無料ブログはココログ

2024年3月30日 (土)

WRX STI TC380にフルバケシート導入・ブレーキライトチューン!

TC380のエンジンチューニングしたら高馬力・大トルク化だけでなく繊細なアクセルワークに応えるレスポンスもかなり上がりました。

Tc380grdn

これだけ精度が上がると、体が動いてしまうセミバケでは限界を感じ、フルバケに運転席シートを交換しました。

定番RECARO RS-Gにアルカンタラオプションで。

Tc380flbf

臀部が固定されるのでクラッチ・アクセルワーク時の無駄な足の動きが減りより高精度の制御が可能になりとても楽しく運転ができるようになりました。シート高自体はあまり下がらないためヒップポイントが下がった分くらいでしょうか。

Tc3800flbr

流石に乗り降りするときは不便でシートを一番下げる必要があります。

ただ下げてもシート自体が薄いため後席のレッグスペースはノーマルシートの通常時くらいには維持されます。

Tc380flbrl

あと一段は下げられそうですが、それにはシートレール後ろの金具を切り飛ばさないといけないので今回は保留。

ブレーキもラインをステンメッシュにしてパッドをエンドレスMX72に交換、ローター含むブレーキシステムは純正そのままでブレーキオイルをDOT4に交換。踏んだ時の剛性が大幅に上がった感じでこれも変えてよかったです。

Tc380mnbl

フルバケにすると尻ポケットの厚い財布は邪魔なので薄い財布を探しましたが、GRBの時から使っていた薄いコーチ財布が廃番で探したところモンベルのアウトドア用を発見。通常持ち歩きには十分な容量で気に入りました。

Tc380fbchr

いつも交換したシートの保管には頭を悩ますのですが、今回はシートのベースを購入してチェアにしてみました。

昔と違ってリーズナブルな価格で購入でき組み立ても簡単。ただ椅子を上下するエアダンパーはショートタイプを別途購入しないとよほど足が長くないと床につかないので注意。

なかなか快適なチェアが完成。キャスター付きで移動も簡単。この方法は正解でした。

TC380、ZE40+NEOVA09・400馬力化・カーボンツインプレートクラッチ・車高調・フルバケ・ブレーキ強化とサーキットでもガンガン走らなければ十分な仕様になりましたが・・・ここでさらなるチューニングが止まるのか若干不安が(汗)

 

 

 

 

 

2024年3月24日 (日)

全く同じ!ミニ・サンバー。

帰宅したら自分へのプレゼントが。

Smbrmn

サンバーディアスのミニカー、しかも同色!

今はスタッドレス用にアルミ履いていますが夏タイヤに戻せばホイールまでミニカーと同じ。

まさか今頃になってこんなミニカーが売り出されるとは。

ちょっと散財はしましたが嬉しい出来事でした。

追記:

購入から数日後に通販サイト見たら・・・売り切れ。

Smbrsld

こういうものは購入をためらうと手に入らないものだという教訓となりました。

たまたま見つけてよかった。

 

2024年3月20日 (水)

暴風の中800kmを安楽に走り切ったアイサイトXと新型WRX S4。

新型WRX S4+アイサイトXは暴風の中800kmを安楽に走り切ってくれました。

全線80km制限。時に50km制限がかかる暴風の東北自動車道。

その中を100km+にアイサイトXをセットしたS4は暴風の影響を修正しながら安定して走り切ってくれました。

アイサイトXのあらゆる走行実態を想定した制御は本当に素晴らしい。

オートレーンチェンジ中に暴風で煽られ車体が振られるとレーンチェンジを中止して上手くドライバーに制御を渡してくれる。

あの暴風の中、往復800km近くを新型WRX S4は安楽に走り切ってくれました。

私史上、最高の長距離GTです。

S4snwfrt

宮城北部は暴風+雪。

S4snwf

S4snwsd

S4snwbc

800km弱を高めの速度セットで走りぬいた結果。

S4snwmtr

11.9km/Lの燃費で暴風の中走り切りました。

S4snwgr

帰宅。驚いたことに1.5日で800km、連続400kmを走り切ったあと。

驚くほど疲れていませんでした。これは本当に現行販売車の中でもトップに近い長距離性能を持った車だと感じました。

新型WRX S4、本当に凄い。

 

2023年10月29日 (日)

