無料ブログはココログ

« S207ミッション馴らし。 | トップページ | 素敵な赤城山。イニDの功罪。 »

2021年6月 8日 (火)

縦G。

エアコンOFF。S#、DCCD AUTO+。VSC OFF。フロントウインドゥ全開。

上に張り付いたエンジンの咆哮と視界に入るレヴ警告灯の点滅。

這い上がる熱気。灼熱したタービンの透過熱量。

コーナー。

ABSフル作動。

細かいギャップ。抜ける制動。

踏み続けるブレーキペダル。

ブレーキリリース。ステアリング左に。断続的に失う横グリップ。

ステアリングは進行方向、ロック付きDCCD作動。気持ち踏んだパーシャルでじっと我慢。

グリップ回復、ステアリング戻しながらレブ警告灯光らせる。

トーボードを通して再び上がってくる熱気。

直線。普段なら何ともない路面のうねり・段差。

フロント大突き上げ、リアサスフルバンプ・・・瞬間重力喪失・・・フルバンプ。

S207akgnrth

///

255/35 R19のタイヤを持つS207は群馬の荒れた山道には向きません。

それでもその気になれば走れてしまう。

写真の道は四輪ならともかく二輪には危険です。

舗装の剥がれ、浮き砂利、バンプ、大きなうねり、大量の落ち葉。

古き良き時代、土曜の夜に走り屋が集まった中間点のブラックマークだらけだった休憩所は閉鎖・取り壊し。

 

群馬、軽く流すだけでも最高の山道が沢山あります。

冬になる前に懐かしい道をS207でBRZでTC380でもう一度走ってみようと思います。

 

« S207ミッション馴らし。 | トップページ | 素敵な赤城山。イニDの功罪。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« S207ミッション馴らし。 | トップページ | 素敵な赤城山。イニDの功罪。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29