無料ブログはココログ

« 新型WRX S4 GT-H EXと古~いiPhoneの素敵な組み合わせ。 | トップページ | S207初めてのセルフ機械洗車とあっと驚くセキスイハイム。 »

2022年10月 1日 (土)

新型WRX S4 GT-H EX。さて、どう料理していこうか。

遅めの一か月点検も終了、2500kmで初回オイル交換もしていただいたので。

Wrxs4bpn

ダンパー付きのボンネットを開けると相変わらず臓物が詰まっています。

BRZと同じでエンジンオイルフィルターの取り付け面あたりを水冷で冷却するエンジンオイルクーラーも標準で装着。

これは地味に効くと思います。

Wrxs4bnt

最新ガソリンターボ。

さてこれをどう料理していくか。

今まで全開はしていないので、最高ブースト圧も113kPaまで。

全開OKとしたのでノーマルでどこまで行くかお山で確認でしょうか。120kPaくらいまではいくかなぁ。

その後はタービン交換まではしないで(小さいタービンはレスポンスが良いメリット。)ECUチューンでどこまでいけるか相談。

140kPaくらいかけられるとTCtouringに近い感覚になる気がする。

第一弾はエンジン・ECUライトチューンの可能性追求ということで。

 

 

« 新型WRX S4 GT-H EXと古~いiPhoneの素敵な組み合わせ。 | トップページ | S207初めてのセルフ機械洗車とあっと驚くセキスイハイム。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型WRX S4 GT-H EXと古~いiPhoneの素敵な組み合わせ。 | トップページ | S207初めてのセルフ機械洗車とあっと驚くセキスイハイム。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29