無料ブログはココログ

« LEVORG TC touring、プロの技の凄さ。 | トップページ | 新型レヴォーグ、安全優先のTVモード。 »

2021年1月26日 (火)

WRX STI S207の面白さ。

この一年は走行距離も激減してます。

軽量フライホイール・セラメタ3PAD強化クラッチを組んであるS207は特に減る傾向が。

整備はばっちりで強化クラッチの調整も完璧。ということで久々にS207で。

 

これは楽しいなぁ・・・乗り始めこそ半クラッチが下手になっていましたが慣れればこのダイレクトさの小気味よさ。

軽量フライホイールによる回転落ちの早さ。

S207brz

ダイレクトなマニュアル6速はやはり楽しい。

選りすぐって購入したWRBlue達、SUBARU車は同じようでいて少しのチューンで明確な個性を出せて本当に面白い。

入れてすぐの急坂道発進連続で大失敗、すり減らした強化PADを交換した2個目のセラメタ3PADは4万キロ以上もっています。

S207コンプリートエンジンの実力は軽量フライホイール+強化クラッチで初めて感じられると思います。

 

 

 

« LEVORG TC touring、プロの技の凄さ。 | トップページ | 新型レヴォーグ、安全優先のTVモード。 »

コメント

STELLA55さん
S207久しぶりのご登場!
やはりフライホイールが軽いとハイパワーなS207クラスでもエンジンレスポンス、かなり違うでしょうね。
強化クラッチは僕には扱えません(汗)
BRZ やマツダロードスターのようなコンパクトなFRに軽量フライホイール入れたらシュンシュン回ってこれも面白そうです。
クルマでもバイクでも自身のイメージどおりにレスポンスが早くてダイレクトな操作フィール。これが気持ちいい。ここを追求していきたいですね!んーZC6、吸排気チューンから始めるか…脚、フライホイール。

HAZさん

坂道発進は大変になりますがS207には軽量フライホイール必須だと思います。
おっしゃる通り「レスポンスが早くてダイレクトな・・」スポーツモデルはこれですよね!

ZC6、信頼できるチューニングメニューも山ほど出ていますので、HAZさんほどのご経験があればそこそこの費用で、フルオーダーメードの最高級ゴルフクラブのようなチューニングが可能かもしれません。

STELLA55さん
たいした経験はしておりません(汗)ありがとうございます。STELLA55さんのようなクラッチワークも出来ません(汗)ただ、素人のクルマ好きでクルマを壊したりもしましたが、最近モータージャーナリストの方々が良く使う(いなす)(オンザレール)なセッティングのクルマは個人的には好きではありません(笑)ガツガツ突き上げがきて、ブレーキがガッツリきいて、自分の想像以上に向きが変わるセッティングが好きですね(笑)
ゴルフクラブ、最近握ってません(汗)シングルプレーヤーでもないのに偉そうな事は言えませんが、今は(MADE IN JAPAN SAKATA)の刻印があるホンマさんのツアーワールドを愛用しております。クルマもゴルフギアも釣りのタックルも自分の感性にあったモノを使いたいです。ZC6のカスタムパーツいろいろ調べてみます!
S207 ライトサーキットパッケージ!
翼端板のS207の白抜きを見ると興奮します!STIってすごい会社です。

HAZさん

ガツガツ、ガッツリ、最高です!
ブレーキドンっでガッツリスピード下げてくるッと転回、エンジン回転数キープしながらドカッとクラッチ繋いで四駆でドン!これランエボやWRXの得意技で、FR乗りから「四駆は汚ねェ」と批判を受けたことも(汗)

物の選択にこだわりのあるHAZさん、素晴らしいです、ご趣味存分にお楽しみ下さいませ!

STELLA55さん
土曜日に仙台から山形までCX-5は家内が使用中だったもので、気合いを入れてBRZ でまいりました。大寒波で宮城川崎から先は圧雪、笹谷トンネル出口から続くダウンヒルはけっこうビビりました(汗)市内も圧雪路、こんなときはサスペンションが良く動き(いなし)オンザレールで優しいブレーキがいいですね(笑笑)STIのエアロでラッセル、FRは後ろが出るのである程度制御しやすいのですが、登りはツラいですね。BSブリザック、スキー場まで行けるかも…いや、やはり安心安全なシンメトリカルAWDと使い分け出来たら最高です!

HAZさん

仙台~山形エアロのBRZ!
BRZ,FRでは雪に強いほう(社外機械式デフを入れた車除く(汗))だと聞いていますが、それでも山越えは凄いです。さすがHAZさん。

今冬は新型レヴォーグで少し赤城山を走っただけで、ただスタッドレスをすり減らしています。
早くまた東北巡業に行きたいです・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LEVORG TC touring、プロの技の凄さ。 | トップページ | 新型レヴォーグ、安全優先のTVモード。 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30