無料ブログはココログ

« 1028馬力。お盆の雨の日、3台のWRblue。 | トップページ | 新型レヴォーグ ビーム!スバルアイサイトXの真面目さ。 »

2021年8月15日 (日)

ABS作動しっぱなしのお山の下り。LEVORG TCtouring

S207、BRZ RA Racing、TC380と短期間に同じ道を走ってみて。

「TCtouringはどうなのか?CVTって本気出すとどうなんだ?」とお山へ。強めの雨なのに(汗)

実は結構雨の中走るのは好きです。サーキットでもドライだと遅いのに雨が降るほど上位に食い込んでくる特性が。スバルのAWDのおかげですけど。

普段はブロックされ続けるお山の登りも今日は・・・オープンロード!
常に自転車がいる前提で左を空けたラインどりで。

飛ばしているつもりはなくともLEVORG TCtouringは結構なアベレージでお山を駆け上っていく。

Tctrngrnr

いつものスタート地点。

レヴォーグの2LのCVTは高容量版でVTD方式。少し後輪駆動寄りにトルクをかけてくれる。

評価が高いVTD方式ですが、運転下手な私には前輪駆動寄りのACT4が乗りやすかったりします。

久々の悪条件下でのVTDなので深呼吸して気合いを入れます。

Tctrngrnsd

ここまででタイヤグリップとかいろいろと確かめる。

ドラポジ再調整。ステアリング持ち替え無しで180度は切れるように。ノーマルシートなのでフットレストを左足で抑え込んで腰を安定できるようにシートを少し前へ。

Tctrngrnf

これまたいつもの一枚。

S207、BRZ RA Racing、TC380に続いてWRblue4台め・・・アホです(汗)

Tctrngrnrd

S#、下りでちょっと頑張ります。

GRB純正オプションのBBSに245/40 R18のWRX STI標準ダンロップスポーツMAXX。

これはバランスの良いいいタイヤですがNEOVAとか71Rとは別物。コンフォート系に近い。

下り直線でスピード乗せてコーナー手前で強めに踏むと・・・ABS作動。結構長い時間作動し続けます。

「これだけ降ってるとハイドロ起こしかけてんだな・・」と思いながら一瞬踏力抜いたあと思いっきり踏む。

いつものブレーキリリースポイントを過ぎてもコーナーの頂点まで踏み続ける。

グリップ回復、転舵。多少フロントをズリズリ膨らませながらもアクセルオンで安定をとりもどす。

VTDとかアクティブトルクベクタリングとかフル作動で姿勢を戻してくれているのでしょうが今一歩感覚がつかめない。

でもABSはいい仕事をするのが確認取れたのでブレーキングポイントを少し手前にしながらABS効かせまくってダウンヒル。

WRX STI系やBRZと車両制御は全く違う。VSCオンだとともかく車体を安定側に制御してくれる。これはこれで素晴らしいけど制御と感覚と頭を合致させるのは十往復くらいしないと無理かなあ・・・。

Tctrngrnfsd

というわけでこれから登り。S#、VSCはOFF。

CVTなのにステップ変速します。下りほど怖くないのでコーナー突っ込むとちゃんとブリッピング?しながらシフトダウンしてくれているようです。この車V-Sportベースなので水撥ね音がうるさくてブリッピングの音は聞こえません。
全開ギリギリでなければワゴンボディのほうが重量配分が良いので軽快に回る気がします。限界超えるとリアのマスが怖いですが・・・。

レヴォーグ2Lベース車のビルシュタインは柔らかいです。すぐストロークを使い切ります。でもバンプラバーが長い?よくできているようで直接的なショックは伝えません。四人乗って飛ばしたら(飛ばしちゃいけませんが)この道だとバンプラバーで走っている感じになるかも。

それでも全然ダメかというとそうではなく、柔らかくロールしながら鼻は入っていって結構なペースで登りも走れてしまう。

途中、大きめの枝が落ちてきて回避しましたが、この柔らかいサスで”エルクテスト”無事通過。なんか不思議。

エンジンは面白いです。チューンドEJ20のような咆哮はなくコーナー脱出時にはただひたすらスピードを乗せてくれる。

迫力なんて微塵もない。豊かなトルクと出力で淡々とLEVORGを前に進める。”黒子のエンジン”。でも平地での0-100km/hは5.1秒。

街中とか高速だと「おお~スゲー」と思うのですが、お山だとCVTやVSCとの協調で”和”を優先している感じ。

スバルがLEVORGに絶対MTを載せなかった理由が今日はっきりわかりました。

”戦闘機”のWRX STIでなく”家族と生活を楽しむ”別のブランドにしたかったから。

新型LEVORGでそれは確立したと思います。

6MTのWRXSTI系とCVTオンリーのLEVORGは本当に全く別の車でした。

次は新型LEVORG STI Sport EXだな(汗)

 

 

« 1028馬力。お盆の雨の日、3台のWRblue。 | トップページ | 新型レヴォーグ ビーム!スバルアイサイトXの真面目さ。 »

コメント

STELLA55さん
こんにちは
私も先日、新型BRZを見て来ましたがいいクルマですね。ブログ内での走り気持ちよさそうですね。

最近、VN5が出てきませんがMYLEVOも雨の峠ではいい走りしてます。ただ、県を跨げないので未だ榛名、赤城へは行けてない状況です。

ステラさんが峠やサーキットで走られている様子をレポートされる度に、自分はMTのスポーツカーが欲しいのだと心の底から気付かされます。スーパーカー世代なものでw

私はプリンスのZが出るのを楽しみにしているので、実車を見て追加の1台(スポーツカー)を決めたいと思っています。道楽道楽w

TOTOさん

すみません、VN5、保有車でダントツ安全な車として家族に完全に取られました(泣)

4台連続でお山の同じコースを走りましたが、TC380とBRZ RA Racingは別格で楽しかったです。

新型Zも新型BRZも、ヨーロッパ車が混迷を深める中、車好きにとって珠玉の一台となりえると思います。

STELLA55さん
VN5は安全ですね。私はちょくちょく止まるセンサーの過剰反応が続いていたので、再びドラレコを提供して直近でメーカー(群馬)の回答で個別対応に落ち着き、ディーラーでの書き換えしてもらいました。結局2回目の書き換えとなりましたw

VN5は期待しすぎていたのかもしれません。出力不足は正直否めません。群馬はどう考えてんだろ?いじれるはずなので書き換えて欲しいです。旧車2.0Lに負けるんですから。
やはり、VNは峠を楽しく走る?(私的)には向いていないようですね。湾岸はもっと怖いかもw奥様クルマだからしょうがないと思い我慢します。

因みに2000年代に乗っていたのはスカラインV6 350GTのFRでしたが、それでも当時は、280ps/6200rpm37.0kgm/4800rpmは出していましたので、次に出てくるガソリンスポーツの最終系のZはかなりパワーを持っているので、ステラさんのように自分にとって本当にいいクルマを見つけたいと思います。今からワクワクしています。VNは家族に払い下げるかなw

TOTOさん

二回目書き換えですか。
新型レヴォーグ、近いうちにお山に持ち込んでみます。雪道だと印象良かったですがドライで飛ばすと・・ちょっと不安交じりですが楽しみです。

私の最初の車はL20のFR、3万円でした。
いろいろ故障して大変でしたが、今になってまた保有してみたいです。

新型Z、かなり良さそうな車ですね。新型BRZと新型ZCar。楽しいチョイスの時間お楽しみくださいませ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1028馬力。お盆の雨の日、3台のWRblue。 | トップページ | 新型レヴォーグ ビーム!スバルアイサイトXの真面目さ。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29