無料ブログはココログ

2024年4月11日 (木)

次世代アイサイトへの期待。

アイサイトXもとても優秀だけど次世代はいよいよAI搭載で雪道とかでも路肩判断して走ってくれるかもと期待。

1000007986

次世代アイサイトにはAMDの次世代半導体を使うとの発表がSUBARU Labからありました。

ということはいよいよアイサイトにAI実装で白線のない道路もステアリングコントロールしてくれるようになるのかもしれません。


雪深い地域で路肩に道路境界を表すポールが立っていますが、それをアイサイトが確認して適切な走行ラインを維持してくれるようなら本当に楽しみです。

2024年4月 1日 (月)

ASCENT、右ハンドル追加で日本・英国・豪州マーケットに進出!

スバルの多人数乗り車への需要は大変強いようで、現在左ハンドルのみ米国生産のASCENTに右ハンドル仕様追加。

日本・英国・豪州等右ハンドルマーケットに展開されることが決定しました。

特に日本仕様は最新のアイサイトX搭載、ハイオク化でパワーアップと実燃費向上も計られるなどかなり魅力的。

ミッションクーラー含む牽引パッケージも展開されるようでまさにアメリカンSUV的に使えそうです。

7人乗りのLIMITEDと8人乗りのFAMILY。

Ascentengn

右ハンドルは厳しくなるヘッドライトの規制に対応するため旧アウトバックの右ハンドル用既製部品の流用で初期型デザインとなります。

Ascent3rdr

車体の大きさも巨大な車が増えた現在では許容範囲。

ようやくクロスオーバー7がなくなってからの”スバリスト多人数乗り砂漠”が解消されそう。

スバルアメリカ拠点の稼働率向上と国内マーケットの拡大ができてユーザー含め全員がWINWINの関係に。

 

四月一日、エイプリル ファースト記。

2024年3月31日 (日)

時代は遷り行く。ソルテラ vs WRX STI vs WRXS4!

夜になったので近所迷惑を考えてTC380からソルテラへ乗り換え。

ん~、なぜか”文明”を感じた(笑)

Solskgr

青の絶滅危惧種。

オレンジの純内燃機関車の一つの頂点。

黒の恐竜から哺乳類に移行するがごとく伸長する種。

Solgrgfb

一度に味わえる2024年という年に感謝。

///

純ガソリンハイパワーターボAWD、マニュアルトランスミッションのセダンはすでに絶滅。

純ガソリンエンジン高出力ターボAWD、優れた運転支援、CVTのセダンも今後出ることはおそらくない。

純電動AWDのSUVはハイブリッド車、PHEV、FCVとマーケットを割拠していき徐々にその割合を増やしていくでしょう。

今は本当に時代の変わり目であることを自分のガレージの車たちを見ながら強く感じました。

 

2024年3月24日 (日)

新型WRX S4で初春の赤城山。車体の四隅がはっきりわかる。

今日の赤城山は路面に雪はありませんでした。

S4akgmkm

今年初めての赤城山。

新型WRX S4は車体の四隅、タイヤの位置がとてもわかりやすくて赤城でも本当に運転しやすい。

カタログスペックには出てきませんが大変重要なことではないかと。

ちょうどよい目線高さ、広い視界、タイヤの位置がはっきりわかることなど公道で飛ばすには大きなアドバンテージ。

これは初代インプレッサWRXからスバルのWRX系が連綿と受け継いできた素晴らしい資質だと思います。

S4akgsb

下山?途中のパーキング。最近はセダンといえばBMWなどの外車のほうが多いのではと思えます。

新型WRX、デザインに賛否はあるようですが私は大好き。なかなか個性的で素晴らしいデザインだと感じます。

トヨタカムリが国内では販売中止になるような環境下、新型WRX S4は貴重な国産スポーツセダンなので末永く販売を続けていただきたいです。

S4akgcy

背景に見える赤城山から楽しく帰ってこれました。

新型WRX S4、これは素晴らしいバランスを持った高性能スポーツセダンです。

 

 

 

2024年3月23日 (土)

新型WRX S4 STI Sport R EXとGT-H EX。後悔ありませんでした!

購入の時かなり悩んだ新型WRXをSTI Sport R EXにするかGT-H EXにするか。

GT-H EXを選択して20か月経過・・・全く後悔ありませんでした!

