無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月30日 (火)

新型WRX S4の私的選び方。

アメリカ出張だ、隔離だとわさわさしているうちにいつの間にか新型WRX S4の発表日。

うん、時が過ぎるのは速いものだな・・・。

担当営業さんがカタログを届けて下さったので、じっくり見てみる。

21wrxs4

グレードはGT-HとSTI Sport Rを基本に各々アイサイトXが付くかつかないかの4グレード。

アイサイトXは欲しいので選択肢は

・GT-H EX 消費税込み4389000円

・STI SportR EX 消費税込み4774000円

WRX S4はいつもですが結構お高く感じてしまいます。

エンジン・ミッション(制御は少し違う)、サス、ブレーキ、タイヤはほぼ同じで、大きく違うのはドライブモードセレクトとそれに付帯するZFの電制ダンパー。

最低地上高は135mmなので、私はダンパー変えて20mmほど上げる可能性も残したい。

そうなると自動的にGT-H EXに決まってしまいます。

GT-H EXにサンルーフとETCだけつけて。色はオレンジでエアロは無し、STIパフォーマンスパーツも無しのシンプル仕様でしょうか。

まあ中古車価格は期待できないな(笑)

今回「ハイ発注!」というわけにはいかない理由は、流石に増車は考えにくく、WRX STI S207,WRX STI TC380,LEVORG TC Touring,

BRZ RA Racingのどれを出すかで悩みまくっているせいです。

う~ん、困ったぞ。ゆっくり考えよう。

 

 

 

2021年11月29日 (月)

入国制限強化

明日(11月30日)から外国人の入国制限が強化(事実上入国不可)、入国者数も5000人/日から3500人/日に制限されるようです。

また待機期間短縮も棚上げ。

オミクロン株の実態がわからない中、検疫強化は必須。

海外駐在員やご家族の帰国は大変になって申し訳ないと思いますが、よく政府がここまで踏み切ったと思います。

隠遁?米国帰りの待機期間生活。

帰国後一週間以上、お山の家で待機中。隠遁生活とはこういう感じかとか思っています(汗)

通常なら12月5日で二週間の待機期間終了、12月1日のPCR検査で陰性なら四日間短縮となります。

位置情報確認や本人確認・位置情報確認のTV電話がランダムに2~3回/日行われ、スマホが鳴ったらすぐ応答をしなければならないので結構気を使います。

メールやTV会議で必要な仕事はできますが、やはり顔を見て話すのは大切だと今実感中。

 

ネットスーパーを初めて使いましたが便利なもので朝発注で夕方にはこのお山の家まで届けてくれます。

初日に10日分まとめ買いをしたので、生鮮食料品が乏しくなり、根菜類と続き二週間目には加工食品がメインとなる感じで、「潜水艦の乗員の気持ちが少しわかったかも。」とか思ってしまいました(笑)

 

コロナウイルスも変異を続け、また少し騒がしくなってまいりましたが日本政府は現行法でできる努力をされていると思います。

ただ強制的な罰則等は無く誓約ベースなので、どのくらいの方が確実に決まりを守れるのかは不安があります。

 

 

 

2021年11月24日 (水)

待機中・・・追跡調査の実態。

ランダムに要求される位置情報確認。

Mysos1

ランダムに来るTV電話。

Mysos

何だかなぁ、オーウェルの”1984”の世界を思わせます。

でも、幸い日本政府は海外諸国に見られるような強制処置は取っていないので、世界的には大変まともな国だと感じます。

私たち一人一人ができることをやっていけば、強制処置無しで問題を乗り越えられるのでは。

 

正直、これが二週間(10日目の検査陰性なら10日)続くと思うと必要だとはわかっていながらも結構神経にこたえます。

 

 

 

 

 

2021年11月20日 (土)

備忘:アメリカ入出国に必要なもの。追記 日本入国。

COVID-19のおかげで本当に煩雑になりました。

日本出国からアメリカ入国まで

事前準備するもの

・ワクチン接種証明書(英語)・・・接種証明と免許証等を持って行って地方自治体の窓口にて申請から一週間かかります。

・ワクチン接種証明をもって空港で出発前日にPCR検査。羽田第三ターミナルのところだと3万円。陰性証明(英文をもらう)

