無料ブログはココログ

2012年12月 6日 (木)

サンバー旅人の故郷、桐生工業

私のサンバー旅人の故郷は桐生工業(株)です。

昔、サンバーはこの会社で作られていました。ラインが富士重工業に移ってからは、サンバーダンプや保冷車など特装車を生産。

桐生工業HP

http://www.kiryu-kougyo.co.jp/index.html

今はいろいろ作っているのですね、驚きです。

サンバー旅人のサブバッテリーシステム、購入してからトラブルフリー。

一か月放っておいてもバッテリー上がりありません。多くのキャンパーで意外とトラブル出るのがサブバッテリーですので、この信頼度、さすがメーカー純正仕様です。すごいなぁ。

アメリカで購入したトレーラーのディープサイクルバッテリーは充電したつもりでもすぐ使えなくなっちゃったからなぁ・・・。

サンバー旅人のサブバッテリーシステム、信頼度はトップクラスだと思います。

この前現物を拝見して面白かったのはこれ。

http://www.subaru.jp/transcare/wingseatlift/

介護用の車のウイングシートリフトタイプ。

動きが芸術的です。

Ph_1_1_2

Ph_1_2_2

Ph_1_3_2

チルトタイプはフォレスター、エクシーガ、ステラに装着可能。

これドアも12度広く開くようになっているそうです。細かいところまでさすがに桐生工業。

幸い両親もまだ元気で今は必要ありませんが、この動きを見てみると、欲しい。

フォレスターDITアイサイトにこれつけて・・・などと考えてしまいます。

桐生工業の製品、きっちり作ってあっていいよなぁ・・・。

2012年11月17日 (土)

道の駅おおたの赤いてんとう虫

地元の道の駅にてんとう虫がいました。

Sbr360red

バックは尾島ねぷたの山車の武者絵でしょうか。

尾島の地、昔は広前藩の飛び地であったそうで、そのご縁とか。

しかし、スバル360、快適装備なんてなんにもついていないのになぜかよさそう。

チープ・シックの最たるものでしょうか。

スバル360、大変なご苦労されて地元で維持やレストアされている方々がたくさんいます。

ディーラーの倉庫から新品部品が発掘?されることもまだまだあるようです。

地元で作られた旧い車が地元ナンバー付でいるっていいなぁ。

2007年9月21日 (金)

電気の時代

 新聞に”自社開発高性能キャパシタ”で燃費改善、とかR1e”充電時間を半減”とか面白いスバル関係の記事でてました。

 ステラRS今でも、帰宅後の買い物等にはほとんど毎日使ってますが、いつも思うことが、”これEVにならないか?”です。

 最初は楽しくて、空港やら高速3時間走ってましたが、最近は近場専門です。通勤入れても一日80キロ以上走ることは無いので、ステラRSの150万円オーバーの値段考えれば、同じ走行性能で、同じ値段で一充電の航続距離80キロで家庭の200ボルトで2時間以内の充電可なら買います。急速充電もちろん好ましいのですが、軽クラスならそんなに必要ないかも。

 日本では軽クラスの電気自動車の需要結構ある気がします。

 燃料電池も水素インフラ投資がいくらになるか見当もつきませんし、他の燃料からの改質なら、燃費のいいDEやガソリンのプラグインハイブリッドで十分です。

 私の日本での平均生活パターン。

 通勤、買い物等 一日 40㌔×27日=1080㌔

 ステラの市街地燃費12キロでレギュラーガソリン90リットル、136円で12240円。

 休日ドライブ等  一日 300㌔×3日=900㌔

 レガシィの遠乗り燃費10キロでハイオクガソリン90リットル、146円で13140円。

 ガソリン代 マイナス 電気代いくらかはわかりませんが、90リットルの節約は大きいし、ガソリンスタンドに行く回数が減るのは嬉しい。(考えてみればガソリンスタンド好きでいく人いるのか?)

 求むステラEVやR1e!

2007年5月22日 (火)

ステラ 便利シート

 ステラ日常ユースではほんとに便利です。今日はシートの話。

 オプションパッケージで助手席折りたたみが付いてきました。

 ”こんなの使うか?”と思っていたら以外に便利。カタログ写真みたいにシート倒してお茶はしませんが。

 Stellafseat1 助手席のiPodとかカメラとか携帯など車内に残していても、下の写真のようにシートをパタンと前に倒せば隠せます。ヒップポイント結構スキマが大きいので小さなハンドバックくらいはOK。ちょっと車離れるときなど少し安心です。

 Stellafseat2

2007年5月 9日 (水)

My favorites. 3台のスバル

3subaru  おのおの個性的な3台のスバル勢ぞろい。RSとRSKとtuned by STI。

 ブログ見直したら、tuned by STIの記事少ないです。

 なぜか? 