メーカーオプションでサンルーフとウルトラスエードシートを選択したのみ。

STIパーツやエアロパーツすら一つも装着していません。

S4grgsd

セダン大好き。サスやステアリング、ミッションにSTI SportRのような細かい選択はできません。

しかしプロが決めたサスセッティングは単なるバネサスなのに不満一切なし。

”どうせ車高調入れちゃうから”というのもGT-H EX選んだ理由の一つですが、車高調すら必要なく感じてしまう標準セッティングの素晴らしさ。

ぐっちさん推薦のウルトラスエードのシートもRECAROに勝るとも劣らず。数時間全く調整なし体も動かさないで乗れてしまいます。

S4grgr

エンジンパワーも含めたトータルバランスではソルテラやレイバックと比較しても私にはいまだ最高。

S4wsd

低い車高とパワー、アイサイトXの相乗効果で長距離が私史上最も楽な一台。燃費も飛ばして12km/L前後はマークします。

オレンジ選択も大成功で相手からの視認性も良く怖い思いをしたことがありません。

S4wr

高速道路のワインディングを飛ばし気味セットした時のアイサイトXの動作は特筆に値します。自分が運転するより上手いかもしれない。

S4aln

24000km走った今は”STI”バッチにこだわらない方には最高のWRX S4ではないかと思っています。

2024年3月20日 (水)

暴風の中800kmを安楽に走り切ったアイサイトXと新型WRX S4。

新型WRX S4+アイサイトXは暴風の中800kmを安楽に走り切ってくれました。

全線80km制限。時に50km制限がかかる暴風の東北自動車道。

その中を100km+にアイサイトXをセットしたS4は暴風の影響を修正しながら安定して走り切ってくれました。

アイサイトXのあらゆる走行実態を想定した制御は本当に素晴らしい。

オートレーンチェンジ中に暴風で煽られ車体が振られるとレーンチェンジを中止して上手くドライバーに制御を渡してくれる。

あの暴風の中、往復800km近くを新型WRX S4は安楽に走り切ってくれました。

私史上、最高の長距離GTです。

S4snwfrt

宮城北部は暴風+雪。

S4snwf

S4snwsd

S4snwbc

800km弱を高めの速度セットで走りぬいた結果。

S4snwmtr

11.9km/Lの燃費で暴風の中走り切りました。

S4snwgr

帰宅。驚いたことに1.5日で800km、連続400kmを走り切ったあと。

驚くほど疲れていませんでした。これは本当に現行販売車の中でもトップに近い長距離性能を持った車だと感じました。

新型WRX S4、本当に凄い。

 

2024年3月10日 (日)

レイバックは凄かった。日光テストコースでテストしてみた。

車を購入した後にいつも走る私的なテストコース(ルート)があります。

赤城山往復、水上往復、そして日光湯ノ湖往復。

今回はレイバックで湯ノ湖へ。北関東道→東北道→日光宇都宮道路→いろは坂→湯ノ湖の往復260km。

Lbcnk1

今朝の車庫にはスバルの新鋭車が並びました。

レイバックで出発。

Lbknk2

iPhone繋いで音楽とナビ。シートヒーターやアイドリングストップがダイレクトにできるようになって本当に使いやすい。

WRX S4のも有料でアップデートしてくれないかなぁ・・・。

Lbknk3

ウインカーレバーがクリックのあるタイプ(普通のタイプ)に変わりました。やはりこのほうが迷いません。

高速道路:

・レーンキープの精度が上がった。もしかしたら頑なに真ん中を走るのではなく状況で走る位置が変わるのかも。これはもう少し確認必要。

・オートレーンチェンジの応答が早くなってもはや手動でレーンチェンジする必要がないくらい。これは良いです。

WRX S4ではウインカーレバーを強く押し込むことが必要ですがレイバックでは軽く押して作動、強く押し込むとウインカーが点きっぱなしになるので注意。

・追従の精度も上がったようでどうもより遠くの対象を認識している気がする。三眼になっていろいろ性能が上がっているよう。

・とても静粛で乗り心地も素晴らしい。電子制御入っていないバネ・ダンパーだけのセッティングですがそれが素晴らしい。

Lbknk4

いろは坂:

・速いのだけど飛ばす気がしない。なぜかゆったり走りたい気分になる。

・いかなる場面でもストロークが十分でとても乗りやすい。四人乗車でも全く問題ないと思う。レヴォーグで四人フル積載だとリアが底突きする。

・ハンドリングはとても正確だけど良い意味おっとりしているところもありパッセンジャーの感じる乗り味はとても良いと思う。適度にロールはするがリニアでとても良い感じ。

Lbknk5

もう三月なので光徳牧場への道に雪はありませんでした。

Lbknk6

最低地上高が200ミリもあるので非除雪エリアにも安心して入っていけます。

Lbknk7

オーバーハングが長いのでアプローチアングルは限られますが実用上はこれで全く十分。

Lbknk8

腹を擦る感じは全くないです。レヴォーグは55mm低いのでこういう所には入りたくありません。

Lbknk9

湯ノ湖から光徳牧場経由で中禅寺湖、いろは坂下りへ。

いろは坂下り:

・最低地上高が高いのでWRXやBRZではできなかった”インベタのさらにイン”ができる!結構なペースでスルスル下っていけます。

・飛ばしたり煽っているつもりはないのですがなぜか皆道を開けてくれる。レイバックのフェイスって迫力あるのかな?