・宣誓書

出国

・出国検査はパスポートだけでOK。

アメリカ入国

・パスポート、VISA(私の場合)、英文ワクチン接種証明、英文PCR陰性証明をもって入国審査。

・ん?シカゴのイミグレーションではパスポートとVISAの確認だけで今までと同じ

・イミグレーションを出てラゲッジクレームの間の通路に確認する方が5人ほど。列もなし。PCR陰性証明だけをチラ見。これ漏れてる人もかなりいそう。またはここで厳しくやると入国できない人が多数出て混乱するため「いい」加減にやっているのかも。宣誓書は使わなかった。

・荷物を取って滞在先住所を記入した税関申告書を提出して空港外へ。ここは列作ってきちんとしていました。

 

アメリカ出国・日本入国

これは大変。日本政府は入国検査をかなり厳しくやられているようで日本在住国民としては安心ですが本人は大変です。

出国前に事前準備するもの。これが大変。

・陰性証明書。入国72時間前までの陰性証明。しかもアメリカ地元のドラッグストアなどの証明ではだめで厚生省指定のフォーマットに医師のサインも必要。インディアナだとこれが出せるところは数か所しかないので帰国前の忙しいときに半日潰れます。事前予約・医院での検体採取・翌日結果がメールされるのでそれを印刷して所持。

・WEB質問票(英文)厚生省。最後に出てくるQRコードを印刷・所持。

・誓約書(英文)厚生省 印刷所持。

・My SOS、位置情報アプリ、COCOAのスマホへのインストール

とここまで必要。さすが日本のお役人。でもこれは必要だと思います。

さて私は無事にアメリカ出国・日本入国できるのか・・・続く。

 

今回はインディアナからシカゴに飛んでそこから日本へ。

いつもの通り2時間弱前には空港到着・・・甘かった・・・サンクスギビングホリデイに突入。

長~い列。国際線に乗り継ぐ乗客には自動チェックインが使えない。

カウンターで日本入国に必要な書類すべて確認されました。

セキュリティも長い列・・・。

でも空港内は全員マスク着用であまり不安はありません。

 

ギリギリで搭乗。航空機内も全員マスク着用、短時間フライトなので飲み物も出ない徹底ぶり。

シカゴ到着。

Ord21

全員マスク着用ですが人の数はコロナ前のホリデイシーズンとあまり変わらない感じ。

ラウンジのカウンターで陰性証明書とMySOSのQRコードを事前確認してくれて、搭乗はチケット・パスポートでOKとのこと。

提携航空会社での乗り換えは出発地で確認を徹底しているようです。

出発地での書類の準備は完璧にしておかないと迷惑をかけるなぁ。

 

追記:

ラウンジで簡単な確認があったので、搭乗はパスポートとチケットだけ確認。結局インディアナでの国内線搭乗時が一番チェックが厳しかったです。

搭乗。ボーイング777の席はがらがら。全体で5~60人位でしょうか。

7772021

私が登場した区画は5人ほど。一列で一人という感じ。

偏西風が強く13時間のフライトの後羽田空港到着。

国際線乗り換えの乗客優先で機内で15分ほど待機。

その後は、かなりの距離を矢印通りにあるかされて

・必要書類があるか確認、ダブっている書類は破棄してくれます。

・追加書類作成

・スマホのアプリインストール確認、実際にアプリが動くか設定確認。

・PCR検査。唾液がメインで出ない人には鼻からの採取も。

・2~30分待って検査番号がモニターに出たらブースで告知。幸い陰性でした。

・入国手続き(自動化でものすごく簡単になりました)、荷物ピックアップ、税関手続き(コロナ前と同じ)を経て日本入国。

着陸からイミグレーションまで二時間かかりました。

 

国内線乗り換えも含め公共交通機関の利用は禁止されているので予約していたハイヤーで太田まで。

運転手さんのお話しでは北関東は近いほうで、羽田から九州や岩手までドライバー二人体制で走ることも増えたそうです。

車は現行アルファードのハイブリッドで30万キロ走行車。整備やプロドライバーによるのかもしれませんが恐るべきトヨタハイブリッドシステムの完成度です。バッテリー交換もまだしていないとか。高速では17~8km/Lコンスタントに走り大阪まで無給油往復できるとか。