 乗りこなせてないからです。

 日本でtuned by STIの性能十分に味わったら、たぶん免許無くなります。(”硬い”仕事なのでそれは困る。)

 高速で100キロ近辺だと12キロ越える燃費以外はあまりいいところありません。安定しすぎで退屈すぎます。ステアリングは中立から左右10度くらいデッドだし。(これ高速域では逆にいい感じになりそうですが、160キロから上からかも。)

 乗り心地もスピード上がれば上がるほどよくなる傾向だし。

 車体軽いので、3代目までのツインターボと違って全域でリニアで速い。(でもツインターボ、2速で6000rpm越えるとドラマチック。まるでスタートレックのワープ感覚デス。)

 踏めば踏むだけリニアに強力に効くブレンボも、オーバーサーボの車乗りなれている人だと、”この車ブレーキ効かねー。”と騒がれるし。(ちゃんと踏めよ・・・)

 視界の邪魔くらい立派なワイパー(Dタイプはしょぼくなった。)も、たぶん最高速付近でも効くでしょう。

 一度でいいからtuned by STI全開で走って、ブログの記事書きたいです。

 そうするとサーキット?。でも直線260mくらいだと、車の性格に合わないか・・・。(ホンとは腕のせい。)

 というわけで、0から100キロで快適なステラ、140キロ以下で快適な金レガ、たぶん140キロ以上全開まで超快適なtuned by STIと組み合わせは最高なんですが・・・。

 んー、ストレスたまる。

2007年4月29日 (日)

ステラの超便利ドアポケット

 女子高生ブログみたいなタイトルですが、マイバスケットに続いて、ステラ使って解る便利集。

 今日は、ドアポケット。 ステラのドアポケット、実はトライベッカ並みなんです。

 論より証拠、百聞は一見にしかず。

Stella_door_pocket2 Stella_door_pocket1

 フロントには500ミリペットが2本楽勝。他にも小物が入ります。

 ペット1本と缶コーヒーなら2本。右はFJクルーザーのおまけ付き。ラッキー。

Stella_door_pocket5_1  カタログにも書いてありますが、ティッシュの箱も入ります。(クリネックスは入りません。・・・)

プラスCDとか請求書とか・・・。

Stella_door_pocket4_1  リアもカードラとかお茶とかこのように。お子様のいる家庭では大き目の絵本も楽勝。

 ともかくステラのドアポケット、実際の使用上ではNo1ではないでしょうか。

 ・・・たかがドアポケットにやけに気合が入ってしまいました。

 今度ドアポケット評論でもやろうかしら。

2007年4月28日 (土)

マイバスケット

 最近、近所のスーパーで ”マイバスケット”を購入。特別価格 250円。

 日本のスーパーでは、レジのあと、詰め替え台に行ってレジ袋に自分で入れ替えるじゃないですか。

 その必要が無い。レジでマイバスケットに入れてもらって、そのままステラへ。

 家に帰って、冷蔵庫に入れるのも簡単。”見える化”できてるもんで。

 レジ袋節約できて、エコだけでなく、車で買い物ならホンとに便利。

 驚くほど、燃えるごみも減ります。

 ”マイバスケット” 、ステラの標準装備品になりました。

 他の細かい買い物も、放り込んでおけるし。

 それにしても、ステラ便利です。使えば使うほど、使いやすさが際立ってきます。

 NEWインプレッサもよさそうだし、ステラは手放したくないし・・・。困った。

Belc

2007年4月 8日 (日)

ステラ”逆”燃費トライアル

 ステラRSのスーパーチャージャー、AWDモデルで、まったく燃費を気にしないで、気の向くまま走ったらどうなるかトライ。

 高速、山道、市街が50%、35%、15%。高速は速い回りの流れに完全に乗って、山道はスポーツモードで速い前の車に付いていきました。

 スポーツにするとエンジン回りっぱなし。”これが軽?”と思うほどピックアップも良く山道走ります。さすがに軽唯一のスーパーチャージャー。

 やはり新車の頃気になったCVTの金属音消えてます。

 高速もレガシィ君ほど速くはありません(当たり前です・・・)が、3Lミニバンに引けをとらず。

 走行距離260キロ、標高差1200メートル、気温13度、指定レギュラーガソリン。

 結果 13.01キロ/リットル。

 この評価、微妙です。あれだけ良く走ればこんなもんかとも思いますが、2WDにしておけばよかったかな・・・。

 でも楽しかった。

2007年4月 7日 (土)

ステラとサクラ。 SUBARU Stella and Cherry blossom.

Stellasakura

Subaru Stella.(Only in Japan)

660cc Supercharged engine, AWD, and i-CVT.

It's really fun.

Sakura

2007年3月18日 (日)

ステラ 花粉対策

 最近ステラの出番が少なかった理由が、花粉。 tuned by STIは花粉フィルター装着で中は随分ましなので、STIばかり乗っていました。

 でもステラにも今日、花粉対応フィルターを装着しました!

 ステラ用には、白の普通のものと、黄色のビタミンC(なんだそりゃ?)、と今回の花粉も取れる青のフィルターがあります。

 エアをサイクルにしておくと、確かに随分ましです。定価7000ちょいと少し高いですが、もう少し安く付けられます。

 花粉症の人にはオススメ。ステラの中ではマスク必要なくなるかも。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31