帰り高速:

・ジャンクションなどでの自動減速や料金所手前減速もますます精度が上がったようでとても上手になった。

高速道路上でナビ通りにJCTを通過してくれる限定的自動運転にかなり近づいた感じ。アイサイトXの次では入り口IC~出口ICまでの自動運転の姿が見えてきているような。

Lbknk10

レヴォーグSTI EXと比較すると左のレイバックはかなり高いです。

昔のアウトバックで見られた、ステア時に段差がある感じは最低地上高200mmもあるのに微塵もなく素晴らしい乗り味を確保しています。

レイバック、行動半径の広いアウトドアが好きなファミリーには現在市販されている全自動車の中でも秀逸なのではと感じました。

 

 

 

 

2024年2月21日 (水)

新型WRX S4。長距離性能私史上最高の車。

2月20日の太田市は・・・気温24℃!

Sol24_20240221110401

2インチダウンスタッドレス履いた2tのソルテラでこの気温の中、雨の高速走りたくないので車をチェンジ。

S4grg24

新型WRX S4もスタッドレス装着ですが標準同サイズのBS VRX3なので通常走行では全く問題無し。

S4p24

速い・楽しい。車乗り換えて大正解でした。

S4p24nght

新型WRX S4は車を着ているようで本当に疲れないし、危険回避も自信をもってできる。

長距離性能私史上最高の車です。

S4grg24nght

天候目まぐるしく変わる中、安定しきった走りで一度のヒヤリハットもなく帰宅。

アイサイトもいかなる場合でも想定外の動きは最小限なので慣れると本線上ほぼ自動運転。
新型WRX S4、現在販売中の車の中で長距離が楽で楽しいという点で最高ランクではあるまいか。

2023年11月 9日 (木)

もしかしたら現状GT性能トップの新型WRX S4。

新型WRX S4、現在販売している全車種の中でも長距離安楽で楽しいという点でトップランクではなかろうか。

S4sdss

アイサイトXの高速域でのステアリング捌きは素晴らしいものです。東北道の佐野IC~鹿沼IC間のカーブの連続をプロドライバーのような姿勢で駆け抜けてくれる。セットスピードを上げれば上げるほど見事になる。このあたりはSDA(スバルドライビングアカデミー)の走れるエンジニアが真剣にセッティングしたのだろうと思います。これは凄い。

かなりの速度差で先行車に追いついた時のブレーキングも見事。

アイサイトXの素晴らしさとWRX S4の高い動力・基本性能が融合しこの長距離巡行性能を担保しています。

S4strng

スイッチ類も適切で、大きさ・タッチも素晴らしく高速走行中もブラインドタッチでストレスなく操作できます。

この車はWRX S4 GT-H EXなのでシートはオプションのウルトラスエードを付けたノーマルシートですが、これがまた素晴らしくて腰痛なんて無縁。

S4twn

帰りのPAで奇跡のようなオレンジ並び。トムスのレクサスGS-F。

オレンジWRX S4、過去保有車の中で最も素晴らしいGT性能を持っています。

もしかしたら国産・外車も含めてトップランクかもしれません。それほど楽しく安楽に高速巡行できる。

エコランなど全く無縁で状況に合わせて高いペースを維持しても12km/Lは超えてくる。

航続距離は750km以上。現状ではEVはこの車に太刀打ちできません。

本当に購入してよかったビジネスの心強い相棒です。

2023年10月17日 (火)

素晴らしいな、新型WRX S4。

今月はBEV縛りで行こうと思っていましたが・・・

S43crs

午前中はテスラに乗っていましたが・・・午後の出張はWRX S4で!

乗り換えた瞬間驚きました。登山靴からランニングシューズに履き替えたよう・・・。

車が軽くステアリングに完全同期して動く。軽快に。

EV感覚とは違いますがそれでもドライバーフィールに沿って加速してくれる。エンジンノート。

あぁ、気持ちいい。

S4orng

アイサイトXもテスラのオートパイロットと比較して大変自然でドライバーの意思に反しない。

長年培ったきたWRXの系譜、新型もしっかり受け継いでいました。

素晴らしいな、新型WRX S4。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31