 

これから二週間待機でその間My SOSというアプリでGPSチェック、ランダム電話・TV電話問い合わせがあるそうです。

10日経過時に指定病院でのPCR検査陰性なら待機解除。

入国時のCOVID19書類審査の煩雑さやPCR検査を考えると今のままでは入国者増やすのは不可能だと感じました。

これだけ徹底していればかなりの感染抑止にはなっていると思います。

 

テレワークの仕組みあまり理解していませんので勉強してこの10日間を有効に生かさないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年11月19日 (金)

Turkey Day!

今日は一週間早いのですがThanksgiving Dayのターキーを会社で配布しました。

Trkydy1

この一年も大変な状況の中頑張ってくれた皆さんに感謝。

Trkydy2_20211120074701  

トラック一杯のターキーをほぼ配り終えて笑顔の仲間たち。

皆さん本当にありがとうね。

I really appreciate your time and effort.

 

2021年11月16日 (火)

アメリカのCOVID-19反ワクチン感情。

アメリカにおけるCOVID-19反ワクチン感情は結構凄まじいものがあると感じました。

ワクチン接種率は州によって大幅に異なりますし、年代によっても異なります。

工場などだと接種率は40から50%だと思います。

義務化とかすると大量退職が発生するかもしれません。

アメリカ、接種率はもう上がらない気がします。

Psx_20211115_221455

2021年11月15日 (月)

340万アクセスありがとうございました。

PC画面だと右の中あたりにアクセス数が表示されます。

気づいたら340万アクセス突破。

ここに来てくださっている皆様のおかげで日記は一か月も続かなかった私が14年近くこのブログを続けることができています。

皆様と面白くて飽きない車を作ってくださっている株式会社SUBARUに心より感謝申し上げます。

 

ここアメリカ中西部の田舎町は気温1℃、先ほどまで軽く雪が降っていました。

Snw

日曜日、地元のFM局を聞きながら二年近く来れなかった家の設備のメンテをしたり、掃除をしたり。

コロナ禍で唯一良かった点は長かったステイホーム期間中に少し料理のレパートリーが増えたことです。

人手不足やコロナ対策でレストランが席数制限していたり、営業時間を絞ったりしている現在非常に助かっています。

 

恥ずかしいですが自分の備忘の為に”料理”というカテゴリーを増やそうかとか考えています。凝った料理でなく日米近くのスーパーで手に入るものでそこそこの物が作れるレシピを作ってみようかとか。

 

SUBARUも新型WRXやSOLTERRA、またその次と大きなメーカーではありませんが面白そうな車を次々と出してくれる予感がしています。

HVでもPHEVでも電気自動車でも、「スバルはやっぱりスバル!」という感じになりそうです。

SOLTERRAに見られるように前モーターと後ろモーターで前輪駆動、後輪駆動を作り分け両方使えば前後モーターAWDとむしろスバルの走りは進歩を続けるのではないでしょうか。

運転支援も進化するでしょうから、このまま年齢を重ねていっても意外と長く車に乗れるのかもしれません。

スバルの、自動車の将来、最近は結構楽しみになってきました。

 

 

 

 

2021年11月14日 (日)

アメリカ中西部の田舎町でもスバル増殖中!

まだ見られていませんが、向かいの家の奥様がフォレスターを購入されたと聞いています。

歩いてすぐのお宅には懐かしのBajaが納車されていました。

Baja

大切そうに綺麗に乗られています。

Outback36rcrstrk

買い物して帰ると隣のお宅の前にCrosstrekが。

引っ越しきたばかりのころはスバルは私の家だけだったのに、この増殖率は凄いです。

スバル、アメリカで乗っていると本当に安心で素晴らしいのでこの状況も納得です。

新型アウトバックは初期型でも凄った。2020Outback XT Limited.

