無料ブログはココログ

« STIの”S”。 | トップページ | ソルテラで聖地秋名へ。楽しかった。 »

2023年1月31日 (火)

ソルテラ、安全性・信頼性・耐久性おそらく一番なEV。

ソルテラ納車後一か月以上が過ぎて、ソルテラの本質が見えてきました。

ソルテラのバッテリーは(実用上)劣化しないのではないか。

Solbttrk

上の写真のように97%充電から残り3%を普通充電で1時間20分かけてゆっくりゆっくり充電していく制御。

80%超えてきたら急速充電でも30分で4~5kWhしか入れない制御。

8%からなら65%まで30分で35kWh入っていく。

とことんバッテリーを傷めない充電制御。

多分10万キロ走行後も実用上のバッテリー劣化は感じないのではあるまいか。

かなりの余裕をもってバッテリーを使っている。

流石安全性・耐久性重視のトヨタ・スバルの共同開発車。

 

車体構造も信じられないくらい強固に作られていて、もしかなりの事故が発生してもバッテリー火災発生の恐れはないくらいではないか。

トヨタ・スバルのグローバル販売EV第一号、相当気合を入れて開発されたEVでした。

目に見える性能はそこそこにして、目に見えない安全性・信頼性・耐久性をここまで重視するとは。さすがトヨタ・スバル連合。

 

« STIの”S”。 | トップページ | ソルテラで聖地秋名へ。楽しかった。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« STIの”S”。 | トップページ | ソルテラで聖地秋名へ。楽しかった。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29