初代インプレッサの祭典。MEANEYEJACK2023。

本日は本庄サーキットで開催された初代インプレッサの祭典に少しだけ顔を出してきました。

Gc8mny

もしかしたら車より年下なのでは、と思う若い方が多くインプレッサを本当に楽しまれているようでとても良い雰囲気。

Gc82

雰囲気あるオレンジGCのオーナーもお若くて家族思いの働き者。

Gc81

貴重な生産ロットの若いA型を月3000kmシバキ倒している某組?長。

ご人柄から多くの同志を集めています。お誘いいただきありがとうございました。

Gcmjk

本日の戦利品。真ん中のBIGMEETのステッカーと同じデザイナーの方の作品です。

お会いした方々もお車もみんな素敵でスバルの車の楽しさを改めて感じさせていただきました。

S4gc

インプレッサの祭典なので”インプレッサ”はとれてしまいましたが新型WRXS4で伺いました。

安全・環境やマーケットの変化で大きくはなりましたがそれでも初代の志がそこかしこに見られる良い車です。

本日お会いした皆様方に心より御礼申し上げます。

 

2023年10月 3日 (火)

WRX STI TC380、420馬力化への道。

最近、勉強せねばとEV関係も頑張っていますが・・・私の本質はコレ!

TC380をEJ20エンジンの限界近くまでチューニングすることに決定!

エンジン関係:

・大容量インジェクター

Tc380injctr

・大容量燃料ポンプ

・ECU現物合わせでリプロ。

タービンはもともとHKS GTⅢRS、排気系はメタキャタにHKSターボマフラー装着済なのでそれを生かします。

ミッション関係:

・大出力対応のカーボンツインプレートクラッチに交換

Tc380tplt

ツインプレートクラッチの経験は長いですがカーボンは初めてなのでここはちと不安が。

サス関係:

・HKSハイパーマックスSで10mmダウン(もしかしたら20mm)

ハイパーマックスRを選択しなかったのは流石にこれでサーキットを走るつもりはないからです。

出力重視の”おバカ車”になるのでバランス重視のサーキット走行には向きません。でもそれがいい。

Tc380hypmx

タイヤは新品のADVAN NEOVA AD09+Rays ZE40なので交換無し。

ブレーキはパッドとRF650ブレーキオイルくらいで純正を生かします。

VAB系は冷却系もGRBに比較するとよくできているので当面はノーマル。水温・油温上がり具合を見ながら対策。

Tc380sdc

外観はちょっと車高下がるくらいでこのまま。

TC380特製フロントカーボンリップとリアカーボントランクスポイラーのみのおとなし目で。

私の年代だとどうも”羊の皮を被った狼”にあこがれてしまうもので。

さて、完成したらハイオクガソリン盛大に燃やすぜ。

 

 

2023年2月14日 (火)

冬キャン可能!サンバー旅人+小川カーサイドリビング。

週末、天気が良いので物置を整理していたら、昔買ったままの小川テントのカーサイドリビングが新品で出てきた。

KELTYの同様のものが壊れたので購入したものの、複雑そうで使わなかった物。

簡単ではないけど難しくはない、という感じで組み立て完了。

Smbrnwcm5

あー、これいい。冬キャンできる。冬季用テントのように地面に幕が接地するようになっていて風が通りにくい。

サンバーの下からは風が入るが暖かい空気は意外と抜けない。

Smbrnwcm1

サンバー旅人の左側に立派なリビングが。蛍光灯は旅人純正。

Smbrnwcm2

サブバッテリーからのDC12Vアウトプットが荷室に二か所あるのでUSB電源や150W以下ならDCACコンバーターが使えるのでパソコン利用も可。

夜になって気温低下。トヨトミの石油ストーブを持ち込んでみた。

Smbrnwcm3

暖かい。左サイドドア開けっ放しで外気0℃で幕内・車内20℃を維持してくれる。

これは確か灯油3.5Lで連続10時間以上使えるし煮炊きもできるので見た目は家庭用ですが意外と冬キャンに最適。

反射板付きの赤外放射は凍えた体には最高で対流式より実は使いやすかったりする。

キャンプ場でドア開け閉めは顰蹙をかいますが、これなら左スライドドア開け放しでテントのジッパーで静かに出入り可能。

Smbrnwcm4

サンバー右側も地面まで幕か段ボールでカバーして石油ストーブ使用でマイナス5℃くらいなら安楽にキャンプできそう。

下までカバーしてしまうとCOセンサーは必須。

耐雪はやってみないとわかりませんが。

板金修理延期して(汗)一度冬キャンにトライしてみよう。

しかし13年目に入って新しい使い方がどんどん出てくるとは。サンバー旅人、本当に最高の軽キャンパーかもしれない。

スバルの車って、チューニングや創意工夫でどんどん性能が上がったり用途が広がったりして・・・”超”楽しい。

 

2022年11月 8日 (火)