社用車の2020Outback XT Limitedで300kmほどリアシート搭乗。

こりゃ凄い。300km全く不満がない乗り心地、しかも前席との会話も極めて容易。

Outback36rxtf

左が私のOutback3.6R、右がOutback XT。アメリカでの初期型なのでシンプルな顔つきです。

3.6Rのクラシック調からかなり現代的に。

Outback36rxtr

リア。XTは随分シャープになっています。

Outback36rxttl

Outback XTは2.4ターボ。スポーツカーのような走りをします。

Outback36rtl

XTと比較すると3.6Rは今一歩精緻さに欠ける気がしますが、水平対向6気筒3.6Lのエンジンはいまだに魅力的。

しかし燃費は比較にならない感じで、新型はやはり高効率です。

新型アウトバックの素晴らしさは十分理解したうえで、アメリカでは3.6Rは残して新型WRXを増車するか・・・とかつい思ってしまいました(汗)

 

2021年11月12日 (金)

SUBARU SOLTERRA購入決定。

スバル ソルテラ、購入決定です。

この性能なら私の使用用途から考えると長距離ラン以外は完全に実用段階に入りました。

ディーラーサービス、保障なども国産車の枠内で行われるでしょう。これは大きなアドバンテージです。

テスラや海外EVはサービス体制等考えると性能面ではともかく全く購入対象には入りませんでした。

航続距離も500kmの七掛けとしても350kmはありそうで、東京往復は基本無充電で、「充電器が空いていれば」急速充電でという選択ができます。急速充電期の前で並んで30分以上待つなんて絶対したくありません。

いつ購入できるかは現段階では分かりませんが、購入できるタイミングで発注します。

10万キロ走ってもバッテリー容量は90%は維持されるようで、これなら中古車市場でも通用しそう。

購入というよりも残価設定リースとなるかも。EVは弄る必要もなさそうだし。

2022-solterra

2009年にプラグインステラを発注・リースしてから二代目のスバル車EV購入できるまで10年以上が必要だったことに驚きます。

カタログスペックで50kmだった航続距離は500kmまで伸びていてそこは10年の進歩を感じます。

ソルテラが納車されるとガレージには新型レヴォーグSTI SportEX WRブルー、新型WRX S4 オレンジ、ソルテラとなります。

趣味のチューンドスバル軍団はお山の秘密基地へ。

長距離はレヴォーグやWRXのアイサイトを駆使して安楽に、街中の日常使いはソルテラということになるのでしょうか。

日常使いのクルマ3台中、1台がEVというのは良い組み合わせだと思います。

ソルテラ納車される日が楽しみです。

 

シミュレーション:新型レヴォーグとソルテラの場合。

・一週間は私が東北巡業で新型レヴォーグ使用の為、家にはソルテラだけ。

水:買い物・送迎等で100km走行。

木:買い物・送迎等で100km走行。その後ガレージ充電

金:買い物・送迎等で100km走行。週末の遠出に向けてガレージ充電。

土:満充電で東京の親戚宅へ。走行150km。

日:都内50km程度走行、帰宅のため150km走行。電池容量心配になったら急速充電器の待ちがなければで充電。帰宅後ガレージ充電。

月:買い物・送迎等で100km走行。ガレージ充電するがまだ満充電にはならず。

火:買い物・送迎等で100km走行。ガレージ充電で満充電へ。

うん、東京の親戚が多いので東京まで楽勝で行けないと困りますが、これなら350kmとしても急速充電一度するかしないかでこなせそう。

十分実用的。さすがに空に近くなった電池に充電するのは日常走行しながらだと2~3日かかるでしょうがそれでも全く問題ないです。

 

 

 

2021年11月 8日 (月)

アメリカのコロナ対策実態。

日本は本当に生真面目で安全な国だと改めて思いました。

日本では当たり前のスーパーの入り口のアルコール消毒液ディスペンサーが・・ない。

消毒しない手で商品を触るわけで、これは感染確率のかなりの差になると思います。

大きな店内の数か所に「何でここに?」という感じで消毒薬おいてありますが、香料強くて「これアルコールかいな?」と疑問が。

店員さんはマスク着用・・・のはずですが鼻だし等で正式な着用方法守っている方は3割くらい。

お客さんの95%はマスク着用無しでところどころ大きな声で立ち話。

英語はやはり飛沫飛ぶだろうなぁ・・・と改めて理解しました。

大きなカートで自然にディスタンスは取れてしまいますが・・・。

これがスーパーだけでなくあらゆるところで同じようなものなので、ワクチン接種率はもちろんですがこのような細かいところの積み重ねで両国の差が出たなぁ、と思います。

 

