無料ブログはココログ

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月26日 (日)

ソルテラ4000km。桜とEV。

この季節長年この場所の桜とその時点で一番新しい車の写真を撮っていましたが・・・今年初めてEVの写真となりました。

Solskr

ここ数年はガソリン車、ハイブリッド車、EV車がランダムに撮影されるのだろうと思います。

Sol3crsss

ソルテラも4000km突破。かなり馴染んできました。

EVに対する特別な感情もなくなってきて普通に車として付き合えるようになってきて。

結果、EV・HV・ガソリン車など自分の好きな車乗ればいいじゃないかと思ってきました。

それぞれの良さがありそれぞれの欠点があり。

今後日本の乗用車マーケットではPHEV含むエンジン車とEVが半々くらいになるのかな、と思っています。

四人家族でドライバーが二人なら近距離用軽や小型車のEVとミニバンやSUVのハイブリッド車の組み合わせが長距離ドライブや災害時対応考えるとベストと考えます。EV二台は家庭の契約電力等、充電環境が厳しくなりすぎるような。

それにVIVIO RX-Rや四気筒サンバー、WRXなど趣味の純ガソリン車が一台加わったら・・・ん~、最高かも。

 

ソルテラの後席はとても快適だった。

初めてソルテラの後席に乗りました。

静かでしっとりと心地よい空間でした。

Solbst1

Solbst2

Solbst3

///

ソルテラの後席がこんなに快適だとは。

アメリカで各種キャデラックやリンカーンの後席は何度も乗せてもらいましたが記憶にある限りではソルテラが一番快適。

静かで会話を妨げるものが何もない。

ソルテラ、リアの快適性が結構大きなメリットかもしれません。

 

ビジネストリップでは急速充電全く使う気になりません。

仕事、と思うと気がせくのでしょうか。

航続距離内では全く急速充電をする気になりません。

Solchgnd_20230326062101

自宅に6kW充電器を設置してからは、東京往復しても9時間弱で充電が終わります。

22:00充電スタートで6:30満充電。

これなら極端な話毎日東京へ車通勤も可能。

Soltky

9時間充電するとして使用電力量は単純計算で54kWh。

諸々含めて1kWhあたり30円として電気代は1620円。

ガソリン車リッター10kmなら170円×22Lで3740円。

ハイブリッド車(前型クラウンHV実績)でリッター17kmなら2200円。

ガソリン車は揮発油税とかたんまり?払っていてEVは払っていないので将来的に税制が変わると費用はHVと逆転もありうるかもしれません。

 

 

 

2023年3月19日 (日)

ソルテラで宇都宮。

ソルテラで宇都宮。

Solnstg-002

都賀西方PA下りの急速充電器には必ず先客がいます。群馬からだとここで充電の必要はありませんが、東京から80kmくらいなので休憩・食事を兼ねて充電する方が多いような。ちなみにこちらの食堂のメニューは餃子定食とかもあり結構美味しくて好きです。ミーティングの前では餃子は食べられませんが・・・。

Solchgnd

帰路。都賀西方PA上り。宇都宮往復くらいなら充電の必要は全くないので隣に駐車。

Solchg6h

帰宅後6kW充電器で充電。充電時間6時間の表示。6kWだと本当に毎日実用で使えます。

東京往復(途中充電不要)しても8時間強で満充電になるので、翌早朝から使えます。急速充電器を通常では全く使わなくなりました。

Lgcyb4chg

翌日は14年年目の父の遺した五代目レガシィGT Lパッケージ Siクルーズで。

この車の耐久性は凄まじく、14年目でまだ新車の香りが。問題は液晶ナビ画面の視認性が落ちてきたことくらい。

2.5Lターボエンジンの5AT/AWDですがソルテラと驚くほど走行感覚が似通っていて驚きました。

歴代レガシィの完成度はとても高いです。この車はSIクルーズというレーダー式の前車追従型オートクルーズ装備で実は一般道でも使えてしまう精度があります。完全停止はしませんが停止寸前までは可能。

Wrxs4tc380nght_20230319235501

WRX STI TC380とWRX S4 GT-H EX。

ソルテラを乗るようになってからレガシィとかこの車たちとかエンジン車の良さも改めてわかってきました。

政治で無理やり決めていかないで市場にもう少し任せればよいのに。

Tc3806mt

WRXSTI TC380のDCCDは最高で皮の剥けたYOKOHAMA ADVAN NEOVA AD09のグリップを使い切ってゴリゴリ車を進めてくれます。

380馬力のエンジンパワーはS#で低いギヤだと温まったこのハイグリップタイヤを暴れさせるほど。

モーター・ガソリン、AT・MT、運転支援有無。

まあどんな組み合わせでも車の運転は昭和生まれのオッサンには楽しいです。

 

 

2023年3月14日 (火)

