無料ブログはココログ

« 高品質感。新型アウトバック展示! | トップページ | ショック!TC380タイヤ修理ならず、四輪買い替えへ(泣) »

2021年10月 5日 (火)

「護衛艦いずも」にF-35Bが離着艦!

「護衛艦いずも」にてアメリカ合衆国海兵隊所属のF-35Bによる離着艦テストが行われました。

F35b1

「いずも」への米海兵隊F-35B垂直着陸。

着陸(艦)ポイントは二か所あるようで、二回目はこの前の着艦ポイントに降りました。

F35b2

米海兵隊F-35Bの「いずも」着艦。

F35b3

「いずも」からの米海兵隊F-35B短距離離陸。

飛行甲板先端の形状はスクエアではありませんが絞り込みの前で離艦しているようです。

次の改修ではスクエア形状に改修されるのだと思います。艦首右側のCIWS(高性能20mm機関銃)は移動必須かと思っていましたがこう見ると思ったよりは邪魔にならないようです。それでも艦首形状がスクエアになったらもう少し右に寄せそうです。

 

中島飛行機の技師だった祖父は、97式艦上攻撃機の早期実用化のため機体と一緒に帝国海軍航空母艦「赤城」に乗り組み、その場で機体改修をしながら用兵側の要望に応えたそうです。

日本の艦船から固定翼機が運用される姿(米海兵隊機とはいえ)が見られるとは…感慨無量であります。

因みに日本はF-35Bを42機発注済(現在予算化済は8機)で護衛艦「いずも」「かが」や空自基地で運用予定です。

 

*写真は防衛省HPより。

 

追記:艦首をスクエアにする予定と聞いていますが、細身の船体で船首部分の予備浮力は小さく、また日本周辺の三角波に耐える高い強度が要求され、それはまた重量増につながります。

離艦の画像見ると艦首絞り込み部の前で離艦しているのでもしかしたら絞り込み部にかかる程度でスキージャンプ方式になるのかなとも思います。

 

« 高品質感。新型アウトバック展示! | トップページ | ショック!TC380タイヤ修理ならず、四輪買い替えへ(泣) »

コメント

STELLA55さん、こんにちは。

F-35Bを運用するクィーン・エリザベスが横須賀に寄港したのを見て感動したのはつい最近のことでした。

そして昨日の「いずも」とF-35Bの映像を見て私も鳥肌が立つほど感無量でした。

垂直着陸とカタパルトがない状態での鮮やかな離陸はやはりこの航空機は異次元の機体であると改めて思わせました。

このテストの映像は多くはありませんが、少し違った角度からも撮った映像がありました。

垂直尾翼に書かれた「いずも」の文字が良く見えるシーン、パイロットが着陸後におそらくグローブの内側に貼っていたと思われる「いずも」の文字をキャノピーのガラスに越しに見せてくれるシーンもあり、パイロットの笑顔とともにとても和やかなテストであったと思われます。

さらに離陸前にF-35B独特の機体上部の空気取り入れ口が開くところなどは本当に何度見ても飽きませんでした。

日本にも早くこの最新鋭機が配備されるように願ってやみません。

https://www.dvidshub.net/video/816433/us-marine-corps-f-35b-lands-js-izumo-b-roll

MABEさん

素晴らしいビデオの紹介ありがとうございました。
私も何度も見てしまいました!

HMS QE見たかったですし、いずもに固定翼機・・・感動です。
F-35B、あのような複雑な機体が実用化しただけでもびっくりです。アメリカの日常感じるいい加減さとF-35やスペースXの凄さのギャップはなぜなんだろうといつも思います。

日の丸(ロービジでしょうけど)F-35Bの発着艦私も早く見たいです。

STELLA55さん、MABEさん
情報ありがとうございます。
いずも(かが)飛行甲板の改修工事済んでいたのですね!名古屋組み立て、三沢所属のA型は尊い人命と供に失ってしまいました。
D(デストロイヤー)→C(キャリアー)への転換。伝統ある海自(日本海軍)。
祖父は戦後サイレントネイビーを貫いておりました。多用途運用護衛艦などとめんどくさい言い方はやめてほしいです。
この手の艦は作戦上、単艦行動は無いにしろCIWSは最低でも必要ですね。
STELLA55さんのお爺様は海軍技術士官として乗艦され油にまみれながら改良を…頭が下がります。

HAZさん

一族各々の歴史ありですね・・・。

祖父は中島飛行機社員(軍属でしょうか?)として新型機と一緒に乗り組んでいたようです。

F-35A,Bの急速配備、二隻の護衛艦の改修、時代は進んでいるようです。

日本を守るため一生懸命汗を流してくださった、また流してくれている全ての皆様に感謝です。
この愛すべき国土に住むものとして矜持を失わず、かつ優しさを保ちながらこれからの変化に対応していければと思います。

HAZさん、STELLA55さん、おはようございます。

CIWSのお話、私は詳しくないのですが確か映画版「空母いぶき」に出てきたような気がして昨日観直しました。

そうしましたら冒頭で敵潜水艦からいきなり対艦ミサイル12発がいぶきに向かって発射され、いぶきは直ちにCIWSで迎撃、11発は落としましたが1発は落とせず甲板に命中、エレベーターが損傷して艦載機が出せなくなる被害を受けました。

護衛艦が4隻いるものの比較的近距離からいぶきに向けられた対艦ミサイルはやはりいぶきのCIWSで対抗するしかない状況ですね。

現実の世界でいずもがF-35Bを配備するようになればCIWSなどは絶対に必要だなと思いました。

戦争は起こしてはなりませんが、専守防衛でも空母型護衛艦が必要な時代となり、偶発的な戦闘は避けられないかも知れません。

憲法9条を遵守しながらも日本の国土は守らねばならない。

難しい時代ですが、外交と自衛隊で平和な日本を維持していただきたいと切に願います。

MABEさん

CIWS、最後の盾でいくら対空ミサイル持っていても心強いと思います。

「日本が空母持つなんて生きているうちは夢かなぁ。」と若いころ防衛関係の仕事の時思っていましたが、現実化するとは。状況はとても厳しいようです。
「なめんなよ。」は必要かもしれません。
こうした国と国民の覚悟が結果として流血を防ぐのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高品質感。新型アウトバック展示! | トップページ | ショック!TC380タイヤ修理ならず、四輪買い替えへ(泣) »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29