日本ではマスクやアルコール消毒液のメーカーさんが頑張ってくれて、海外製粗悪品はほぼ駆逐されましたが、アメリカでは大手のドラッグストアでさえ品質が怪しい聞いたこともないメーカーの製品しか在庫がなかったり。

やはり日本製や日本企業がかかわっている製品は安心できるなとありがたく思いました。

「日本凄い!」と持ち上げる気はありませんが、安全な日常生活が送れる点に関しては世界でも有数な国であると確信。

 

 

備忘:アメリカ中西部の田舎町は正常運転に戻りつつあります。

週300ドルの失業手当増額とかの政策も終了し、賃金は上昇しましたが徐々に生活が戻ってきているような感じがしています。

急激に物流基地化して少し荒んだ感じのホテル周辺と、自宅のある地域は全く別の雰囲気で、家のあたりは賃金がいい感じに上昇したようです。私の住むコートは牧場に囲まれていて4Hなども盛んな古き良きアメリカの雰囲気を濃く残しています。

Outback36rrnc

近所の方と久しぶりにお話しして「お前、いままでどこにいたんだ?ワイフがフォレスター買ったぞ!アメリカ車よりずっと良いな!」と話してくれて奥様にも電話してくれたので「家族が本当にお世話になってありがとうございました。」とお礼が言えました。

スーパーで滞在中の食料などを購入。50年代後半のベルエアいました!ピッカピカ。これのワゴン版のノマドをいつか購入したいです。

Outback36rblar

Outback36rblarr

”巨大なアメリカ車”のイメージも車が巨大化した現在ではコンパクトに見えます。

購入品は山ほどのレジ袋にレジの方が入れてくれます。日本のレジ袋騒ぎって何だったんだ?と不思議に思えてきました。

 

レジ袋廃止も極端なEV化もヨーロッパ発だと思いますが、アメリカ中西部ではレジ袋はそのままですしアメリカの乗用車EVマーケットもアメリカ製のテスラとトヨタやスバルなど日本車EVに結局は席巻されてしまうのだろうな、と思います。

 

 

 

 

 

2021年11月 6日 (土)

頼りになるのはファミリービジネス。

リビングの真ん中でリザードがお亡くなりになっていたり、クモが大発生で家の中がベタベタになってしまったり。

一年半以上も家を空けると大変な話になります。

良くアメリカのホラー映画で人の住んでいない屋敷の家具が白い布でカバーされているのはクモ対策だと思います。

食品関係はすべてアウトなので缶詰以外はすべて破棄(もったいなかった・・・)。

古くなったダイエットコークは味が変わってまずくなるのはなぜだろうといつも思います。

一人では何ともならないので会社のジャニターさんのネットワークでハウスクリーニングを手配していただきました。

室内クリーニングとカーペット洗浄。

私も洗濯機を回しっぱなしで使う予定の布団やら肌に触れるものはすべて洗濯・高温乾燥。

 

室内クリーニングはご夫婦と息子・娘さん、娘さんの友達?。掃除開始しながら必要なものはホームセンターに買い出しに行って。

信用できる方々なので安心して隅々まで清掃していただきました。ちなみにご近所の方でサイドビジネスで始めた清掃が本業になったような。

カーペットクリーニングは大型のバンの中に吸引装置一式入っていて、ガレージドアから長いダクトとホースを家に引き入れてガンガン洗浄。

こちらはテキサスでご先祖がカーペットクリーニングを始めてインディアナに移ってきたそうで、一生懸命働く青年は「僕が四代目になるんだよ!家族でずっと頑張っているんだ。」。忘れ物を届けにお母さんと姪御さんが来てくれました。いい感じです。

 

昔アメリカ地元の新聞記事で信用できる職業ランクとかあって、最も信用できるのがファミリービジネスの経営者、最も信用できないのが大企業の経営者とあって妙に納得したのを思い出しました。

