無料ブログはココログ

« 新型WRX、日本仕様(S4)にもオレンジあった! | トップページ | 高品質感。新型アウトバック展示! »

2021年10月 2日 (土)

TC380、パンクで出撃できず。

若いスバルオーナーが集まる会に顔を出そうとTC380に乗り出す。

乗り出す・・・なんか変。窓を開けるとバタバタ音が。

「こりゃパンクかぁ・・・」と停車して確認したら左リアタイヤの空気が見事に抜けている。

懐中電灯取り出して確認したら、トレッド面と面一になった金属片が。

とりあえずコンプレッサーで空気を入れてみる。

Tc380ft

幸い、もしものバッテリー上がりに備えたエンジンスターターを積んでいました。たまたまコンプレッサー付きの物を購入していて今回は助かりました。

規定まで空気が入ったので、金属片のところに確認するとほんの少し漏れているよう。スローパンクチュアだったようです。

TC380、一週間乗っていなかったので一週間前に何か踏んでゆっくり抜けていったよう。

とりあえず、元の場所に戻してサンバー旅人に乗り換え。

TC380で若いスバリストの集会に行くことはならず、サンバーで少しだけ顔を出させていただきました。

スバルの車って古くても新しくても魅力的。若いオーナーが個性的に古い車を大切に乗られているのは素晴らしいです。

 

 

« 新型WRX、日本仕様(S4)にもオレンジあった! | トップページ | 高品質感。新型アウトバック展示! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型WRX、日本仕様(S4)にもオレンジあった! | トップページ | 高品質感。新型アウトバック展示! »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29