無料ブログはココログ

2024年4月29日 (月)

EZ36! Outback 3.6R Limited.

GWはアメリカ。

2015 Outback3.6R Limitedは10年目に入ります。

ASCENTを注文しようと思っていたらコロナで動けず。今となっては貴重なFLAT6 3.6Lで手放しがたくなり(汗)

Outbackdopnengn

水平対向六気筒3.6LにCVTの組み合わせはアメリカ版のこのモデルとレガシィセダンだけだと教えていただいてますます手放せなくなりそう。このエンジン、ガレージの中でスタートするとブオン!と野太いスポーツカーのような音が素晴らしいのです。回すとまた官能的になってきてつい回してしまうので燃費は・・・(汗)

Outbackdopn

このモデルはとてもおおらかな感じで好きです。

ベージュ本革内装もゆったりした感じ。

Pvtcm

この場所はPRIVATE COMMUNITYで出入口は一か所だけ。通り抜けはできないので基本住民に用のある車しか入りません。

住民によるアソシエーションもありいろいろ規制は厳しいですがそれ故に綺麗で安全な状態が保たれています。

このコミュニティーはシェリフが巡回してくれていて古き良きアメリカの良い雰囲気が残って暮らしやすいです。

結果、ガレージ開けっ放しで車を弄っていられます。

日本でニュースを見ると西海岸や東海岸大都市の治安の悪い地域のニュースが多いですが、アメリカは安全な地域もたくさんあってそこでは何十年前からあまり変わっていない保守的な生活様式が見られます。

日本のセコムのような警備システムは一般的ですが、このエリアでは警備システムが作動すると警備員でなくシェリフが駆けつけてくれるので誤作動させないように神経を使います(汗)

 

 

2024年4月21日 (日)

TC380改また洗車。黄砂の被害大。

金曜日あたりは鼻がムズムズ。黄砂がひどく降り注いで。

Tc380ks

ソルテラのライトで照らされたTC380改が悲惨なことに。

一週間前ピカピカにしたばかり。黄砂のため二日ほどでこうなりました。

一応屋根はあるのだけれど。

Tc380cw4

仕方ないので洗車場へ。四台待ち。普段はパスしますが今回は仕方ない。

Tc380fd

TC380のオーディオはクラリオンのフルデジタルで組んだので特にCDかけると本当に良い音。

でもTC380のエンジン音は素晴らしいのですが、音楽を聴くに良い環境とは言えず。

洗車待ちのACCの時に本領発揮。ちょっともったいなかったかな。

Tc380cwl

黄砂を落としてピカピカ。黄砂はなんとなく重金属とか含まれていそうで早く綺麗にしたかった。

昔はここまでひどくなかった気がしますが、中国が砂漠化を食い止めることを少しだけ期待して我慢。

TC380改の日本のモータースポーツを支えるエンジンチューナーさんのECUチューンは素晴らしく、カーボンツインプレートクラッチとフルバケの効果も相まって乗って本当に楽しい車になりました。

TC380のころは車検ギリギリだったマフラー音量もなぜかかなり下がって全く問題なくなり無料車検?の可能性のある所にも気軽に行けるようになったには良かったです。

 

 

2024年4月16日 (火)

ソルテラで安全・快適な通勤。

スバルへの通勤路は新旧スバルばかり(笑)

1000008072

ソルテラでの通勤は安心安全で本当に楽です。

1000008071_20240416123501

最近は充電にもあまり気を使わなくなり50%切ったら普通充電する感じ。今日はそろそろ充電しましょう。急速充電ネットワークのeMP基本料金が年間5万円かかるのですが最近は全く使わないのでどうするか悩み中。

太田市では急速充電設備も一年半前のソルテラ購入時の倍になり、CHAdeMO対応EVだと不足感はもはやないと思います。

しかし街中の急速充電設備は地方都市だとあまり必要ないのではないかなぁ・・・。

 

 

2024年4月11日 (木)

次世代アイサイトへの期待。

アイサイトXもとても優秀だけど次世代はいよいよAI搭載で雪道とかでも路肩判断して走ってくれるかもと期待。

1000007986

次世代アイサイトにはAMDの次世代半導体を使うとの発表がSUBARU Labからありました。

ということはいよいよアイサイトにAI実装で白線のない道路もステアリングコントロールしてくれるようになるのかもしれません。


雪深い地域で路肩に道路境界を表すポールが立っていますが、それをアイサイトが確認して適切な走行ラインを維持してくれるようなら本当に楽しみです。

2024年4月 8日 (月)

春爛漫。

遅れていた桜が一気に咲き誇りました。

S4skr

今年もいつもの場所で撮影できました。

来年はどんな車と撮影できるのでしょう。

 

オレンジがずっと欲しかった。

オレンジのセダンずっと欲しかった。GVB tSタイプRAのオレンジ買いそびれた。VBH輸出だけかと思ってたら日本でも出た!本当に嬉しかったし最高に気に入ってます!