GAFAだとか大きなビジネスはもちろんですが、アメリカの力って以外と大小ファミリービジネスにあるのかもしれません。

そういえば、アメリカでお世話になっている会社は大企業の顧客を除けば多くがファミリービジネスの会社でお互い信用し合って進められるので良いです。

 

急な依頼に対応してくださった皆様に心より感謝。

 

 

 

 

2021年11月 4日 (木)

備忘:中西部の小さな町、変わったところと変わらないところ。

今朝は零下でした。

Outback36rrdf

1年半留守にしている間に家が小動物や虫にやられてしまって(泣)、しばらくはBB宿泊。

スバルの霜取りは優秀であっという間に溶かしてくれます。

 

会社でも苦労していますが、人手は本当に足りないようです。

・ホテル朝食準備の遅れ

・過去見たことがなかったくらい荒れたスーパーマーケットの棚

・中国からの輸入雑貨の棚が空。

・トイレットペーパーが売ってない(なんで?)

・大き目のスーパーでも人がいるレジは2レーンしか開いてない。

・支払いでびっくり。思っていたより2~3割高い感じ。ドルの使いでも減ったなぁ。

・車のCMが「今注文すれば6週間後に納車!」・・在庫から買っていくのが当たり前だったアメリカでこんなCM初めて見ました。

 

放課後の時間、小学校低学年くらいの子供たちがダウンタウンで大人無しで遊んでいました。

この地域は極めて安全な地域で、ここは変わっていないなぁ、と安心。

 

2021年11月 3日 (水)

備忘:羽田からsmall town Indiana。

羽田空港第三ターミナル出発便の表示。

キャンセルの多い寂しいものです。

隣接するホテルのレストラン以外、開いている飲食はモスバーガーと吉野家のみ。小売りはローソンが一か所。

第三ターミナル名物?のお江戸日本橋も独り占め。

Dprt

911後、運行再開第一便のアメリカ線を思い出させるガラガラの機内。

「あの時もこんな感じでしたよ。お客さんより乗務員のほうが多かったくらい。」

「その話、聞いたことがあります。」とCAさん。当時は小学校低学年くらいか・・・。

Hndtf

それでも少しづつ運行は拡大しているようです。

Hndana

11時間弱のフライトでシカゴへ。ミシガン湖上で旋回・進入となったのでシカゴダウンタウンを見ることができました。

Ccgsky

久しぶりのアメリカ中西部の小さな街へ。

Smltwn

短い秋、紅葉の季節が始まっていました。

Outback36r21

新型アウトバックに替えようとしていた矢先のコロナ騒ぎで買い替えタイミングを逃してしまったOutback3.6R Limited。

でも久しぶりに乗る水平対向六発は素晴らしいです。

Cvs

コロナワクチン接種はドラッグストアの仮設会場で。予約制・無料接種です。

さすがにドラッグストアの店員さんはマスク着用ですが、90%以上の方々はマスク着用はしていません。

ワクチンは重症化予防効果はあっても感染防止にはならないと思っているので、アメリカの感染者・死者が減らない理由を目の当たりに。

日本はなんだかんだ言われていてもうまくやっているほうだと思います。

Brgrkng

驚いた看板。バーガーキングが時給15ドルからスタート・・・。10年前の倍近い。

店内はロックダウンされてドライブスルーのみ。感染防止もあるのでしょうが人員が回っていない。

ガソリンもガロン3ドル楽勝で超えてきているのか。

 

 

 

2021年11月 1日 (月)

怒涛の日々スタート・・・かな?

衆議院解散から公示、投票までせわしない日々。

次はまたまた怒涛の日々が続きます。

本当に久しぶりの空港。ワクチンの接種証明やら出発直前にPCR検査して陰性証明やら大変です。

Hnd

まあ今やるべきことを一つ一つ実行していかないと後で苦労するのは目に見えているので少しでも進めていきましょう。

本当に世界がえらいスピードで変化してきていることを実感。

ポチポチやっていきます。

 

日系企業で働く日本人の若い子が夢をもってアメリカの弁護士資格や会計士資格にチャレンジするために退職、という例を随分多く見てきました。資格取得の難しさはもちろん、日本で育った日本人がアメリカのビジネス社会で日本や日系の会社にかかわらないで自活していくのは本当に大変だと思います。

 

 

 

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29