皆既月食+天王星食

サムネイル画面だと天王星が見えないのでお手数ですが写真クリックで拡大しますと見えます。

Moon1

一枚目:もうすぐ皆既月食。

Moon2

二枚目:月の左下の星が天王星。

Moon3

3枚目:皆既月食。左下月を追いかけているような星は天王星。

Moon4

4枚目:月の左下ギリギリの星が天王星。もうすぐ惑星食。

Moon5

5枚目:左下天王星食寸前

Moon6

6枚目:皆既月食終わり

 

備忘:撮影機材 レンズ:AF-S DX NIKKOR 18-300mm f3.5-6.3G ED VR

        カメラ他:NIKON D500 SLIK中型三脚

               撮影セッティング:300mm側マニュアルフォーカス絞り解放VR使用・ISO800 マニュアル露出 画像処理ソフト使用

    

2022年10月26日 (水)

軍港YOKOSUKA

横須賀にて。

Ykskprt

この写真では見えないかもしれませんがオリジナルを拡大するとびっくり。

海上自衛隊

・DDH いずも

・DDH ひゅうが

Yksk2crr

・SS おやしお級

Ykskoysh

大型クレーンは米海軍用の新桟橋建設中だそうです。

 

米国海軍

Yksk7

・アーレイバーク級ミサイル駆逐艦 4隻

・タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦 1隻

が数えられます。日米艦船お値段合計(概算)一枚目の写真で数えられるだけで1兆円弱!

 

 

DDH いずも は空母化改修が行われているので、

これだけでF35B軽空母、対潜ヘリ空母、イージス艦5隻、通常型潜水艦1隻の軽空母機動部隊ができてしまう。

これに横須賀配備の原子力空母ロナルドレーガンと真珠湾配備の原子力潜水艦2隻が加われば完全な空母機動部隊。凄いなぁ。

西太平洋地域における日米安保の重要性がこれだけで理解できます。

 

 

2022年10月17日 (月)

挫折。YouTuberに俺はなる。

”YouTuberに俺はなる。”とか思ってGoProを購入。

購入して三日。「これはまあ無理だな。」とあきらめる(泣)

写真撮って貼っては長年慣れているので苦になりませんが、動画編集は神経やられそう。

というわけでこのブログは写真オンリーで続けることになると思います。

Wrxs4gpr

タイムラプスは面白そうなので編集無しのタイムラプス動画はupすることがあるかもしれません。

世の中のYouTuberさん、凄いなぁと思いました。

 

 

2022年10月15日 (土)

SUBARU最後のセダン?。新型WRX S4。

XVが新型となってCROSSTREKとなるようです。

その段階で新型インプレッサのハッチバックは発表されるようですがどうやらインプレッサG4は現行型で最後かも。

レガシィのセダンはすでに国内販売はされておらず(海外向けはあり)、インプレッサのセダンが更新されないとなると新型WRX S4はSUBARU最後の(ガソリン?)セダンということになりそう。

Wrxs4lstsdnf

セダンのメリットは走行性能です。多くのサーキットがSUVの走行を通常は認めていないことでもその差がわかります。

飛ばせば飛ばすほどコーナーリング速度の差は歴然としてきます。

低重心、後部のマスの軽さ、基本構造から生まれるボディ剛性の高さ。そして前面投影面積の少なさもあって空力特性が良いこと。

操安性は軽快で日々の運転が楽しいです。

Wrxs4lstsdnr

最近のセダンはトランク容量も十分で後席分割可倒によるトランクスルーも多くの車種で可能で実用上は積載性もそん色ありません。

デメリットは自転車通学の娘さんのママチャリ積載が難しいくらい。

Wrxs4lsfsdnsrf

セダンの単純なチルト・オープンのサンルーフはまあまあ軽量で走行性能もそんなに損ないません。WRX S4の場合はサンルーフの重量は約10kg。

今頃の季節は開けて走ると気持ちいい。

Wrxs4lstsdnfwdw

特にSUBARUは視界も抜群に良いのでアイポイントが低くても街中で楽ですし、長距離高速走行では頭の揺れも少なく遠くを見ながら運転できてとても快適。300kmくらい走るのならSUVでも構いませんが500km以上走ることになればセダン・ワゴンを選びます。

移動平均速度が高くて距離も長い海外市場ではいまだセダン・ワゴンも確固たるマーケットを築いていますが、日本国内の交通環境・生活環境では確かにセダンは必要不可欠というわけではなくなっているのはわかります。

日本中のお山の聖地をセダンやクーペをチューンしたマニュアル車が走り回っていて、途中まで開通した交通量の少ない高速道路でこれもまたセダンやクーペ改造車が大台狙って走っていた少し狂った時代はもう絶対来ないのでしょうね。

 

 

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31