無料ブログはココログ

« どこにでも行ける。新型WRX S4。 | トップページ | 頑張った!SUBARU陸上部。東日本実業団駅伝2022。 »

2022年10月31日 (月)

TOKYO!新型WRX S4高速・首都高ドライブ。

だんだん会合も開かれるようになってきて、今日は東京の会場へ。本当に久しぶりに車を運転して。

毛無峠から東京、新型WRX S4 GT-H EXはどこへでも行けます(笑)

Wrxs4tky1

都心は渋滞のようなので川口PAに寄りました。「なんか入り方が変わってる?」と思ったらハイウエイオアシスに変わっていました・・・。

昭和の香りがする結構好きだったPAだったので喜ぶべきなのでしょうが少し複雑な気持ちに。

Wrxs4tky2

待望?の渋滞。アイサイトX搭載のWRX S4に乗っていると渋滞が苦でなくなります。

ここ数年、東京出るのに新幹線・電車利用だったのが車に戻りそう。

渋滞表示の場所はほとんどハンズオフ走行。

Wrxs4tky3

ハンズオフで竹橋JCTに入っていく。

物凄く快適に会場に到着。新型WRX S4 EXモデルなら高速道路利用で途中何百キロでも走れてしまうなぁ。

本当に疲れを知らずにどこまでもいけそう。アイサイトX+WRX S4凄い。

Wrxs4tky4

空いた地下駐車場には凄い車が沢山。東京は凄いなぁ。月極契約もしているのかも。

Wrxs4tky5

時代は移りゆくも永遠のランドマーク、東京タワー。手前はイワタニ水素ステーション。群馬には高崎に一か所だけ。水素自動車の時代は来ないのかも。

帰りの首都高は結構流れも速かったですがBS BLIZZAK VRX3は特に不満もなく走ってくれました。

新型WRX S4の動力性能も十分。またなかなか表現しにくいのですがアイサイトXの機能以外でも本当に疲れにくい車です。

どんどん走行距離が伸びていってしまうかも。

Wrxs4tky6

帰社後のメーターパネル。いけない、出発前に満タン・リセットしておけばよかった。東京往復は200kmほど。50kmの通勤含めた燃費は11.1km/L。

これだと5L残しの航続距離は640km程度。ガソリン車のメリットは600km走ってガソリン5分ほどで満タンでまた600km走れること。

 

日帰り東京出張をとても快適にこなすことができました。渋滞を避けようとか全く思わなくなったのには驚きました。渋滞回避のストレスがなくなることがこんなに楽だとは。

東北自動車道は120km/hに変わったところも多く、スピード違反の心配をしなくて済んだこともストレス軽減に大きく効いています。

問題としては東北自動車道・群馬県内バイパスなど白線が見えなくなっているところが驚くほど多く、その部分ではさすがのアイサイトXも追従だけでステアリング操作が必要となってしまっていました。

過度な警告塗装やゼブラ塗装は不要で白線(黄色線)と停止線・横断歩道だけはきっちりメンテナンスしてほしいです。

« どこにでも行ける。新型WRX S4。 | トップページ | 頑張った!SUBARU陸上部。東日本実業団駅伝2022。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どこにでも行ける。新型WRX S4。 | トップページ | 頑張った!SUBARU陸上部。東日本実業団駅伝2022。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29