無料ブログはココログ

« 新型WRX S4実車拝見! | トップページ | LEVORG TC touring冬の脚。 »

2021年12月12日 (日)

ワット数抑えめの高級オーディオアンプのような新型WRX S4。

インナーフレーム構造や高剛性サス等基本の素晴らしさは想像できますが、残念ながら見た目ではわかりません。本当に早く試乗をしてみたい。

というわけで見えるところのご報告。

最初に驚いたのはインタークーラーの大きさ。

Wrxs4itcl

大きめのエアインテークからの導入風をしっかりあてて確実に冷やす。

Wrxs4intk

大きなバッテリーに全体的にゆったりした房内レイアウト。

オイルフィルター基部の水冷オイルクーラーもついています。

Wrxs4engrm

エンジン出力は控えめですがその基本は実にしっかりできている。

これなら砂漠から北極圏まで世界中どこを走っても高い信頼性を保てるでしょう。

最後の純ガソリンエンジン高出力車の一台としてその機械的寿命はとても長そうです。

Wrxs4f_20211212090701

フロントスポイラーもビルトインのような感じで追加のパーツは必要ないと思います。

このままなら大変タフそうなので雪の壁に突っ込んでも大丈夫そう。除雪車が作った幹線道路前の壁とか結構あるのでこれは大切。

Wrxs4sd

最低地上高が135mmと低い割にはアプローチアングル、デパーチャアングルも結構ありそうなのが面白いところ。

こういうの見るとますます最低地上高をアイサイトが許すギリギリまで上げたくなります。30mm上げられるかなぁ・・・。

Wrxs4fc

Wrxs4rc

Wrxs4ft

ノーマルで細かい空力処理は結構されていて実用性も考えれば性能上で空力パーツを付加する必要はないと思います。

ドレスアップの用途はユーザーさんの自由ですが。

 

だんだん購入すべき車が見えてきました。

・オレンジ色の完全ノーマル外観、ノーマル内装。

・サンルーフ

ここまでは決定。

次はSTI Sport RかGT-Hか。

基本的な耐久性は素晴らしく高そうなので、なるべくシンプルに行きたいし車高調整の余地は残したい。

となると電制サスは付けられないので自動的にGT-H。

意外と悩みだしたのがアイサイトEXつけるか否か。

レヴォーグSTI Sport乗ってみてアイサイトEXは素晴らしいですが高精度ナビの使い勝手が今一歩。

TC380やTCtouringのオプションのグーグル連携クラリオンナビは非常に使いやすい。

でもなぁ、コロナで遠乗りしていなかったからそう思うだけで遠乗りするようになればアイサイトEX一択か。

ということで迷いに迷って、

WRX S4 GT-H EX オレンジ、サンルーフ付き。

空力オプション無し。STIオプション無し。

あたりになりそうですが、乗り心地に一抹の不安(前のWRX S4はやたらに固かった。)があるので試乗後決定ですね。

 

« 新型WRX S4実車拝見! | トップページ | LEVORG TC touring冬の脚。 »

コメント

こんにちは!12/4に千葉柏の葉ディーラーでサファイアブルーのS4 STi R EX見てきました。WRブルーより落ち着いた感じが好印象でした。内装のボルドー色も控えめな感じで良いですね。楽しみです

Yoさん

こんばんは!
サファイヤブルー、良さそうですね!
この記事書いていたら私もどんどん楽しみになってきました。
早く試乗車こないかな…。

ご無沙汰してます。僕はオレンジのベースMOPを注文しました。まず素の状態をとことんしゃぶりつくします。まだ当分先のようですが。このクルマも楽しみですが、それ以上にディアスが面白そうです。オフビートカーキの四駆を注文しました。MTを選べないのですがFR-CVTの仕上がりは予想以上かもしれません。将来の可能性を感じます。ライトウエイトスポーツカーを作れるようになるかもしれませんね。

代田さん

流石、選択眼が素晴らしいです。
私はもうちょっと悩みたいと思います。(車高があげられるか確認中。)

FR+CVTですか。おっしゃるように小型FRスポーツカーの可能性が出てきましたね!
楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型WRX S4実車拝見! | トップページ | LEVORG TC touring冬の脚。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29