冗談でもやりませんと言っておりました。

それとMiraiに乗っていた頃のことですが、100km/hまでは「おお~!」ですが120km/hぐらいで「ありゃ?」でありました。(笑)

横浜のB4の社用車でお分かりなんですね。
恐れ入りました。

MABEさん

ありがとうございます。コロナでなさそうでよかったです・・。

環境の話はごく一部をクローズアップして・・という感じが多くて閉口しています。
ある事柄に関しては嘘ではないけどミスリードしたがっているような。
自然エネルギーでも原子力でも化石燃料でも、その地域ごとの資源・技術力の最適バランスで考えればいいのにと常に考えています。

総エネルギー量で行くと最新EVの5倍のエネルギーというのは(計算が合っていれば)驚きました。
ガソリン車だとエアコンコンプレッサー回すと燃費に影響しますが暖房とFANだけならどうせ捨てているエネルギーなのでガンガン暖房できて良いです。

太田市のメイン産業の業界は大きいですが結構狭い世界なので・・・。

STELLA55さん
なるほどわかりやすい計算式、勉強になります。最後の3つおっしゃるとおりです!
三相モーターも規制があり効率化を求められております。まだやれます。やれることがあります。近頃のヒョーロンカは(忖度)なのかハッキリ物言いする方がいなくなったような…三本御大のようにテレビでメーカーの人をバッサリ切り捨てるような人がいません。
電動車と電気自動車の違いも曖昧で一般消費者には全くもってちんぷんかんぷんだと思います。
MABEさんもご無沙汰しております。いつも情報ありがとうございます。

HAZさん

三相モーターも規制ですか!
モーター、おっしゃるようにまだまだ進歩する可能性がありますね。
個人的には建造中潜水艦のモーターが気になります。速度がちょっぴり遅くなった代わりに全開制限時間がなくなったとか。

自動車評論の世界ではドイツメーカーの影響が強すぎるような・・・。

STELLA55さん
恐れ入ります。お目の付け所が違いますね!
Kさんと交互に造らせていただいてるようですが、通常動力、ディーゼルエレクトリックに戻して性能向上。定格出力どのくらいなのか…全て㊙︎でしょうか(汗)
おっしゃるとおり、少しドイツに偏重しているなあと以前から思っておりました。
まさかキックバック?(笑)ドイツメーカーも真夏の首都高でテストしたり真面目に市場分析、使用環境の研究をされていると聞きますが最後は必ず設計思想の違いが出てきますね。憧れはありますが、ん〜新型レヴォーグがいいです!それからアメ車ももういいです(汗)
GMCサファリのあと乗っていません(笑)
エアコンのレシーバータンクがビックリするくらいデカくてエバにも霜が着くくらい冷えるエアコン(笑)話題それてすみません。

HAZさん

GMCサファリ! アメリカでシェビーS10トラック持ってました。たしか4.3LV6の同じエンジンだったような。
S10は・・二度と乗りたくありません(汗)

防衛関係はマル秘多いですよね・・・昔7枚複写の守秘義務契約書にサインした記憶が。

ドイツ車の広報、力ありますよね・・・。
まあ、ヨーロッパは旅行先として魅力的(笑)

STELLA55さん
S10ですか!ボウタイマークが憧れでした!
スモールブロック、254cu-in.
おっしゃるとおりです。

国家機密!如何なる事があっても㊙︎ですね。

HAZさん

S10、空荷で雪だとまともに走れなくて、冬は岩塩の袋を後ろ車軸上に100lbsくらい積んでました(汗)

若いころちょっとだけでしたが、大変勉強になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風邪と暖房。 | トップページ | 新型レヴォーグ STI Sport EX、赤外線写真など。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29