全く問題なし。ソルテラでTOKYOビジネストリップ。

ソルテラで東京までビジネストリップ。

Solttbys

舘林ICで航続距離はちょうど300km。

Solmjknkn

舘林から約100km走って会場へ。

高級車ばかりの場所ですがソルテラは全く貫禄負けしていないのには驚きました。

Solgnz

帰りは辰巳第一PAの新名所?ジャンプ台見ようと首都高へ。

途中の銀座。東京は華やかだなぁとグンマー王国民は驚きます。

Solttm

昔、前後機械式デフ・ツインプレートクラッチのチューンドWRX STIで通いました。いつの間にか塀が・・・。

ソルテラまだスタッドレスなので首都高飛ばすのは諦めましたが結構よく走るのには感動。

重心高が低いっていうのはSUVでもステーションワゴン的な走りができそうです。スタッドレスだと急制動には耐えられなくてABS作動。こういう時は2tの車重を感じます。

Solttmjmp

おお!これが有名なジャンプ台か・・・とそろりと通過。

ソルテラの運転支援もアイサイトXには多少劣りますが扱いやすくて本当に楽ちんで帰ってこれました。

Solttm93

Sol830

エアコンONで220km走ってきて残航続距離は93km。まあ東京へのビジネストリップには十分な航続距離。

考えてみればGDBスペックCの50Lタンクでリッター7km切るようなもんかと一人納得。

6kWでの充電時間は8時間30分、22:00開始で6:30満充電。これなら十分実用的。

充電コードも専用なので充電器から外して10秒後にはソルテラに接続完了。

ビジネストリップだと急速充電で30分待ちたくないのでやはり6kW充電器は必要。

自宅6kW充電器入ったらソルテラの活躍が増えました。なんだかんだで急速充電で30分待つとかはストレスだったのだと納得。

2023年3月12日 (日)

6kW充電器設置。EV自宅充電を考える。

パナソニックの6kW充電器がようやく設置できました。

ソルテラ(EV)は80%充電以上は充電速度が落ちてなかなか急速充電器では満充電にはならないので自宅充電は必須。

Solchg

6kW充電器だと10時間で理論上は60kWh分充電可能なので通常走行では完全にこのクラスのEVが実用範囲に入ります。

遠くへ出かけてバッテリー残量がギリギリでも急速充電で60%程度まで戻して自宅でゆっくり満充電も可能。

Sol3crngt

車庫の上が居室なのでこの家では充電中などに火災になるようなEVは論外。

実は充電中や停車中に燃えた実績がないEVは意外と少なく数が出ているものでは日産リーフだけ。

ソルテラは販売実績が少ないのでまだ実際はわかりませんが、極端なほど電池・充電関係に安全マージンを取っているのでまず大丈夫でしょう。

電池を使ったものは安全マージンを削れば削るだけ見かけ上の性能は上がります。

住宅が密集した日本ではEV100万台に一台が燃えるだけでかなりの災害になります。

カタログデータや試乗した感じだけで実はEVを購入することはしてはいけない国なのです。

 

 

 

 

 

 

 

2023年3月11日 (土)

2011年3月11日。

空港への自動車道、海側の農地には漁船が点々と陸上に存在し、陸地側はほとんど被害がない強烈なコントラスト。

仙台駅のコンコースですれ違った老婆のうつろな瞳がいまだに忘れられません。

若い単身赴任の社員は地元の方々の炊き出しのお世話になり、「大丈夫です、かえって太りました。」

あれだけの事態の中もくもくと復旧に励まれる地元の方々。

時々軽く車がジャンプするうねった東北道。

長く続く支援帰りの自衛隊車両を追い抜くたびにハザード点灯して感謝の意を。

関西ナンバーの空のタンクローリーが車線内をフラフラ。徹夜で走られたのだろうな・・・どうかお休みください・・・と思う。

 

3月11日になるといまだにたくさんのことを思い出します。

亡くなった方々に追悼の意を。悲しみの中復旧に努められた地元の皆様に尊敬の念を。自衛隊・米軍、全国からの支援の方々に感謝の意を。

///

Smbrkzn

サンバーの”絆”マグネットはレガシィB4、BRZからサンバーに引き継がれずっと貼られています。

サンバーの寿命尽きるまでこの位置に貼られていることでしょう。

 

2023年3月 7日 (火)

新型WRX S4 GT-H EX 1万キロ。ドコヘデモイケル。ドコマデモイケル。

赤城でも。

Wrxs4akgf_20230307213801

野反湖でも。

Wrxs4lkr_20230307213701

毛無峠でも。

Wrxs4akrr_20230307213601

坂東太郎の河原でも。

Wrxs4nknf_20230307213401

Wrxs4drnabv_20230307213401

青森でも。

Wrxs4amrhkdmrsd_20230307214101

Wrxs4hrnv_20230307213301

Nmk

Wrxs4hrspn_20230307213301

どこにでも行ける。どこまでも行ける。

新型WRX S4 GT-H EX、世界最高のGTに私には思えます。

 

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30