無料ブログはココログ

« 新型WRX S4 STI Sport R EXとGT-H EX。後悔ありませんでした! | トップページ | 全く同じ!ミニ・サンバー。 »

2024年3月24日 (日)

新型WRX S4で初春の赤城山。車体の四隅がはっきりわかる。

今日の赤城山は路面に雪はありませんでした。

S4akgmkm

今年初めての赤城山。

新型WRX S4は車体の四隅、タイヤの位置がとてもわかりやすくて赤城でも本当に運転しやすい。

カタログスペックには出てきませんが大変重要なことではないかと。

ちょうどよい目線高さ、広い視界、タイヤの位置がはっきりわかることなど公道で飛ばすには大きなアドバンテージ。

これは初代インプレッサWRXからスバルのWRX系が連綿と受け継いできた素晴らしい資質だと思います。

S4akgsb

下山?途中のパーキング。最近はセダンといえばBMWなどの外車のほうが多いのではと思えます。

新型WRX、デザインに賛否はあるようですが私は大好き。なかなか個性的で素晴らしいデザインだと感じます。

トヨタカムリが国内では販売中止になるような環境下、新型WRX S4は貴重な国産スポーツセダンなので末永く販売を続けていただきたいです。

S4akgcy

背景に見える赤城山から楽しく帰ってこれました。

新型WRX S4、これは素晴らしいバランスを持った高性能スポーツセダンです。

 

 

 

« 新型WRX S4 STI Sport R EXとGT-H EX。後悔ありませんでした! | トップページ | 全く同じ!ミニ・サンバー。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型WRX S4 STI Sport R EXとGT-H EX。後悔ありませんでした! | トップページ | 全く同じ!ミニ・サンバー。 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31