S4grgsd2

追記:

初めてオレンジを意識したのは三代目インプレッサのビームスエディション。

Bms

これは結構ショックでした。

切れ味あるオレンジでなく、ヌメッとしたこの感じは凄く新鮮で買うか買うまいかかなり悩みました。

当時ターボマニアだった私にはNAということで逡巡しているうちに販売停止。

Ts

XVもNAかつSUVということで選択肢に入らなかったところへ本命登場。

インプレッサWRX STI tS タイプRA NBR。

この時はGRBの本格的チューニング始めたところでタイミングを失い。

ということで三度目の正直がVBHでした。

S4wsd_20240408172701

国内市場でこの色は英断だと思いますし、マイナーチェンジしても継続してくれているSUBARUに感謝です。

 

 

 

 

2024年4月 7日 (日)

今どきAWDターボセダン3台並び。

今晩は車庫にAWD ターボセダンが3台並びました。奥から2 L 400馬力 6 MT、2.4 L 275馬力 SPT、2.5 L 285 馬力 5 AT。

20240407_1843293

郵便ポスト?大好きです。

2024年4月 3日 (水)

新型WRX S4、夏タイヤに!純正ダンロップは意外と良かった。

S4smrtr

新型WRX S4、ようやく夏タイヤに戻しました。

毎年の交換基準は”赤城山に雪・凍結がなくなったら。”通行止め区間を除き、もう雪が降ることもないと判断し交換。

S4gt600a

純正タイヤはダンロップSP MAXX GT600A。

このタイヤ、踏面が堅くて最初の印象はとても悪くて”早くミシュランPS5あたりに変えたい。”と思っていました。

しかし1万キロを走行あたりで、指定空気圧を完全に守るようにしたら印象激変。

踏面は今でも堅めだと思いますが、高速道路巡行中の感触など非常に良くなりました。空気圧には敏感なようです。

高くても低くてもダメ。指定空気圧どおりが最高。

S4grgsmrtr

これでセダン系はサマータイヤ、ソルテラはトーヨーオブザーブのスタッドレス。

今週くらいには全車サマーに戻します。

2024年3月24日 (日)

新型WRX S4で初春の赤城山。車体の四隅がはっきりわかる。

今日の赤城山は路面に雪はありませんでした。

S4akgmkm

今年初めての赤城山。

新型WRX S4は車体の四隅、タイヤの位置がとてもわかりやすくて赤城でも本当に運転しやすい。

カタログスペックには出てきませんが大変重要なことではないかと。

ちょうどよい目線高さ、広い視界、タイヤの位置がはっきりわかることなど公道で飛ばすには大きなアドバンテージ。

これは初代インプレッサWRXからスバルのWRX系が連綿と受け継いできた素晴らしい資質だと思います。

S4akgsb

下山?途中のパーキング。最近はセダンといえばBMWなどの外車のほうが多いのではと思えます。

新型WRX、デザインに賛否はあるようですが私は大好き。なかなか個性的で素晴らしいデザインだと感じます。

トヨタカムリが国内では販売中止になるような環境下、新型WRX S4は貴重な国産スポーツセダンなので末永く販売を続けていただきたいです。

S4akgcy

背景に見える赤城山から楽しく帰ってこれました。

新型WRX S4、これは素晴らしいバランスを持った高性能スポーツセダンです。

 

 

 

2024年3月23日 (土)

新型WRX S4 STI Sport R EXとGT-H EX。後悔ありませんでした!

購入の時かなり悩んだ新型WRXをSTI Sport R EXにするかGT-H EXにするか。

GT-H EXを選択して20か月経過・・・全く後悔ありませんでした!

メーカーオプションでサンルーフとウルトラスエードシートを選択したのみ。

STIパーツやエアロパーツすら一つも装着していません。

S4grgsd

セダン大好き。サスやステアリング、ミッションにSTI SportRのような細かい選択はできません。

しかしプロが決めたサスセッティングは単なるバネサスなのに不満一切なし。

”どうせ車高調入れちゃうから”というのもGT-H EX選んだ理由の一つですが、車高調すら必要なく感じてしまう標準セッティングの素晴らしさ。

ぐっちさん推薦のウルトラスエードのシートもRECAROに勝るとも劣らず。数時間全く調整なし体も動かさないで乗れてしまいます。

S4grgr

エンジンパワーも含めたトータルバランスではソルテラやレイバックと比較しても私にはいまだ最高。

S4wsd

低い車高とパワー、アイサイトXの相乗効果で長距離が私史上最も楽な一台。燃費も飛ばして12km/L前後はマークします。

オレンジ選択も大成功で相手からの視認性も良く怖い思いをしたことがありません。

S4wr

高速道路のワインディングを飛ばし気味セットした時のアイサイトXの動作は特筆に値します。自分が運転するより上手いかもしれない。

S4aln

24000km走った今は”STI”バッチにこだわらない方には最高のWRX S4ではないかと思っています。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31