無料ブログはココログ

« 新型WRX S4と素敵な赤城山。 | トップページ | セダンという選択。新型WRX S4 GT-H EXの実力。 »

2022年8月21日 (日)

1000km。新型WRX S4 GT-H EXソーラーオレンジという選択。

全く後悔なしです。

このクルマ、とても楽しい。

運転しても、外から見ていても。

奢ったブレーキが付いているわけでもないし性能に振ったタイヤを履いているわけでもない。

エンジン出力もリッターあたりなら114馬力。先代S4のリッター150馬力にも届かない。

しかし、”いなし”と剛性のバランスがとてもよくとれたボディとサス。とても自然な操舵感のパワーステアリングと電動ブースター付きブレーキ。

街中では駆動系のスナッチが多めで「なんだかなぁ」と思っていましたが山道を飛ばして理由が分かった。

ミッションがとてもダイレクトかつレスポンスが上がったので本来ならブッシュ類ももっと固めたいところ、音振乗り心地等を考えると(先代が固すぎた)そうもいかず妥協した結果なのではと思います。

でもそれが良い。Aタイプのセッティングはあとで高く評価されるのでは。

S4akgr

GT-H EXなので電制サスは付いていませんし、ステアリングなどの画面上切り替えなどもないです。

選択ができないがゆえに走りを繰り返して体に覚えさせることができます。クルマとじっくり語り合える。

シンプルなコイルサスにはそれができる。

 

ソーラーオレンジは国内市場に良く出してくれたと大変感謝しています。もしかしたら以前購入したレガシィのマスタードマイカ(ほぼ金色)、カッパーオレンジマイカのようにビッグマイナーを待たずに消えてしまう色かもしれません。

コンパクトカーやSUVでなくこのサイズのハイパワーセダンで出してくれた。オレンジ+ハイパワーの組み合わせは国産車では大変珍しい。

最高です。

S4gth

SUBARUさん、本当にありがとう。

 

« 新型WRX S4と素敵な赤城山。 | トップページ | セダンという選択。新型WRX S4 GT-H EXの実力。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型WRX S4と素敵な赤城山。 | トップページ | セダンという選択。新型WRX S4 GT-H EXの実力。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29