無料ブログはココログ

« 夏の夜。新型WRX S4は最高の車です。 | トップページ | 新型WRX S4バイヤーズガイド。 »

2022年8月 8日 (月)

新型レヴォーグSTI Sport EXと新型WRX S4 GT-H EX。

共通のコンポーネンツを多く使いながらも新型レヴォーグ(1.8L)と新型WRX S4の差は結構大きいです。

新型レヴォーグはグッズを満載して目的地に快適に急行する車、新型WRX S4はドライブを楽しむためだけにも走り回りたくなる車です。

S4grg

・ボディ

フルインナーフレーム構造のSGPは同じですが、セダンとワゴンでこうも違うものかと。

WRX S4のボディ全体の”塊感”は素晴らしいです。新型レヴォーグが劣っているかとではなくうまく性格を作り分けています。

・サス

新型レヴォーグはSTI Sportなので電制サス。WRX S4はGT-Hでコンベンショナルなコイルサス。

GT-Hのサスは相当熟成されているようであらゆるシーンに対応できてしまいそう。

STI Sportの電制サスはこれはこれで変化を楽しめますがお互い素晴らしいと思います。

10万キロ走行後とかチューニングの可能性を考えると私にはGT-Hで正解でした。

・エンジン

本来は同エンジンの新型レヴォーグ STI Sport Rとの比較になるのでしょうが、レヴォーグの1.8Lターボでも全く不満はありません。

WRX S4のプラス約100馬力は「WRXらしく走らせるとき」に凄く有効ですし、長距離巡行でもその余裕のパワーは大きな精神的ゆとりをもたらしてくれるでしょう。

前モデルの2Lターボ300馬力と比較してどうか、というと低速域での加速の良さもあり劣っている感じは微塵もありません。

 

スバルがレヴォーグのMTを作らなかったり、WRXと完全に分けたことが新型になっても良い結果になっています。レヴォーグは今や貴重な高速ワゴンとして派生車も生んでくるでしょうしWRXは高速GTセダンとしての特質をさらに磨き上げていくのでしょう。

よくできたAWDシステム、実用上の完成度の極めて高いアイサイトXを得たレヴォーグ・WRXは全天候GTワゴン・セダンとして確固たる評価を得ていくのだろうと思います。

スバルがEVも売るようになってCAFE規制がクリアできそうならEVでもハイブリッドでもない純ガソリンの全天候GTを極めて行ったら意外と大きなマーケットが残るのでは、といつも思います。

 

« 夏の夜。新型WRX S4は最高の車です。 | トップページ | 新型WRX S4バイヤーズガイド。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の夜。新型WRX S4は最高の車です。 | トップページ | 新型WRX S4バイヤーズガイド。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29